土地売却 空き家

空家を解体すると更地の固定資産税が6倍になるというのは本当か

更新日:

先の記事で、土地が売れないのは人口の減少のため、宅地の需要がないためだと書きました。

空き家が増えるのも、そもそも人口に対する家屋の率が多くなってしまった供給過剰によるものと言われています。

しかし、一戸建ての空き家の場合はそれ以上の原因があります。それは更地にしたときの税金の問題です。 よく更地にすると固定資産税が上がると聞きますが、それは本当のことなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

ad

更地の固定資産税は6倍になる

 うちの場合の固定資産税は年間5万円弱でした。同じ市内の団地にも高いところとそれほどでないところもあり、比較すると負担は平均的な方か、やや少ない方かとも思います。

ただ、それは家屋が残っている場合のことで、老朽化した家屋を取り壊しして更地にして保有した際は、固定資産税はおおよそ6倍になると言われています。

相続した土地なら、年間30万円近くを自分の住んでいるのとは別に、その土地のために支払い続けなければならないということになります。

なぜ更地にすると高くなるのか

そもそもが、住宅の乗っている土地は既に「固定資産税特例措置」という特例を受けており、更地にするとその特例が受けられなくなるため、本来の税額に戻るということなのです。

それにしても、解体費用をかけて更地にして軽減されるならまだしも、6倍になってはとても支払える額ではありません。なので、建物が老朽化しているのを知ってはいても、多くの人が放置せざるを得ないのが現状なのだと思います。

もし、家屋を解体を考えるなら、まず市役所などに問い合わせて、解体後の固定資産税額がいくらになるのかを事前に知っておく必要があると思います。

家屋の解体費用は200万

ちなみに木造家屋二階建てのうちの場合で問い合わせたところでは、解体の費用は150万円、聞いた会社によっては200万円くらいだと言われました。

うちの場合は、敷地内にブルドーザーが入ることができ、解体後の廃棄物もトラックで運び出せる場所でしたが、街中の路地でトラックが停車できないところや、敷地内に車両が入れないというところの場合は、もっと費用がかかることになるようです。

ですので、そもそも税金云々よりも、解体の費用の方が大きいので、空き家がやむを得ず放置されるということでしょう。

さらには相続した家屋の場合は、誰がどう負担するのかも大きな問題になりそうです。 しかし、この点では、むしろ放置されて相続放棄されるだろう空き家の増加を懸念して、今後各自治体でも何らかの税法上の対応が取られそうな気はします。

現在では持ち主がわからない、危険度が高いようなところは、自治体で強制撤去するというところも出ているため、それが増えては市の方も対策を考えなくてはならないでしょう。

持ち主にとっては、今後固定資産税の負担が少なくなれば、すぐ手離そうとしなくても余裕を持って考えることもできるようになります。 今の税法では親の土地を持っていたくても、それがかなわないのです。

選択肢が増える日が一日も早く来ることが待たれます。  

ad

ad

-土地売却, 空き家

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.