心を保つために 未分類

母と叔母との相続の調停を越えてなお切れることはなかった叔母との絆

更新日:

 

親が亡くなるまでは、兄弟は皆が看取りの苦労と死別の悲しみを共有します。

それが相続が始まって一転、一度は結束した兄弟が争うことになってしまうのは、たいへんに悲しいことです。

そして、兄弟の縁の回復が難しくなると、誰にとっても心の痛手となって、それは消えることはありません。

今は亡くなる親も多く長寿で、その相続をする子どもも既に高齢であることが多い。支えとなるべき肉親の絆が絶えてしまっては、さびしい晩年が待っています。

葬式の席で言い争いとなった母の実家の姉妹

私の母の実家は、祖母についで、祖父が亡くなると、両親はハワイの家に出かけており、葬式の日の夕方に帰国。そのままその席で、激しい言い争いとなりました。

口火を切ったのは、私の母の再婚した夫で、言うまでもありませんが、直接の身内ではない人が、葬式の席で話すことではなかったと思います。

葬式を出した方の叔母は疲れていましたし、親の意向は伝えてもあり、公正証書遺言もあるので、おそらく取り合わないという態度を取ったのだろうと思います。

それは部分的には同情できますが、ただし、遺産分割協議というのは、やはり、両方が落ち着いた時に、必ず行わなければなりません。
誰か一人でも不満を持つ人がいては、相続は成り立たないのです。

 

公正証書遺言があっても認められる遺留分

上の場合は、公正証書遺言はありましたから、叔母は預貯金を下ろすこともできたし、土地の名義を書き換えることもできました。しかし、結局この時は、母の側は遺留分減殺請求を行ったnおで、叔母はその分を渡さなくてはならなくなりました。

もし、祖父が一人の子どもだけではなく、他の子どもにもわずかずつでも分け与えていたら、それ以上に遺留分を要求することは起こったでしょうか。

あるいは、実質的に跡を継いだ世話役の叔母が、他の兄弟の意に沿って、遺産分割協議をやり直していたら、調停で姉妹の縁が絶えるまではならなかったとも思うのです。

変わることはなかった叔母と姪の長年の絆

母と叔母の数回の調停が終わったある日、私は叔母の家を訪ねて行きました。
叔母の家は、私の実家から歩いて数分のところにありました。父母が先に建てた団地内に、姉の近くに住みたいと叔母が家を買って引っ越してきたのです。
私は子どもの時からずっと、叔母の家と行き来をしてながら育ってきたのでした。

坂を上っていくと、道路に面した窓の窓枠に叔母が座っている背中が見えました。
天気の良い秋の日で、叔母の背中に秋の光が当たっていました。

「おばちゃん」
と私は叔母のその背中に声をかけました。叔母がこちらを振り向きました。

それからまた叔母と会えるようになりました。

あれから、そう、もうすぐ10年になります。私たちの間は、母と叔母とが調停をしている間だけを除いて、何も変わることはありませんでした。

ad

ad

-心を保つために, 未分類

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.