「タダでもらえる家0円ハウス」TV東京 番組内容と空き家を買う時の注意点 - 土地売却奮闘記

住み替え 空き家 空き家売却

「タダでもらえる家0円ハウス」TV東京 番組内容と空き家を買う時の注意点

更新日:

http://www.tv-tokyo.co.jp/zeroen_house/

昨日17日の夜7時からテレビ番組「タダでもらえる家だけ不動産 ”0円ハウス” 」が、TV東京で放映されました。

日本全国の空き家を無料で譲るというもの。果たしてその売れ行きはどうだったのでしょうか。

また番組に出た物件は引き続き販売されていますので、そのサイトもご案内します。

スポンサーリンク

ad

『0円ハウス』番組の趣旨

番組の趣旨と内容は日本全国で空き家になっており、オーナーが0円、まったくの無料で売りたいという家に、希望者を連れて行って土地と建物を閲覧、買う買わないを問うというものでした。

番組内容:『0円ハウス』タダでもらえる家だけ不動産! 建物も土地も全部0円!という驚きの空き家がズラリ。タダで譲ってもOKという家主と、田舎暮らしをしたい都会人をマッチング。超優良物件が全国から登場!空き家がテーマの”明るく楽しい不動産バラエティ”、お楽しみください!

長野県一戸建ての例

そのうちの長野県の例を引きます。

http://www.tv-tokyo.co.jp/zeroen_house/

長野県阿南町。畑と田んぼ、蔵つき 家具つき。築75年木造2階建て、間取りは5K。これまでも10万円で売りに出されていたようです。
オーナー母が7年前まで住んでいたため、リフォーム済み。

売りに出す理由

オーナーの娘さんである玉置さん(60~70代くらい)は、草ぼうぼうになっていて思い出の家が朽ちていくのがつらいため家を売りに出すことに決めたといいます。

玉置さんの語り:
私たちもそれぞれのところに生活しているから、せっかく先祖様が大事に守ってきた土地をどなたか野菜作ったり田んぼ作ったりしていただければ、私たちとしてもうれしいと思うんですけれども。
自分が守っていけないのでそれが心苦しい。

希望者今井さんは、買わないと表明。
「買わない理由は、無責任に使えない家を受け継いで処分したり、何か他のことに使ってしまったりできない」

玉置さんの語り:
「自分も畑をやったりすると、草が映えたりすると畑なんかなかった方がよかったなと思うし…
野菜の収穫の時はよかったなと思うし考え方はいろいろ」

成約した家はなし

結局、番組内で成約した物件はありませんでした。

そして番組の最後に、実際0円ハウスを買って住んでいるという、男性の暮らしぶりが放映されました。

退職後に家族と離れて住んでいるということなので、これまで住んでいた家は別にそのままあり、要はセカンドハウスというすみかたのようで

他の物件の条件は

http://www.tv-tokyo.co.jp/zeroen_house/

築年数は、一軒を除きいずれも50年以上。
空き家の状態は、最近まで人が住んでいたというところが多く、そのためリフォームも施されており、状態はそれほど大きな差はありませんでした。
インフラも比較的整っており、すぐ住めるというようなところが大半でした。

また、いずれも、街辺からは離れた農村地域であって、そのため、畑付きなのはともかく、田んぼ付きというところが多かったです。
さらに一軒は、田んぼの他にも「山付き」ということで、建屋の背後の小さな山の一部も一緒というところがありました。

そして、広島県の尾道市の空き家の紹介では、同じように無料の家は尾道にたくさんあるとも伝えられました。

空き家を買う時に注意すること

空き家である年数が長いと、通常の賃貸とは状態が大きく違うことがありますので、まずはそれを念頭に置くことが大切です。

ガスや水道管の老朽化

老朽化で漏水が起こったため水道管が取り外しになっているというようなところがあります。その場合は、水道管を新たに埋設しなければなりませんので、費用がかかります。ガス管も同じです。

元々水道管は40年近くなった場合は、漏水はせずとも、取り換えることが勧められます。同様に、あらゆる部分に老朽化の可能性があると前もって考えた方が安全です。その分を考えて、無料でも得かどうかということになります。

雨漏りは高くつく可能性も

また、番組内では一軒に雨漏りの跡があるところがありましたが、雨漏りについては、部分的な修復が難しい場合もあります。その場合は、屋根の全面張り替えとなることもあります。百万単位です。

地方の空き家の場合は、家自体がひじょうに広いことが多く、チェックしきれないところもあります。状態の把握については、空き家で低価格とはいえ、専門家に見てもらう方が安心です。

万が一不備があった場合は、数百万円位はかかることもあります。私は実家に雨漏りの跡が見つかったその時点で、仲介はあきらめ、業者に売ることに決めました。

雨漏りが見つかった時の記事:不動産一社だけが空き家の売却を請け負ったその理由とは【売却まで15】

瑕疵担保責任

さらに空き家の場合、価格が無料だと「瑕疵担保責任なし」となりそうで、どこまでを売り主に請求すればよいかが不明瞭なこともあります。

ただし、無料だから、雨漏りしていていい、というようなことはありません。あくまで「家」として売却をする場合は、住めるということが前提です。
それを知らない売主と個人取引するのは考えた方がいいです。無料だからと言って軽く考えては逆に高くつきます。

関連記事:空き家を個人で売る時に気をつけたい告知義務違反と瑕疵担保責任 インスペクションの必要性

集落の周りの家の状態も

その他年単位で必要な経費、固定資産税、町内会の自治会費なども確認する必要があります。また、その家一軒だけでなく、回りの家の状態がどうかということも、考慮にいれましょう。

集落全体が空き家になった場合は、行政サービスを考えても、一軒だけで住むのは困難になります。行政サービスが低下すると、ゴミの回収がなくなったり減ったりすることがあります。

関連記事:自治体が破綻したらどうなる?第二第三の夕張市を防げ!消滅可能性都市はどこ?

地域のつき合いも大事なポイント

以前の記事で村八分について書きましたが、田舎に住む際の難点は、実は地域とのつき合い方だという人も居ます。

これについては、実際に住んで住みにくかったとしても売主の問題ではないので、話の持って行きようもありません。
空き家バンクのあるような地域なら、事前に問い合わせてみるのが良いでしょう。

関連記事:田舎暮らしを夢見た移住者に課せられる「村八分」

まとめ

空き家を現時点で所有している方にとっては、身につまされるような番組で、キャスターが「買いますか買いませんか」と希望者に問いかけるところでは、売主ばかりか、祈るような思いで見ている方も多いでしょう。

築50年の空き家となると、必ず補修が心配されるため、成約率は低いと思います。そうならないためには、まだきれいで住めるうちに早めに売る、ということが、まず重要なポイントです。

もはやこれまでのような不動産事情ではありません。
今住んでいる家にいつまで住むのか、あるいは、今親が住んでいるうちは、この後どうしたいのか、早めの対策が必要です。

 

番組の物件掲載サイト:ただでもらえる家だけ不動産

ad

ad

-住み替え, 空き家, 空き家売却

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.