売却までの流れ

売却を達成するまでの流れ 記事一覧目次

更新日:

相続した家土地を売却するまでの一連の記録です。はじめての方はこちらからご覧ください。

【売却を達成するまでの流れ1】 40年住んだ土地の接道が私道と相続して初めてわかった
【売却を達成するまでの流れ2】 相続した家が未登記だったら相続や解体はできるのか
【売却を達成するまでの流れ3】相続した家が買取会社の査定で欠陥住宅と言われた
地元不動産から始めてネットの業者に売却が決まるまで【売却まで4】
土地の相続が進まない 共有物分割請求について弁護士に相談に行く【売却まで5】
ネットで共有持分買取業者を探して査定を申し込んだら返答が来た【売却まで6】
共有持分売却とは 土地と家屋の自分の持ち分のみを売るメリットとデメリット【売却まで7】
「共有持分買取」で検索した不動産会社が相続する空き家の現地調査へ【売却まで8】
共有持分の売却に向けて私道の持ち分の取得と家屋の表題登記【売却まで10】
相続登記の申請人が単独なら登記識別情報を他の相続人はもらえない【売却まで11】
持分売却の際は相続登記に司法書士が不可欠な理由【売却まで12】
3万円で相続登記をする司法書士に単独で申請を依頼【売却まで13】
相続した未登記家屋の表題登記を自分ですることに【売却まで14】
不動産一社だけが空き家の売却を請け負ったその理由とは【売却まで15】
空き家の私道の持分取得をめぐって地元の不動産業者とトラブルに【売却まで16】
空き家私道の持分取得で手数料を稼ごうとした不動産業者その後【売却まで17】
表題登記は自分で 売却のため未登記空家を単独で登記【売却まで18】

以下は、売却が決まってからの手続きその他にしたことのまとめです。

売却が決まってから登記終了までの3か月にしたことの流れ

空き家解体や有料の処分になる前に

空き家が古びてしまってからでは何にもなりません。

地域にまだ、空き家を欲しいという人が残っているうちに。そして空き家が、老朽化して誰も見向きもしないほど古びてしまう前に。

空き家が売れる今のうちに、ぜひ売却のための一括査定をご利用ください。

 

空き家の一括査定は下から。
条件に合った会社を選べます。


【リビンマッチ】

 

【日本最大級、6社の価格の比較ができる】

・1400社の中から不動産の査定額を見積もり
・最高額で家土地が売れる
地域密着の企業が多数登録
・最大6社に一括査定依頼ができる
・査定額の比較で高く売れる!
・最短45秒の簡単入力
・誰にも知られずプライバシー厳守

無料査定はこちら
査定のページへ


タウンライフ

 

【『不動産売却計画書』が受け取れる】

・申込無料で他にはない高単価!
・信頼できる全国300社が査定
不動産売却計画書が受け取れる
・不動産売却の基礎知識がわかる「不動産売却パーフェクトガイド」が毎月先着でもらえる

無料査定はこちら
査定のページへ


【ノムコムの不動産無料査定

 

【野村不動産】
・首都圏特価の強み
【東京・神奈川・埼玉・千葉】大阪・兵庫・名古屋におすすめ!
・業界トップクラスの300万人が利用!
・不動産が今いくらかを知りたい方
・売却の相談がしたい方
・住宅ローンがあっても、スムーズに売却
・何より売却に強い「信頼」と「実績」の 野村
・安心・充実の「売却サポートサービス」

無料査定はこちら
査定のページへ

 
【住友不動産販売株式会社】

 

【安心の住友不動産一社に依頼】

・全国270店舗で売却力が抜群!
その地域の買取希望者もネットで検索できる
・ワンツーマン体制で売却をこまめにフォロー
・ネットの他、チラシや折り込み広告で宣伝
・マンションの売却も査定OK
・投資用物件も売却の査定OK、相談可

無料査定はこちら
査定のページへ

 

持ち家が一戸建ての場合なら、もっとも高額の売値が選べるサイト
【リビンマッチ】不動産売却 一括無料申込  

持ち家がマンションの場合なら、マンションに強いサイト
不動産売却一括査定サービス「マンション ナビ」

・投資用アパート・マンション物件のご相談は
アパート・マンションを高く売るならSGS

ad

ad

-売却までの流れ

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.