不動産投資

シノケンアパート投資の西日本シティ銀行 通帳提示なしテレビ電話で融資9千万円

投稿日:

投資用不動産販売会社「シノケングループ」のシノケンハーモニーが、アパート投資者オーナーとの間で行っていた「二重契約」について報道がされましたが、それ以外にも投資者オーナーとの契約の際に、さらに不可解な点が多くあるということがわかりました。週刊新潮の報道を元にお伝えします。

スポンサーリンク

ad

“自己資金がなくてもアパート経営はできる”

シノケンの子会社、シノケンハーモニーのアパートオーナー勧誘のうたい文句は「土地がなくても、自己資金が少なくても、アパート経営はできる」というものでした。そこに惹かれてシノケンハーモニーの物件を購入してアパート経営を始めたオーナーは、契約の際に様々な不可解な目に遭ったというのです。

400万円の「値引き」?

あるオーナーは1億円の物件の購入を持ち掛けられ、頭金が10数万円しか出せないといったところ、営業マンがその場で「特別に四百数十万円を値引きますが、これは口外しないでください”といった」といいます。

これは他のオーナーに対しても「値引き」をされていて、それについても「守秘義務契約」を交わしている。つまり、値引きのことはこれまで表には出されてはいなかったようです。

しかし、値引きというには400万円はあまりにも大きな額で、一体最初の物件価格はいくらなのかという疑問が湧きます。値引きで喜ぶというより、逆に契約する方は不安にならざるを得ないでしょう。

西日本シティ銀行とのずさんな融資契約

また、融資を行っている西日本シティ銀行との契約に関しても、様々な問題点があります。

契約は「テレビ電話」で

あるオーナーは西日本シティ銀行の行員とは、「テレビ電話」を覗いては、一度も会っていないというのです。銀行に直接行って、行員に合わなかったということは考えられませんので、おそらく銀行には行っていないということなのでしょう。

またスルガ銀行の場合には、行員が「出張」し、ファミレスのテーブルで書類を書いて、その場で契約となったという例がありましたが、逆に、行員が出向いてくるといったようなことも行われなかったようです。

通帳の提示はなし

その上、書類に関しては、融資の審査前に源泉徴収票を提出はあったものの、銀行通帳の現物やコピーの提出はなかったといいます。また、オーナーの不動産所有の有無も聞かれなかったといいます。オーナーの返済能力の確認は、源泉徴収票のみでした。

スマートデイズ社とスルガ銀行の場合には、通帳の残高に預金高が少ないと融資の審査に通らない。そこで、スマートデイズ社が外部の業者に頼んで、通帳の数字を改ざんさせたコピーを提出したわけです。もちろん、それが改ざんの不正を含んでいたわけですが、銀行の規則としては、通帳を提示することになっていた。

しかし、シノケンの場合は、通帳の提示も不要とされており、これではオーナーに支払い能力があるかどうかということの審査が十分にされたとは言えないことになります。

自己資金が改ざんされていた

ちなみにこのオーナーの年収は500万円で、預貯金は300万円だったといいます。西日本シティ銀行の融資額は9500万円でした。

そこで、オーナーはさすがに不審に思い、西日本シティ銀行への融資申込書の控えを見返すと、十数万円しか出していないはずの自己資金の金額が500万円に書き換えられていたと言います。

さらに、その書類への記載との時には、シノケンの営業マンは、住所と氏名だけを記すように言い、それ以外の数字他はすべて他の誰かが書いたものだと、このオーナーは主張しています。

西日本シティ銀行の融資の審査は行われたのか

シノケンの方は承知だとしても、西日本シティ銀行の方は、それで「審査が通った」のでしょうか。あるいは、スルガ銀行の時のように、「審査部より営業が強い」体質がこの銀行にも蔓延しているのでしょうか。

オーナーの資産を証明するための書類が手書きの1枚であっては、到底審査は行われたとは思えません。融資した金額と同等のものが回収できる資産がないところにお金を貸してしまった場合にオーナーがどうなるかはスルガ銀行の件で皆が知るところとなっています。

スルガ銀行の場合は、最終的にはオーナーの収支だけの問題ではなく、銀行自体が存続の危機に陥っているのです。

両社の応答は

これについて、取材への応答は、シノケンHは「当社としては、個々のお客様との商談やお取引の中で、取引内容についてご説明し、ご理解いただいたものと認識しています」(法務室)

また、西日本シティ銀行広報文化部は、「個別の取引先については、コメントを差し控えさせていただきます」とのことで、回答はないとのことです。引き続き取材を続けていただきたいと思います。

関連記事:
シノケン二重契約発覚!融資後に値引き提案の「合意書」西日本シティバンク

ad

ad

-不動産投資
-,

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.