地価とニュース

印西市ががっちりマンデーに!ショッピングモールの町の「住みよさ」とは

投稿日:

印西市が「儲かる住みよい街」として、がっちりマンデーで紹介されました。
印西市は、「住みよい町」ランキングで7年連続1位を記録している町です。

巨大ショッピングモールの様子が紹介された、番組内容をお知らせします。

スポンサーリンク

ad

印西市が「がっちりマンデー」で紹介

 

がっちりマンデーは、日曜朝のテレビ番組。

今回は「儲かる住みよい町」ということで、東洋経済誌のランキングの1位の石川県白山市と、以前から住みよい町として知られている、千葉県印西市が取り上げられました。

巨大ショッピングモールの町へ

番組の性格上「儲かる」という経済面にポイントが当たっており、印西市の巨大ショッピングモールの様子が放送されました。

印西市は「買いもの天国」ということで、他県からも人が遊びに来るのだそう。

ショッピングならどこでもできるじゃないの? と疑問だったのですが、なにしろ、印西市の場合は、巨大ショッピングモールが複数あるのです。

 

 

観覧車もある、ビッグホップガーデンモール。

 

 

線路を挟んでその向かいにあるのが、牧の原モア。

 

https://www.google.com/maps

 

これが、印西牧の原駅の周辺のショッピングモール2つですね。

https://www.google.com/maps

 

そして、上の地図の左側に位置するのが、千葉ニュータウン中央駅。

先ほどのショッピングモールから、一つ西側の液になるのですが、こちらは、さらに規模が大きく、イオンモールの他に、カインズホーム、コストコ、ドン・キホーテ、ニトリ、ヤオコーと聞き知ったお店が目白押しです。

東京ドームの3.5個分のジョイフル本田

https://www.google.com/maps

 

そして、これだけではなくて、もう一つ、東京ドームの3.5個分と日本でも最大級のジョイフル本田が!

これを見ていると、何だかもう、日本ではなくて、ラスベガスとかそういう感じの町に見えてきます。

印西市にショッピングモールができた理由

なぜここにこのような巨大ショッピングモールができたのか、その理由を簡単に言うと空き地があったから。

首都圏のベッドタウン、住宅地として街づくりをするつもりで、一部は住宅地、いわゆる団地となったのですが、途中で計画がうまく進まずに停滞。

住宅地になるはずの広大な土地が、売れ残ってしまったので、そこが現在のショッピングモールとなったのだそうです。

大きなお店が増えると便利になる⇒その周りに人が集まって住宅も増える⇒市が受け取る店からの固定資産税と住む人からの住民税、両方が増えた

そして、その潤った分を町の整備など、住民サービスに回したので、「儲かっていて住みよい町」というルポなのでした。

 

印西市の人口増は全国13位

https://toyokeizai.net

 

ここまでは、ショッピングモールで町おこしをした一例ですが、印西市の人口増はというと、これも東洋経済誌が「 この3年で「人口を増やした」自治体ランキング」というのを集計しています。

印西市は、全国で13位、その隣の流山市が、9位に入っています。

それ以外の人口が増加しているのは北海道と沖縄のリゾート地、それと東京のタワーマンションが建った中央区などですので、千葉県の、地方都市のこの増加率は、めざましいものです。

というか、ごく普通の町で人口が増加しているというのは、流山市と印西市に尽きるといってもいいくらいですね。

「住みよい町」に7年連続1位ということで、他市や他県から流入してくる人が多い。

町の周辺の地価は安いので、家を建ててもかなり安く住める、自然が多くて環境も良い、また自治体の方でも子育て支援を行っているということで、これからもますます住みやすい町になることを願っています。

印西市には問題点、デメリットも

ただし、急速に発展したや発展途上の町には、またデメリットももちろんあります。

印西市の場合は、町づくりに失敗した、都心への交通アクセスの問題、ここをどう乗り越えるかが大きなポイントです。

その辺りの記載は下の記事にありますので、住み替えを考えておられる方は合わせてご覧ください。

ad

ad

-地価とニュース
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.