「売却体験」 一覧

売却を達成するまでの流れ 記事一覧目次

2018/08/03   -売却体験

相続した家土地を売却するまでの一連の記録です。はじめての方はこちらからご覧ください。 以下は、売却が決まってからの手続きその他にしたことのまとめです。 売却が決まってから登記終了までの3か月にしたこと ...

実家空き家の接道が持ち分なし私道!売れないとわかる【売却まで1】

2017/09/20   -売却体験
 

私が相続した土地と家は、北関東の当時は人口20万人の市の、ごく普通の住宅地の一区画でした。 父が土地を買った約40年前の価格は土地だけで1300万円でした。 仲介の不動産屋に最初に鑑定してもらったとこ ...

相続する家が未登記だったら相続登記や解体はできるのか【売却まで2】

2017/09/19   -売却体験

私の体験の続きです。 父の死後残った家土地をまず売ろうとしたが、土地を共有するべき相続人である弟と連絡が取れない。 なので、いつまでたっても相続登記ができないことになっていました。 登記の方法を考える ...

欠陥住宅は業者の買取不可!問題あり物件の売却は?【売却まで3】

2017/09/18   -売却体験

欠陥住宅が理由でカチタスの買取ができませんでした。 カチタス他2社に買取を断られた実家が、ネット査定を通じて売却を完了するまでの記録です。 【売却を達成するまでの流れ】の1~3までで、最初に土地の条件 ...

相続登記の申請人が単独なら登記識別情報を他の相続人はもらえない【売却まで11】

2017/09/09   -売却体験

共有持分の売却のために、まず未登記のままだった家屋の表題登記のための測量を終えました。 そのあとは、持分買取業者が、お抱えの司法書士に相続登記を依頼するばずでした。 それでその前に戸籍謄本他の書類を準 ...

不動産一社だけが空き家の売却を請け負ったその理由とは【売却まで15】

2017/09/09   -売却体験, 空き家売却

  相続した実家空き家を9年目に売却を達成するまで、その15回目です。 ■初めての方は最初の記事からご覧ください 売却を達成するまでの流れ その1 不動産屋・買取リフォーム・市役所 ■ひとつ ...

共有持分の売却で相続登記に司法書士が不可欠な理由【売却まで12】

2017/09/08   -売却体験

  共有持分、買取を扱う不動産業者に、実家の土地と空き家を買い取ってもらうことが決まってほっとしました。 しかし、安心したのも束の間、業者お抱えの司法書士に相続登記が断られるという不測の事態 ...

3万円で相続登記をする司法書士に単独での申請を依頼【売却まで13】

2017/09/07   -売却体験

  共有持分の買取業者に売却は決まったものの、お抱えの司法書士に相続登記を断られるという思わぬ事態になりました。 それで、自分でも司法書士を探してみようと、地元の業者に電話を入れて、最後には ...

私道の持分取得で手数料を稼ごうとした不動産業者の困難【売却まで17】

2017/09/07   -売却体験
 

  実家を売りに出したい、仲介を依頼しようかと考えて、その下見に来た中央不動産。 私の方は、見積もり金額を聞いて考え、結局、そこには仲介の契約はせずに断りました。 その時点で、接道が持分なし ...

実家の私道の持分取得をめぐって地元の不動産業者とトラブルに【売却まで16】

2017/09/05   -売却体験, 空き家売却
 

■初めての方は最初の記事からご覧ください 売却を達成するまでの流れ その1 不動産屋・買取リフォーム・市役所 ■ひとつ前の記事 不動産一社だけが空き家の売却を請け負ったその理由とは【売却まで15】 ま ...

Copyright© 空き家買取・売却のコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.