共有持分

共有持分の東京都内の買取業者

共有持分の買取業者、東京都内ではおすすめできる2社があります。

価格を数種類比較の上、査定金額を元に業者を選べるサイトと、直接買い取りを依頼できる業者それぞれのメリットをご紹介します。

共有持分の買取業者の比較

 共有不動産の自分の持分だけを売りたいのだけれども、東京都内ならどこで買い取ってくれるのだろうか。おすすめがあれば知りたい

お答え

共有持分は普通の不動産店では買取しません。

共有持分は東京都内などの大都市では取り扱う会社はありますが、中でも共有持分に特化した専門の会社がおすすめです。

答えの理由
共有持分の買取で売却した私の実家は、東京から車で4時間以上、2県をまたぐ北関東にありましたが、東京都内の業者が対応してくれました。

ななみ
ネットで探した業者に共有持分の買取りをしてもらい、実家の売却に成功しました。

 

買い取りたいと言ってくれたのは、そのうち2社で、それぞれ明後日には物件を見に来てくれました。

地方でも対応して入れますので、都内なら問題ありませんし、それよりもスピーディーに買取してもらえます。

 

共有持分の買取をする会社一覧

共有持分,買取,売却,空き家 

東京都内の共有持分の会社は、買取の十分なサポート力を有する会社として現在は下の2つがおすすめです。

・いえカツLIFE

・共有持分買取PRO

このうち、いえカツLIFEの方は、現在のところ首都圏に特化、東京・千葉・埼玉・神奈川が対応エリアです。

もう一つ、共有持分買取PROは全国対応の専門の業者でもちろん東京都内の共有持分も扱います。

大きな会社をおすすめする理由

私の実家の共有持分を買い取ってくれた会社、こちらも東京都内に事務所を構える会社でお人柄はすごく良かったのですが、何しろ社長が一人で全部やっているというところでした。

連絡などの対応については今は携帯電話があるので問題ありませんが、会社内に他のスタッフがいなかったのようなので、困ったのが司法書士の問題です。

不動産の売買には必ず司法書士が必要ですが、相続登記が絡む場合、共有持分の売買には司法書士はそれ以上に大切な役目があります。

最初に持分を売る人の単独登記

というのは共有持分の売却では、最初に持分を売る人の単独登記となるので、相続登記には司法書士共有者の住民票が取る必要があります。

上の会社の場合、いざ登記となると共有持分の売買に慣れていない司法書士が「やりたくない」といったので、私が自分で司法書士を探す羽目になったのです。

しかも、実家は家屋が未登記だったので、家屋の登記は土地家屋調査士に頼まなくてはならず、それも断られてしまったので、私が自分で法務局に行って登記をすることとなりました。

買ってくれた社長にはとても感謝していますが、普通の人ではとてもできないと思います。

会社の規模は大きくなくても構いませんが、最初から司法書士や土地家屋調査士、それと弁護士がワンチームで揃っているところに頼む方がベストです。

※ちなみに、司法書士は3万円台で請け負ってくれるところをネットで探してそちらに依頼しました。全部電話や郵送でOKでした。

TRAD相続

 

東京都内でおすすめの持分買取業者

共有持分の買取の業者。最初は”いえカツLIFE”からです。

いえカツLIFEの特徴は、問題あり物件もOK、空き家はもちろん、相続や離婚などの法律的な問題が絡む売却でも、対応するという心強い会社が揃っています。

また、1度の入力で複数社が対応、一番高く買ってくれるところを選ぶことができます。

東京だけでなく、埼玉、千葉、神奈川までが現在の対応エリアです。

関東地方以外、大阪や名古屋、福岡の大都市近辺以外は地価がぐっと下がってしまいます。いえカツLIFEはエリアを絞っているので高額の買取も可能です。

首都圏に特化した業者で最大6社比較で高く売れる可能性が高いため、東京都内の不動産の売却にご利用ください。

無料査定はここから

 

業者によって価格が違う!

ちなみになぜ6社比較ができるところがいいのかというと、業者によって買取の金額、持分の査定の価格が違うからです。

まさかと思われそうですが、実家を買取したいと言ってくれたところは2社でした。

そのうち、最終的に売ったA社の方は、最初から価格を提示してくれました。

もう一つのB社の方は何度聞いても、はっきりしないところをあえて聞きただしたら、A社よりも数十万円安い金額でした。

そのため、当然私はA社の方に売却を決めたのです。

やはり売買の時に問題になるのは最終的には価格ですので、最初の査定で十分な金額を言ってくれるとスピーディーに決められます。

逆に言うと価格がわからないのに話をしていても何もなりません。

いえカツLIFEの場合は、6社比較ですので一番高いところに決められます。

また、価格の比較が目的ですので、最初から査定金額を告げてくれますので気を遣う打診や交渉は無用で、売却の検討のみに集中ができます。

 

”共有持分買取プロ”は持分に特化

もう一つのおすすめが、共有持分他の問題あり物件、訳あり物件の専門の業者さんで、サービス名”訳ありPRO”、会社名はアルバリンクです。

アルバリンク直接の買取ということになるので、最短で買取金額がわかり、比較の必要もなくその金額にもとづいた交渉が可能です。

無料査定はここから

今は特にコロナのリモートワークで不動産市場は活性化しています。

お手持ちの不動産、特に問題あり物件はできるだけ高額で売れる間に現金化につなげてください。

手続きはすべて買取会社が行う

なお、持分というのは、土地や家、不動産の全体ではなくて一部分です。

それを完全にするための手続きは会社側がすべて行います。

売主の方でしなければならないことは特にありません。手続きについては通常の不動産の売却と変わりなくできます。

なお、通常の売却とは違って売主の手数料も不要ですので、売却が決まれば即現金で代金を受け取ることができます。

まずは査定をしてもらい金額を聞いた上で、売却に進んでください。

無料査定はここから
査定のページへ

-共有持分