共有持分

共有持分の口コミ「相場相当で売れた・離婚後の分与がすぐ決着」

投稿日:2020年8月17日 更新日:

共有持分の売却は、今回初めて検討中という方がほとんどだと思います。

自分の周囲にも、共有持分の実を売却したという人は、そうは見つかることがありません。

共有持分の売却をしてどうなったか、ほんとうに買い取ってもらえるのか、金額は相場で売れるのかたくさん聞きたいことがあります。

この記事では共有持分を実際に売却をした人の口コミを掲載してお知らせします。

スポンサーリンク

akiyamore



共有持分の売却について

共有不動産の持分を売却したいのだが、実際に売った人はどのような感想を持っているのか。
共有持分の経験者の口コミや評判が知りたい。

お答え

共有持分を売却したという人は、実はたくさんいます。このブログの筆者、私もその一人です。

共有持分を売却した人の口コミをネットで探したものから掲載します。

共有持分の売却にあたって下のような点をまとめます。

・どの地域か
・どのような条件の物件か
・いくらで売れたのか
・トラブルのあるなし
・売ってどうだったか
・会社の評判など

 

私の体験する共有持分の売却

私は、弟と相続した土地と家屋を手離したいと思っていました。

共有持分の売却に至った理由は、売却と無償で放棄する意志を弟に伝えましたが、弟が連絡に応じず、同意が取れそうもなかったからです。

そこで、私は共有持分の売却によって、相続が発生してから9年後、相続物件の管理、解体、固定資産税の支払いから逃れることができました

共有物件のあったのはどの地域か

関東地方の北部です。東京の業者が、2時間かけてくるような距離です。

物件の条件

欠陥住宅、私道持分なし、相続登記できず、建物の未登記

共有者2名

いくらで売れたのか

数字は書きませんが、弟も私と同じ金額を受け取ったとします。

39年経った家なので、価格はゼロで売却代金のうち、家屋の解体費を200万円とみますと、39年前に親が土地の購入した時の価格の4分の1ほどになります。

町場ではありませんので、土地の下落を入れるとよい方だと思っています。

なお、二社の比較で、高い方の買取額の会社を選ぶことができました。これはネットの査定を利用したからです。

トラブルのあるなし

売却に至って、業者とのトラブルは全くありませんでした。買い取ってもらえて大変感謝しています。

また、連絡の取れなかった弟は、私の売却後数カ月後に、同じように持分を売却しました。弟は元々東京に単身住まいで田舎に土地は不要であったため、売れてよかったと思います。

なお、当該物件は、私道持分がないところでしたので、そのままの通常の売却は不可能でした。

売ってどうだったか

売って大きなお金が入ったというほどではありませんが、いつか解体が必要になった時に負担する解体費200万円は不要になりました。

さらに、固定資産税や草取りも全く不要になりました。それまでかかっていた出費がゼロになったのです。

そして、一番大きなことに、子どもに相続をさせる心配がまったくいらなくなりました。

それまでは毎晩思い出すと眠れないくらい、相続が最も大きな心配ごとでしたが、売却で一転、大変気が楽になりました。

会社の評判など

私が持分を売却したところは、社長一人の会社で、諸事情があり登記を自分でしなければならなかったので、皆さまには、司法書士と弁護士が少なくてもいる、大きな会社をおすすめしたいと思います。

通常は書類を交わす以上の手間はありませんので、持分売却だからと言って、苦労することは何もありません。

私のケースは以上です。

詳しくはこちらにも書いています。

共有持分の業者に買取が決まる 実家空き家の売却に成功【売却まで4】

 

共有持分の体験者の声

ここからは他の方の口コミをお知らせします。

共有持分を売却した群馬県のAさんの口コミ

共有持分を売却した群馬のAさんの口コミをお知らせします。

なお個人の特定を避けるため、地域と金額以外は、他の方のケース複数と合わせて記させていただきます。

共有物件のあったのはどの地域か

群馬県

物件の条件

共有者が失踪で連絡取れず

建物は共有者が賃貸中(賃借権あり) 土地(底地)のみ2分の1の持分を売却

いくらで売れたのか

持分2分の1で380万円

トラブルのあるなし

他の会社では買取を断られた物件

売ってどうだったか

悩み事がなくなり肩の荷が下りた

 

共有持分を売却した千葉県のBさんの口コミ

離婚で共有物となっていた家土地の持分を売却した女性の方です。

共有物件のあったのはどの地域か

千葉県

物件の条件

共有者である夫と離婚

元々設定した3分の1の持分を売却

いくらで売れたのか

持分3分の1で1200万円

トラブルのあるなし

離婚時に売却して、代金を分割する約束だったが、相手が途中から同意しなくなった

売ってどうだったか

ほぼ相場に近い金額で売却できた。離婚した夫と、仲介で売却をしていたら、いつ売れるのかがはっきりせず、連絡を取る心配があったが、持分売却ですぐに決着がついた。

共有持分のダメな会社の例

これらの共有持分の売却の口コミだと、他の会社に頼んだが、全く話が進まなかったという例が多く見かけられます。

他の業者に持分売却の依頼をしたが、解決に至らず1年経ち、やむなくこちらから断った例や、他にも私道が絡む物件で「最終的にはできないと言われた」など、法律的な面に詳しくないと、「買い取る」と言っても、売買が成り立たない例が見られました。

 

"お困り不動産どうする"で高額買取

"お困り不動産どうする" は買取専門の会社で、訳あり物件専門です。

取り扱う対象物件がとにかく幅広いです。

普通の空き家はもちろん、対象となるのは、ボロ屋の空き家も買取の対象になります。

また、人が亡くなった現場となる事故物件も買い取ってもらえます。

他には、相続が完了する前の不動産、離婚で財産分与の対象となる家だけではなくマンション、、再建築不可、借地権、底地のみや任意売却まで幅広く扱いますので、要するにダメな物件というのは何一つないということになります。

仲介ではなくて、買取ですので、”売れるまで待つ”ということは一切ありませんで、管理に苦労した空き家も、数日のうち現金化することも可能です。

一般の不動産仲介業者に断られてしまうような不動産でも、買い取ってくれるとのことなので、心強い限りですね。

これはダメかと思っている物件でも、諦めずに、ぜひ一度買取を相談してみてください。

「お困り不動産どうする」

空き家の売却は年々厳しくなっていますが、ネットで手軽に問い合わせができます。

そのあとでしつこく勧誘されるというようなことはありませんので、どうぞ安心してご利用になってみてください。

akiyamore



akiyamore



-共有持分

Copyright© 空き家買取・売却のコツ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.