空き家売却

空き家、全国の総数は846万戸 地方は5軒に1軒も 2019年

投稿日:2019年11月8日 更新日:

空き家を抱えて、売却しようかどうか考えておられる皆さん、空き家の数は、全国でどのくらいになるか知っていますか?

空き家の数が増えると、売却しようとしたときに、売れなくなったり、安くなったりしてしまいます。

空き家を相続するかもしれない、または所有されている方は、空き家の数がどのくらいになっているのかを把握しておきましょう。

全国の空き家の数は846万戸


空き家の数は、全国でどのくらいになるのでしょうか。

この問題は、つい先日、テレビ朝日の朝のニュース番組、池上彰のニュース検定でも取り上げられたばかりです。

全国には、一戸建ての住宅の数がどれだけあるのかと言うと、2019年時点で6240万戸の住宅があります。

そのうち空き家となっているのが、846万戸。

割合として8軒に1軒が空き家となっていることになりますね。

地方は5軒に1軒のところも

そして、これは東京や大阪、名古屋をも含めた数なので、全国の平均的なものではなくて、地方の空き家の数は、これよりももっと多いです。

たとえば、私が実家を売った土地は、人口20万人の市でしたが、空き家の割合は、18パーセント、つまり、5軒に1軒の割合でした。

地方の空き家が急増

地方の住宅地の戸建ての一まとまり、いわゆる町内というものは十数件が、ひとつの単位となることが多いので、そうすると、一つの町内に、空き家が1~2軒は必ずあることになります。

たとえば、団地が100軒の団地だったとすると、その団地の中の家の中の12~15軒が空き家ということになります。

皆さんはこれを聞いてどう思いますか。多いと思いますか。それともまだまだ大丈夫と思いますか。

100軒のうち、12軒が空き家というだけでも、かなりの競争です。

空き家売却の競争が激化!

さらに、空き家は、間もなく5軒に1軒、そし2033年には3軒に1軒が空き家になると言われています。

こうなってからでは空き家を「売る」などは名ばかりの話、どうやっても売れずに朽ちていくのを待つばかりです。

空き家が古びてしまってからでは何にもなりません。

地域にまだ、空き家を欲しいという人が残っているうちに。そして空き家が、老朽化して誰も見向きもしないほど古びてしまう前に売らなければ、折角の財産も無になってしまいます。

空き家が売れる今のうちに、ぜひ売却のための一括査定をご利用ください。

空き家の一括査定は下から。条件に合った会社をお選びください。


【イエウール】

 

【一括査定のNO.1はイエウール】

・1400社の中から不動産の査定額を見積もり
・6社の比較で最高額が選べる
・全国で1000万人が利用
地域密着型で地方も安心
・マンション/アパート/一戸建て/土地/ビルもOK!
・最適な不動産会社を高精度でマッチング
・誰にも知られずプライバシー厳守

無料査定はここから
査定のページへ


【リビンマッチ】

 

【日本最大級、6社の価格の比較ができる】

・1400社の中から不動産の査定額を見積もり
・最高額で家土地が売れる
地域密着の企業が多数登録
・最大6社に一括査定依頼ができる
・査定額の比較で高く売れる!
・最短45秒の簡単入力
・プライバシー厳守

無料査定はここから
査定のページへ

 

一括査定の方法は

どの会社でも同じ、矢印の枠の中に、物件の種類と物件の住所を入れるだけ。

1分かかりませんので、今すぐお試しください。

価格を見積りする

akiyamore



akiyamore



-空き家売却

Copyright© 空き家買取・売却のコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.