共有持分

共有持分の買取業者のおすすめ 全国対応のソクガイ.jp

投稿日:2020年7月29日 更新日:

共有持分の買取業者のおすすめはどこでしょうか。

私はネットで探した業者に共有持分の買取りをしてもらい、実家の空き家売却に成功しました。

買い取ってもらえて感謝していますが、小さな会社だったため、途中で、登記を自分でしなければならず大変苦労しました。

自分の経験を踏まえて、おすすめできる業者のいる会社をご紹介します。

共有持分の買取業者のおすすめ

共有持分を売却したいが、買取ってくれる業者はどう探したらいいでしょうか。
おすすめがあれば教えてほしい。

 

共有持分の買取業者は、適したところに頼まないと、売却が進みません。

共有持分の買取に適した、おすすめの会社をお知らせします!

 

共有持分の業者を選ぶ場合のポイント

・共有持分の買取を行う専門の業者であること

・共有持分の買い取りは専属の司法書士がいる大きな会社が良い

おすすめの理由

私は、ネットで探した業者に、共有持分の買取を依頼、地方にあった実家を売却することができました。

共有持分の売却は同じ悩みを抱える皆さまに、ぜひおすすめしたい方法です。

業者はソクガイ.jpが、いちばんのおすすめです

司法書士と相談できる弁護士が常駐、相場相当の金額で買取れること、地方も広く対応できることがその理由です。

とにかく大きな会社、スタッフが揃っている会社がおすすめなのです。

ソクガイの特徴

  • 弁護士他のスタッフがいる
  • 相場相当の金額で買い取れる
  • 2000万円以下の少額の物件もOK
  • 全国対応

ソクガイ.jp 公式ページを見てみる

共有持分の業者を選ぶ場合のポイント

共有持分の買取業者を選ぶ場合のポイントは、共有持分の買取専門の業者で、専属の司法書士や土地家屋調査士がいるということです。

・共有持分の買取専門の業者である
・専属の司法書士がいる
・土地家屋調査士や弁護士がいる

この2つはすごく大切なポイントです。

なぜかというと、司法書士や土地家屋調査士がいなければ、いくらこちらが売りたいと言い、業者が買いたいといったとしても、売買それ自体が成り立たないからです。

土地の売買というのは、土地そのものを受け渡しするわけではなく、実質的には登記の書き換えなのです。

その書き換えを行うのが司法書士です。

共有持分買取に司法書士が必要な理由

なぜ、その会社専属の司法書士が必要なのかというと、登記を行う職業の人が司法書士という以上に共有持分の場合には、特殊な事情があります。

普通に、町の司法書士に依頼しようとしても、共有持分の売却は、「登記識別情報」が片方にしか送られないという制約があります。

なので、万が一のトラブルを予想して、請け負うという司法書士と、やりたくないという司法書士がおられます。

私の場合は、共有持分の業者に頼みながら、司法書士を自分で見つける羽目になりましたが、やりたいという司法書士を自分で見つけるというのはたいへんです。

なので、最初から、共有持分の売却であっても、それを請け負う「司法書士がいます」というところでないといけないわけです。

■登記識別情報については下の記事を

共有者の住民票は司法書士なら取れる

相続登記 単独

また、共有持分の場合は、所有者が共有者の住民票などをもらえない、つまり協力が得られないか、相手が行方不明で連絡がとれないなどのケースが大半です。

この住民票の取得については、司法書士ならば土地売買の理由がある限り、職業的な特権で対象者の住民票を取ることができます。

私は自分で区役所にも問い合わせてみましたが、現在は、委任状がない限りは、例え親子でも相手の住民票は取れないようになっています。

ここはいちばん大切なところなので、最初から、司法書士や弁護士がチームになっているところがいいのです。

もちろん、共有持分の売却それ自体は法律に触れることではありませんので、共有持分の法律面については、下の記事でご確認ください。

共有持分の売却でトラブルにならない?民法での定義

土地家屋調査士について

土地家屋調査士については、必要な場合は、建物の登記ができていない場合、または土地の測量が必要になった場合などです。

必ずしも必要というわけではありませんが、下に示す会社であれば、土地家屋調査士も弁護士もいますので、何かトラブルがあった際も、自分では何もせずともそのまま売却が勧められるので安心です。

 

共有持分をネットで探す理由

 

共有持分の会社は、なぜネットで探すのがおすすめなのでしょうか。

そもそも、共有持分の買取は、普通の不動産業者は扱いませんし、町の不動産店にはまず売れません。

というより、業者でもやったこともない、聞いたこともない人が大半です。

査定に来てもらっていた地元の不動産業者にも、「持分の買取をする業者さんがいるらしいのだが」と聞いてみたことがあります。

その際も、「まず買わないでしょう」という返事か、そのような方法は知らない様子でした。

土地家屋調査士と司法書士と両方居る地元の事務所にも聞いてみましたが、「そんなことはできませんよ」という返事で、請け負えないということではなくて、そのような方法は不可能だと思っている口調でした。

共有持分買取業者は、最初から共有持分を扱うとしている会社を、ピンポイントにネットで探すのが一番良い方法です。

私の場合も、ネットがなかったら、実家は到底売ることはできず、今でも固定資産税を支払い、草取りに通っていたと思います。

本当にありがたい時代になったと痛感していますが、逆に言うと、持分売却は特殊な方法であるため、買取の業者はまずはネットでしか探すことはできないのです。

 

共有持分は地方でも買取の対象になる

ネットだと地方の方は、遠い業者しかいないのではないか、そんなところでわざわざ買いに来てくれるのかとご心配されるかもしれませんが、その心配は無用です。

私の実家は、東京から特急電車で2時間のところの住宅地にありました。

ネットで依頼した業者は、どちらも東京でしたが、業者2社が実家をすぐさま見に来てくれました。

しかも私の立ち合いは不要で、業者が一人で入力した住所のところに行って、土地と家を外から確認しただけで済みました。

そして、そのどちらもが次の日に電話をくれて、買いたいと言ってくれたました。

なので、遠方でもまず問題はありません。

心配せずにまずは依頼してみてください。

おすすめの業者のページをすぐに見てみる

全国の物件が買い取り対象【ソクガイ.jp】

 

共有持分の買取業者とは?

 

共有持分の買取は、特殊なノウハウを持つ一部の専門の不動産業者に限られます。

相手との交渉に慣れており、それ以上に法律的な知識とバックアップが必ず必要なので、大手のところは必ず専属の弁護士がいますし、業者自身も、手立てを既に知っている人だけが共有持分の買取をします。

ただし、都会ではあっても共有持分の売却をしようという人はそうたくさんはいませんので、持分買取をうたってはいても、実はそれほど精通した業者ばかりではありません。

私のように、せっかく共有持分を買いたいとする業者が見つかっても、司法書士を探すようになったり、やむを得ず自分で登記をするようになったりしたのではたいへんです。

なので最初からスタッフの揃っている会社の、ソクガイ.jp ならおすすめできます。

 

共有持分の買取業者のおすすめはソクガイ.jp


ソクガイ.jp

共有持分のおすすめは、上の、ソクガイ.jp です。

おすすめの理由

おすすめの理由は司法書士や弁護士が揃っているほかにも、

・共有持分でも相場相当の金額で買取

・全国対応なので地方の物件も扱う

といった特徴があります。

ソクガイ.jpについて

ソクガイ.jpは、東京都港区六本木にある共有持分に特化した不動産業者の会社です。

不動産売却の資格を持つ人だけではなく、法律的なサポートを行う弁護士もいますので、手続きがスムーズに行われます。

また、全国対応ですので、都心にお住まいでない方も、ぜひご相談してみてください。

 

相続物件はせっかくの親の財産です。いつまでも悩んでいるのはもったいないです。

早く代金を受け取れる方法で、速やかに売却することをおすすめします。


共有持分の無料相談

査定のページへ

akiyamore



akiyamore



-共有持分

Copyright© 空き家買取・売却のコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.