共有持分

共有持分の買取の価格 2社から申し出が!【体験記9】

共有持分の買取の価格は一括査定を受ければすぐにわかります。

うちの場合はその後業者2社から建物を見に来た数日後に教えてもらい、売却が決定しました。

共有持分の現地調査とその後

実家空き家の査定を終えた共有持分の業者2社と交渉、いよいよ共有持分の売却を進めるところとなりました。

※共有持分売却までのここまでの話は

相続する実家空き家はは欠陥住宅、私道持分なし、表題当期未登記の問題あり物件。費用負担を恐れた兄が音信不通になり相続登記も売却もできず、弁護士相談に行って教わった共有持分の売却をすることに。インターネットの共有持分査定サイトで出会った2社を比較して1社に買取を依頼。相続後10年目にして空き家を手放すことに!

 

事故物件も扱うという A社の方は、つてのある地元の不動産会社の社長が、代わりに実家の土地と建物を外から見に来たということでした。

それから 2週間ぐらいの間、ほぼ毎日のように問い合わせの電話がありました。

問い合わせの内容は、固定資産税はいくらか、評価額はいくらになっているか、最後に住んでいたのは誰かなどということで、それが細切れに聞かれました。

なかなか話が進まないので買い取りは難しいのかと心配しましたが、そうではなく話しを有利に進ませるための一つのやり方だったのではないかと思います。

持分買取の価格が決まる

共有持分 買取 業者

 

2週間たったところで私が「大体いくらぐらいになりそうですか」と聞きましたら、「登記費用込みで 300万円です」ということでした。

その後もう一社との売却が終了した 12月になっても引き続き電話が来ていましたので、買いたい意向があったのは間違いありません。

ただし、買い値を下げるためなのでしょうか、毎日電話は来ていながら、向こうから「買いたい 」とは決して言わないので、そのような駆け引きに慣れていないこちらにとっては、大変ストレスフルなやりとりでした。

電話が毎日あるのは間違いないので、今日こそは返事が聞けるかもしれないと思い、そのあいだは外出どころではありませんでした。

 

共有持分業者Aに売却を決める

 

もう1社の方は、社長がやはり外から土地と建物を見に来て電話をくれて、やはり登記費用込みで「500万円で買います」と即座に金額が提示されました。

こちらの会社は最後までこちらを不安にさせるようなやり取りや駆け引きのようなものは全くありませんでした。

それで金額が高いということもありましたが、気持ちよく対応してくれそうなあとの会社にお願いすることに決めました。

A社の方は「家が住める状態ならよかったんですよ」などと、値段を下げざるを得ない理由を色々述べたわけですが、B社の方は、土地や家にけちをつけるようなことは一切言いませんでしたし、持分売却に至った兄弟間の事情もこちらが話さない限り、何も聞かれませんでした。

途中登記に時間がかかった時も、こちらが心配そうにすると「買いたい気は変わりません」と何度か伝えてもくれました。

ほかに経験がないのでわかりませんが、買い取り業者でそういうところはあるいは珍しいのかもしれません。

応対の点では全くこちらに心理的な負担はありませんでしたので、その点大変感謝しています。

買取業者とのやりとりは電話とメールのみ

共有持分 買取 業者

 

どちらの会社もやりとりのすべては電話で、書類の数字を伝えるようなときはメールで送りました。後に書類をやり取りするようになると、ファックスをつないで送りました。

現地の土地と家屋の見分の際も、確認は外からで、立ち合いの必要はなく、社長本人に会ったのは、最後の現金と契約書の受け渡しの時だけでした。

空き家の買取価格についての補足

うちの場合は接道の私道の持ち分買い取りの登記費用と、交渉の手間、それと兄との交渉と、場合によってはその裁判費用が含まれることとなるため、通常の売却と違いますが、けっして安い額とは言えないと思います。

それと、家屋は築38年で取り壊しの可能性もありましたが、その解体費用の請求はありませんでした。

信頼できる買取業者に出会えた幸運

 

家や土地を買うのとは違って、こちらが売るという立場の時、しかも普通では売れない物件を買ってもらうわけですから、業者とのやりとりは気の張るもので、毎日が大変でした。

しかし、良い業者に出会うことができて、信頼して任せることができたのは大変よかったと思っています。

業者さん本人にも云いましたが、この後、兄と交渉することになるので、おそらく私に対応したのと同じように兄にも感じを悪くせず、よくやってくれるに違いない、そう確信できたからです。

その通り、うちの場合は全くトラブルは起きませんでした。

空き家が10年間売れなくて困っていた私はもちろんのこと、連絡を絶っていた弟もその後まもなく持分を売却、売却代金を受け取れたのです。

関連記事:
共有持分の売却でトラブルにならない? むしろ問題が解決した体験も

共有持分の売却は、相続人同士で話し合いのつかない土地家屋を売却する最良の方法です。

そして、売るに売れなかった土地を手放すことのできる、唯一の方法と言えるのです。

共有持分の査定サイトのご紹介

共有持分の買い取りでは法律の知識が不可欠です。通常の町の不動産屋さんでは扱いません。

そのため、最初から専門の買取業者に依頼することがおすすめです。
下のリンクから、まずはご相談ください。

 

東京・埼玉・千葉・神奈川の持分売却

共有持分の買取の業者。最初は”いえカツLIFE”からです。

いえカツLIFEの特徴は、問題あり物件もOK、空き家はもちろん、相続や離婚などの法律的な問題が絡む売却でも、対応するという心強い会社が揃っています。

また、1度の入力で複数社が対応、一番高く買ってくれるところを選ぶことができます。

東京だけでなく、埼玉、千葉、神奈川までが現在の対応エリアです。

関東地方以外、大阪や名古屋、福岡の大都市近辺以外は地価がぐっと下がってしまいます。いえカツLIFEはエリアを絞っているので高額の買取も可能です。

首都圏に特化した業者で最大6社比較で高く売れる可能性が高いため、東京都内の不動産の売却にご利用ください。

 

▼公式サイトへ▼

”共有持分買取プロ”は持分に特化

もう一つのおすすめが、共有持分他の問題あり物件、訳あり物件の専門の業者さんで、サービス名”訳ありPRO”、会社名はアルバリンクです。

アルバリンク直接の買取ということになるので、最短で買取金額がわかり、比較の必要もなくその金額にもとづいた交渉が可能です。

-共有持分
-