「墓じまい」 一覧

ゼロ葬とは?墓不要・遺骨持ち帰りなし可の火葬場 全国都道府県一覧

2019/02/26   -墓じまい

宗教家であり「葬送の自由をすすめる会」の会長である島田正巳さんが、ゼロ葬というものを提唱しているそうです。 ゼロ葬とは、火葬場で遺族が骨を一切拾わないという方法です。 本当に、そのようなことができるの ...

散骨するには?自分でできる?許可も手続きも不要 依頼は2万円台~

2019/02/26   -墓じまい
 

人を埋葬するのに「安い」とは何事かと思われそうですが、ほとんどつき合いのない身内の孤独死と、その後の埋葬を経験してからは、お金をかけない最低限の埋葬方法も必要だと思うに至りました。 もっとも費用と手間 ...

海に散骨する手続きと費用は? 海洋散骨葬と永代供養墓の比較

2019/02/26   -墓じまい
 

先に夫の父の墓の問題で、生前の父を含めて両親が、まだ誰も入っていない墓のために1千万円近くを費やしたことを前の記事「墓守のリスクと墓じまい・改葬の費用と離檀料とは」に書きました。 一方、私の実父の埋葬 ...

墓じまい,改葬トラブル 寺の墓石撤去の費用と閉眼供養のお布施の相場

2018/09/27   -墓じまい

誰も入っていない墓にも関わらず、そこまでで1千万円もお金をかけてしまったという、夫の実家の墓。 寺の墓のため、管理費やお布施、寄付金などをこの先負担を望まない兄と夫が母を説得して、父が亡くなったものの ...

墓じまいと改葬の墓石の撤去費用の相場は30万円 複数業者で見積り

2018/09/18   -墓じまい

連休初日は、夫の実家のお墓のある寺に行ってきました。 実家では両親が生前中に最寄りの寺に墓所を購入していましたが、管理の手間と費用を考えて、永代供養墓のある寺に新たに契約することとなりました。 そこで ...

家族葬のデメリット 香典はもらえない?弔問客は来る?

2018/05/30   -墓じまい

4月の末に夫の父が92歳で亡くなりました。数年前から施設に入っていたこともあり、葬儀の方法については、家族葬にするということで、両親が決めていました。 ところが、葬儀が済み、納骨も済ませて、近隣と親類 ...

永代供養墓のメリット 寺とのつき合いや代々続く墓守の手間と費用の要らない墓があった

2018/04/17   -墓じまい

夫の父が亡くなりました。92歳とはいえ、家族が亡くなるのは悲しいものです。 兄が急病のため、親類は呼ばず、息子夫婦と孫のみの家族葬。火葬を先にして、そののち葬儀という順番でした。 行ったのは、先に永代 ...

永代供養墓を契約した寺で父の灰葬法要を行った 家族葬の方法と費用その2

2018/04/15   -墓じまい

  先日夫の父が、92歳で亡くなりました。引き続きその家族葬の様子や墓、その費用についてをお伝えします。 ■関連記事 誰も入っていない墓に1千万円超 墓守のリスクと墓じまい・改葬の費用と離檀 ...

家族葬の葬儀の流れと費用 プランに合った葬儀社を選んで低価格で火葬のみ

2018/04/14   -墓じまい

残念ながら夫の父が亡くなりました。92歳の大往生とはいえ、身内の亡くなるのは悲しいものです。 とはいえ、嘆いてもいられず、亡くなった後の手続きを進めているところです。 ここまでに終えた葬儀の前後にした ...

誰も入っていない墓に1千万円超⁉墓守リスクと墓じまい・改葬の費用と離檀料とは

2018/04/06   -墓じまい

夫の両親は生前早くから、自分たちが入るための墓を買っていました。 まだ誰も入っていないが、墓石も立てて用意をしてあったのです。そして、両親が死んだら当然そこに入るとも思っていました。 ところが、その墓 ...

亡くなった後の手続き一覧と生命保険受取の必要書類 墓じまいのため永代供養墓探し

2018/04/05   -墓じまい

  残念なことに夫の実家に相続が発生してしまいました。 90歳を越えたとはいえ、大好きな父だったので残念です。 これで私には父と呼べる人はいなくなってしまい、たいへん寂しい思いでいます。 当 ...

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.