「未分類」 一覧

シェアハウス問題 スルガ銀下方修正 引当金積み増し

  ずさんな計画や融資過程での不正が発覚し、多くのオーナーが返済に窮しているシェアハウス投資で多くを融資した地方銀行のスルガ銀行の決算が大幅減益と報道されました 一方、オーナーの被害弁護団の ...

シェアハウス問題弁護団が音声公表 スルガ銀行員が改ざんの会社を紹介

シェアハウス投資トラブルの続報です。破綻したかぼちゃの馬車経営のスマートデイズ社が、オーナーへ融資を行ったスルガ銀行への書類で改ざんを行った件で、データ改ざんを請け負う会社があったということがこれまで ...

シェアハウス投資トラブル 11支店でスルガ銀融資の資料改ざん 銀行全体の関与判明なるか

  スマートデイズ社運営のシェアハウス投資「かぼちゃの馬車」、オーナーへの家賃未払い問題で、オーナーに融資を行ったスルガ銀行に先月13日金融庁の立ち入り調査が行われました。 その後の朝日新聞 ...

シェアハウス投資トラブル スルガ銀が前期大幅損失計上へ シェアハウス融資は数百億円規模か

     スマートデイズ社の運営する女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を巡る投資トラブルで、投資者オーナーに融資を行っていたスルガ銀行に、大幅損失のニュースです。

シェアハウス投資トラブル スルガ銀行も被害者? 主導したのはスマートデイズか不明

  女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ社が、サブリースの家賃保証のシェアハウス投資にオーナーを勧誘後家賃が不払いに、融資を行ったスルガ銀行への書類改ざんが明らかに ...

シェアハウス投資問題ついに自殺者も オーナーにさらなる二重詐欺の被害 不審なDMやサイトに注意

  「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズが経営破綻、1億からの借金を抱えたオーナーは700人以上に及んでしまった問題で、残念ながら、4月中既にオーナーに自殺者が出たという報道がありまし ...

シェアハウス投資トラブル スルガ銀行役員が不正関与か 金融庁立ち入り調査 行政処分の検討も

  「かぼちゃの馬車」シェアハウス投資トラブルで、会社員のオーナーらがスルガ銀行に融資を受けた際に、書類などが不正に改ざんされたとする問題で、13日に金融庁が融資先のスルガ銀行に立ち入り調査 ...

シェアハウス投資トラブル スルガ銀に金融庁立ち入り検査 通帳改ざんで残高水増しの主導は?

  女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ社が、サブリースの家賃保証のシェアハウス投資にオーナーを勧誘後家賃が不払いになり、融資を行ったスルガ銀行への書類改ざんが明ら ...

シェアハウス投資トラブル 金融庁、スルガ銀へ立ち入り検査検討 報告徴求命令も

  金融庁がスルガ銀行への立ち入り検査を検討しているとの、13日のニュースです。   ■関連記事 サブリース契約シェアハウス投資の賃料不払いトラブル 億単位の出資者も

スルガ銀行に弁護団が契約白紙要求 シェアハウス賃料不払いトラブルその後

  昨日16日の新聞。 スマートデイズ社運営のシェアハウスかぼちゃの馬車の家賃未払いトラブルで、融資を受けたオーナーたちが弁護団を雇い、スルガ銀行に契約の白紙撤回を求めたというニュースです。 ■関連記 ...

シェアハウス投資賃料不払いトラブル 衰退する地方銀行の賃貸ビジネス融資の陥穽

  「かぼちゃの馬車」シェアハウス投資の家賃未払い問題で、自己資金がゼロであっても1億円の融資を受けたオーナーの破産が懸念されています。 ローンが払えなくなった場合、所有者はその後どうなってしまうので ...

サブリース契約シェアハウス投資の賃料不払いトラブル 億単位の出資者も

  何かと問題が聞こえてきていたサブリースというビジネスモデル、今までは賃貸のアパート経営でしたが、今回問題となったのは、シェアハウスというものでした。 そもそも、シェアハウスとはどういうも ...

売れない土地は相続後に兄弟が揉めないためにも家族信託で生前に売れ

2017/12/15   -土地売却, 未分類, 相続

  実家の場合の「売却の流れ」でわかるように、空き家も土地も何とか売れましたが、そこまで9年を費やしました。 売れないとわかった時点で、弟が連絡を絶って、費用がかかるかもしれない空家と土地を ...

売れない土地の固定資産税が高すぎる! 自分で見直せる3つのポイント

2017/12/08   -土地売却, 未分類, 私道

  12月8日の朝日新聞「負動産時代」は、高すぎる固定資産税についてのものでした。 栃木県の塩原温泉の旅館が引き下げを求める訴訟をした例です。

相続放棄で土地と空き家の所有権は放棄できるのか 朝日負動産時代

  12月5日付けの朝日新聞特集「負動産時代」の1回目は、山林の土地の所有権を放棄し、国が引き取るべきと裁判に訴えた例でした。 残念ながら、土地の引取りは認められない、土地の放棄はできないと ...

いらない土地の放棄はできるのか 朝日新聞「負動産時代」より

  いらない土地を国に引き取ってもらおうと裁判を起こした例があると読みました。 12月5日に始まった朝日新聞「負動産時代」の連載記事から考えます。

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.