住み替え 土地売却

「負動産の時代1」朝日新聞フォーラム 売れない実家の土地と老後の住まいの悩み

更新日:

負動産の時代 朝日新聞

 

2017年9月24日の朝日新聞の記事「フォーラム」欄はタイムリーに「負動産の時代」というものでした。
現在所有する空き家の問題、それから、まだ顕在化はしていないが、老後の住まいについての悩みの2つを抜粋して転載します。

スポンサーリンク

ad


所有している空き家の処分と管理に困る

負動産の時代 朝日新聞

「京都府北部の空き家になって20年の実家。市の空き家バンクに 3年前に売却希望を登録し、2、3件引き合いがあったものの縁はなく、最近になって相続移転登記がされていないことを理由に掲載が打ち切られました。
草刈りだけで年間10万円かかります。税金を滞納して差し押さえしてもらった方が得策ではないかとも考えます。
売りたくても売れない家や土地を、これ以上荒らさないように所有者を支援する仕組み作りをしてもらいたいです。」 (神奈川県 60代男性)

相続登記をせずとも固定資産税の請求はある

亡くなった人の名義では売却ができないので、買いたい人が決まったら、その時点で相続登記と相手への移転登記を同時にしようということでしょうか。

亡くなった人の名義のままでも、固定資産税は支払うので、現在そうされておられるのだと思います。

相続登記をしなければやがて所有者不明に

投稿者は神奈川県の 60代の方ですが、子供の代になって、そこで相続登記をしようとはなお思えないと思います。

そのまま放置となれば、やがて所有者不明の土地となるかもしれません。

税金を滞納したとしても、家と土地が差し押さえにはならず、少なくとも投稿者の生存中は、そのまま請求が来ることになります。

管理は所有者自身が行う他はない

自治体の方は、むしろ所有者不明土地や、特定空家法に見るような、空き家の管理にあります。

「空き家バンク」がある自治体は良い方で、すべての自治体にあるわけではなく、私の住んでいる自治体周辺では、それもありません。

家や土地の管理は、今のところ自治体の支援は見込めず、所有者自身が有料で管理をしてくれるNPO法人やサービスを利用するしかないと思います。

これからの住まいの心配も

負動産の時代 朝日新聞

 

「年金を収入源としてくらすようになったとき、持ち家なら安心だと考えてきた。
家賃はばかにならないし高齢者になると借りられないとも聞く。
しかし、メンテナンスにはお金もかかるし、肉体的にもきつくなる。売却しようとしたときにどの程度の価値があるのかも疑問。
この先どれくらい元気に生きられるか考えながら、頭を悩ませている。」(大阪府 50代女性)

賃貸にした場合の家賃の負担

自分を含め、それまで賃貸住まいをしたことがない地方の人ほど、家賃はこんなにかかるのかと思うことが多そうです。

しかし、家を建て替えたとしても、一時に高額の出費がかかります。もったいなく思う気持ちはありますが、建て替えに使う分を生涯の家賃に当てると思うのが良いようです。

住み続けたとしても家が古いほどメンテナンス費用はかかる

私の家の場合も、外壁と水道管、ガス管、給湯設備などの補修が必要になっていますが、家を維持している間はメンテナンスは必ずかかります。

100坪の敷地を自分で草取りをして、庭木も自分で切っていますが、これ以上年齢が上がったらできそうにありませんし、業者に依頼したとすると、やはり年間10万円弱はかかると思います。

地方の土地は先になるほど売れない

地方の土地の場合は、駅の周辺など、よほど便利なところでなければ、値割れするか、それでも売れれば良い方で、あるいは売れないかもしれません。そうするとそこに住まなくても、同じメンテを子どもが引き継ぐことになってしまいます。

高齢者が占める人口の割合が高い上、賃貸住宅もいずれ余ることに。
ならば、高齢者も大事な需要層になっていくに違いなく、借りにくいということは、むしろ少なくなると思います。

土地余りの問題は、今の住まいになんら問題はなくても、これからのライフプランにも関わってきます。

今までのように、値上がり間違いなしの土地を子どもに相続させるという定石が当てはまらなくなってしまった昨今、各自かろやかに方向転換する必要があります。

これまでの価値観にとらわれずに、年代に合った住まい選びをして、土地に縛られることなく、自由に暮らしたいものです。

ad

ad

-住み替え, 土地売却

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.