シェアハウス投資

シェアハウス賃料不払いトラブル スマートデイズが破綻したサブリース契約の家賃保証の問題とは

更新日:

タレントのベッキーさんがCMに出ていた女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」、そのシェアハウス投資をめぐってトラブルが続出しています。

その内容が次第に明らかになってきました。

一般の会社員が破産に至る問題となったシェアハウス投資とは何だったのか。

どんなものだったのかを以下に詳しく説明してみます。

スポンサーリンク

ad


シェアハウス投資の内容とは

シェアハウス投資の内容の説明です。

「かぼちゃの馬車」を経営するスマートデイズ社は、オーナーとなる人を勧誘し、その人に銀行から1億円前後の融資を受けさせます。

そして、その資金を使って、シェアハウスを建設させます。

所有する土地の活用目的ということでなくて、土地も購入した人もいたそうです。

ほとんどのオーナーは一般の会社員で、投資目的での購入でした。

自己資金がなくても、銀行ローンを組んで、建設することが可能だったということなのです。

30年間の家賃保証のサブリース契約

建設したシェアハウスをスマートデイズ社が一括して借り上げ、オーナーには30年間の定額の家賃支払いを保証します。

つまり、部屋を借りる人がいてもいなくても、オーナーには家賃保証、たとえば毎月70万円を渡すというような契約をするわけです。

これがサブリース契約と呼ばれるものです。

オーナーは、その支払いをもって銀行から借りた1億の月50万円のローンを、毎月支払うということになります。

オーナーの手元には、20万円が残り、それがオーナーの利益となるはずでした。

■サブリース契約関連記事
空き地の土地活用をうたうサブリース契約のアパート経営は慎重に
空き地の土地活用のアパート経営 サブリース契約の落とし穴

会社側からの家賃が支払われず

ところが30年間、毎月支払うはずだった家賃保証が、突然支払われなくなった例が続出しました。

会社側が経営破綻して支払えなくなったのが原因です。どうしてかというと、シェアハウスの部屋を借りたいという人が、集まらなかったというのが理由です。

入居者はわずか3割で、その2倍超の部屋が空いているままで、収益が予定した3分の1にも届きませんでした。

 

ローンの金額は1億円前後

会社員で投資目的に、銀行から1億前後のお金を借りた人が千人もいます。

家賃保証の支払いがなければ、銀行から借りたローンの返済額月50万円ずつを、自分の手持ちの資産から支払わなければなりません。

オーナーとなった人はごく普通の会社員が多く、1億円の借金は大変なことで、ほとんどの人が空き室のままのシェアハウスと多額のローンを抱えたままということになってしまいました。

ローンが払えないオーナーの破産も

会社側は、説明会を開き、社長がローン返済に困ったオーナーたちに「誠心誠意対応する」と表明をしましたが、支払いのめどは立っていません。

そのため投資者は弁護士を立てて、責任の追及を行うとされていますが、会社側にも支払うべきお金がない以上、破産する投資者も出ると懸念されています。

会社の責任と同時に、ローンを貸した銀行にも問い合わせが行き、今その調査中となっています。今後の行方が注目されます。

投資を始める前に十分な検討を

いくら契約をし、会社が保証をしてくれたところで、その会社が資金難で、家賃保証が支払えなければ、ローン返済に当てるための収入が途絶えることになってしまいます。

会社に責任があるとわかっても、お金が戻ってくるとは限りません。

また、不動産投資には、今後、人口の減少に適したビジネスモデルであるかどうかの十分な調査も必要です。

あらかじめ専門家に相談するなどをして、意見を聞いてみるなど、多額の銀行ローンを組む際にはくれぐれも慎重に。

慎重過ぎたとしても、その時点なら何も失うものはないのですから。

ad

ad

-シェアハウス投資

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.