シェアハウス投資

スルガ銀行調査結果 パワハラ態勢は岡野喜之助副社長が指示 金融庁行政処分に慎重論も

投稿日:

スルガ銀行(静岡県沼津市)のシェアハウス投資向け融資で多数の不正があった問題で、同行の第三者委員会(委員長=中村直人弁護士)は7日、調査報告書を公表しました。

現社員の証言で、パワハラの内容が報告され、驚きを呼んでいます。そのようないびつな社内態勢は、事実上の業務執行責任者だった、岡野光喜会長の実弟、故岡野喜之助副社長が構築したとされました。

また、新しく社長となった有国氏についても「一定の経営責任は免れない」としています。

「最も重い経営責任がある」と指摘された岡野会長は、これまで一度も謝罪はせず、今回の会見にも姿を見せませんでした。

 

スポンサーリンク

ad

スルガ銀行に蔓延するパワハラの実態と内容

第三者委が公表した調査報告書には、行員らの壮絶な体験談がつづられており、見た人の驚きを呼んでいます。

ひどいのは、いずれも融資拡大などの成績が伸びなかったときに叱られた例でした。

恫喝に「オマエの家族皆殺し」

「数字ができないなら、ビルから飛び降りろと言われた」

「上司の机の前に起立し、恫喝(どうかつ)される。机を殴る、蹴る。持って行った稟議(りんぎ)書を破られて投げつけられる」

「ものを投げつけられ、パソコンにパンチされ、オマエの家族皆殺しにしてやると言われた」

「首をつかまれ壁に押しあてられ、顔の横の壁を殴られた」」

「死んでも頑張りますといったところそれなら死んでみろ、と言われた」

営業担当の執行役員 不正への関与を認定

衰退する地方銀行の中でも異例の高収益を支えてきたのが、不動産に投資する個人向けのローンでしたが、それを担う個人営業担当の執行役員1人も今回、不正への関与を認定されました。

パワハラを主導したのは、この役員だということです。

個人営業部門ではこの役員の元で過大な営業ノルマが設定され、支店長以下の職員に達成に向けたプレッシャーがかけられ、その中で不正が横行したといいます。

収益を担う個人営業部門の発言力は強く、審査部門が融資に否定的な意見を述べても、営業部門幹部らによって押し通されました。

融資99% 審査部より営業が強い構図

審査担当者が「家賃設定に疑義あり」などと否定的な意見を残しながら融資された案件は200件超もあり、シェアハウスなどの融資承認率は2009年度前後は80%台だったが、14年度下期以降は99%超。

ほとんど審査なしに、融資の案件が通されていました。

 

主導は故岡野喜之助副社長

いびつな社内態勢は、事実上の業務執行責任者だった、岡野光喜会長の実弟の副社長が構築したとされた。こうした状況は、岡野会長ら経営陣の間で共有されることはなかったという。

米山社長が、5月の最初の記者会見で「わからない」と言った通り、第三者委の中村委員長は経営陣について「大事な情報はなんにも上がってこない。雲の上で下界を見ていた」と語っています。

報告書は、取締役らが個別の不正を具体的に知り得た証拠はないとしつつ、経営責任がある、と認定。

岡野喜之助副社長は、3年前に一度、融資の中止を指示しましたが、社員がダミー会社を設立して、融資を継続。

岡野喜之助副社長も、16年に急逝し、改革は先送りにされました。

なお、社長に就いた有国氏についても、第三者委は「一定の経営責任は免れない」としています。

関連記事:
スルガ銀行副社長、3年前に融資中止を指示 当時の岡野喜之助副社長

スルガ銀行の処分は?

麻生太郎金融担当相は7日午前の閣議後会見で 「法令を守るのは当然の話であり、経営管理に問題があるなら適正に対応していく」と発言しました。

金融庁は第三者委の報告内容も踏まえ、スルガ銀行に対する行政処分の検討をすることになります。

業務改善命令に加え、一部業務停止命令も避けられないかもしれません。

しかし、金融庁内にはあまりに厳しい処分には慎重論もあり、金融庁幹部の一人は、「まっとうに立ち直らせることが行政処分の狙いだ。悪質な不祥事があったから重い処分を下せばよいわけではない」と述べているということです。

スルガ銀行の今後については、引き続き金融庁の発表が待たれるところです。

ad

ad

-シェアハウス投資
-

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.