不動産投資 住み替え

不動産投資ローンの借り換えのチャンス!フラット35の金利、過去最低に

投稿日:

住宅ローン、フラット35が稀に見る低金利と言われてきましたが、9月と10月の融資実行金利が、さらに過去最低を更新しました。

高い金利で住宅ローンや、投資用不動産のローンを借りてはおられませんか。

その場合は借り換えによって、ローンの支払金額や年数を減らすことができるというお知らせです。

住宅ローンの金利が過去最低に

住宅ローン、フラット35の金利がこれまで最も低かったのは、16年の8月の0.90%。

19年9月の金利は1.11%ですが、「団体信用生命保険(団信)」込みとなったため、団信の保険料の金利約0.22%を差し引くと0.89%。

これまでの、史上最低金利である、0.90から、0.01低いことになります。

わずかな差に見えますが、住宅ローンは百万円単位で、数千万円を借りる人が多いもの。

特に低金利時代となって、借入額は以前よりもずっと大きくなっており、借入期間の年数も長いため、0.01%で大きな違いが出ます。

それ以前に住宅ローンを利用した人は尚更です。

今の金利だったら、もっとお得だったのではないでしょうか。

借り換えでどれだけ減るかが、すぐ調べられますよ。

住宅ローンの借り換えはこちら

住宅ローンの10秒診断

不動産投資ローンも金利1.575%

同様に不動産投資ローンも今なら、金利1.575%で借り換えが可能です。

不動産投資ローンが借り換えでどれだけ減るか見てみましょう。

不動産投資ローン借り換えはモゲチェック

 

借り換えで得する金額を調べる方法

自分で金利の計算をしてみるのは、複雑なので大変です。

モゲチェックの診断は無料、スライダーを動かすだけで、「メリット額」が瞬時に計算されますので、ぜひお試しください。

表示されるメリット額が大きい時は、借り換えをご依頼ください。

借り替えで減った金額の平均額は?

これまでの借り換え、2018年6月〜2018年10月に無料診断を受けたユーザーの実績では、毎月返済額は平均1.3万円、利回りは最大1.5%の改善。

もし、月々のローンが1~3万円安くなったら、すごいですよね。

不動産投資ローンの場合は、住宅ローンよりもさらに借入額が多いので、こちらの借り換えサービスで、700万円削減という例がありました。

診断は無料なので、すぐに試してみた方がいいですよ。

1.575%の特別金利は12月まで

1.575%の特別金利は期間限定、2019年12月末までですので、今ならまだ間に合います。

今は”底”ですが、金利がいつ上がってしまうかわかりません。そうなってからでは、借り換えのメリットが薄くなってしまいます。

不動産投資の借り換えについて、下のモゲチェックのHPでさらに詳しい説明がありますので、ご覧ください。

もちろん、すぐに無料のWEB診断も受けてみてくださいね。

1分かからずに結果が見られます。

今すぐ無料診断を受ける

ad

ad

-不動産投資, 住み替え
-

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.