売却までの流れ 相続

私が売却を断行した事情 放棄も処分もできない土地制度 婚家の子孫に売れない土地を残せない

更新日:

相続した家が売れない。弟と相続登記ができず、しかも私道で未登記で欠陥住宅。

大抵の人はここで諦めるでしょうし、実は私も諦めることも一つの方法だと思います。

スポンサーリンク

ad

土地を扱ってくれるところがない

何しろ、悪条件がかさなると不動産屋にもそっぽを向かれます。見に行っても返事をくれなかったり、電話で問い合わせても断られたり。
なので、扱ってくれるところを見つけるまでだけでも、あまりにも時間と労力がかかります。
その上、兄弟間で裁判や調停となると、心労が大き過ぎます。

そのまま所有する方法も

実家のある団地の周辺の家は、売却をあきらめてしまったのか、そのまま保有している家もあるとも聞きました。

中高年ならば、相続財産から維持費と税金を払って管理をしていく。実家の家や土地であれば愛着もあるので無理をして手離すこともないでしょう。
人に活用してもらうのは難しくても、自分で住むなどの選択もないとはいえません。

子どもの相続の際に土地はどうなる?

ただ、自分の場合は再婚を予定していたので、相手の子どもとの将来の養子縁組を考えていました。

自分と夫の財産を共有にした上で、私と夫の死後、残るものがあれば、それを相手方の子どもに渡したいという考えです。

そういう事情だと、土地があるとなると、困った事態が生じます。

何の血縁関係もない相手に、うちの売れない土地の管理を代々押し付けるわけにはいかないではありませんか。

手放せない土地
一生保有しなければならない土地が残ってしまった場合は、相続放棄をしてもらうしかありません。

しかし、その場合は、土地以外の他の財産を、本来の継承者である子供に渡すこともできなくなってしまいます。

私の場合は、身内はいても自分の子供はいないので、できるだけ財を遺して、夫の子供に渡したい。
婚家に負担をかけたくない、そのためには惜しまず売却の努力をしないと申し訳ない、その一心でした。

最終的に売れてよかったとは思います。ただ、あまりにも遠い道のりでした。

売るための苦労

あまりにも手放す方途を探すのが大変な場合は、諦めてもいいとも思います。二束三文で手放さなくても、持っていても同じことだからです。

ただ、私のように様々な事情や希望があって、お金をかけてもいいので土地を手離したいという時に、それができないというのは、困ったことではないでしょうか。

なぜそれができないままに放置がされているのか。
そして、利益にもならない土地を売るために、なぜこのような苦労をするような制度になっているのか。

これではお上に年貢を納めろと言われて庶民が苦しんでいた時代と、未だに変りもありません。
少なくても、今の制度は時代のニーズに追い付いていないことは確かです。

今後はこのような苦労をする人が減ってほしい。
そういう思いでブログを書いています。

ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします

にほんブログ村



 

ad

ad

-売却までの流れ, 相続

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.