住み替え

地方の老後は相続を考えたら建て替えより断然賃貸!高齢者向け賃貸も

更新日:

地方 老後 ライフプラン 建て替え 賃貸

私たち夫婦は夫が50代、地方に二人暮らしです。

これからのライフプランを考えた場合、今ある土地に家を建て替えるべきかどうか、昨夜夫と話し合いました。

スポンサーリンク

ad

地価の下がった地方に家を建て替えするべきか

地方 老後 ライフプラン 建て替え 賃貸

両親所有の土地は、一つは住宅地、もう一つは店舗として利用していた商業地にあります。
私たちは住宅地の方に、夫の両親は店を経営していたので、かつては大変にぎやかだった商業地に今も住んでいます。

われわれの子どもは、去年都内に就職が決まってそちらに住んでおり、今後も帰る予定はありません。

今住んでいる家は、築30年は越えており、ゆくゆくは夫は今住んでいる土地をもらって、家を建て替えようとも考えていたようです。

家を建て替えれば将来相続が…

しかし、この土地に家を建て替えたとして、夫婦で亡くなった後は、息子が相続することになります。

おそらくは20年後、今でさえ地方が衰退しているのに、数十年後に土地が売れるとは、とても思えません。

そもそも、息子に相続させたくないような土地に、家を建てられるはずはないのです。

 

上昇する空き家率 3軒に1軒が空き家に

地方 老後 ライフプラン 建て替え 賃貸

2013年には空き家の割合は13.5%でした。それが、今から5年後の2023年には21.1%、5件に1軒が、そして33年には3軒に1軒が空家になると言われています。(野村総合研究所の推計)

たとえば、今住んでいるエリアで考えてみると、町内は14軒、現在そのうち隣の1軒が既に空き家になっています。

単身世帯は2軒、子どもが同居して二世代で住んでいるのが6軒。うちを除いた他の4軒は、皆70代前後の夫婦のみの世帯です。

同居世帯を除いて今から15年後に、高齢世代6軒のどの家が空き家になったとしても不思議ではなく、3軒に1軒は十分予想できる数字です。

建て替えても周囲は空き家に

地方 老後 ライフプラン 建て替え 賃貸

一方で近くに新築の分譲団地は次々に作られています。高くても新築が好まれるので、たとえ更地であっても、古くなった団地には買い手がつきません。

空き家となっても、誰かが住んでくれればいいのですが、要は人口に比べて、住宅が多すぎる、住宅の過剰共有が空き家を増やしているのです。

この団地にそのまま建て替えをしたとしても、両隣が空き家となれば、資産価値の低下は目に見えています。

相続した土地が売れなければ代々所有することに

地方 老後 ライフプラン 建て替え 賃貸

 

固定資産税が更地にして年20万円位、維持費合わせて数十万円を息子に生涯負担することになります。

夫本人が買った土地ならともかく、祖父母の土地を孫に負わせるのはとてもできないということになりました。

逆に両親名義の土地なので、手離すことそれ自体はそう問題なく行えるとは思います。

けれども、そう話したあとで、二人ともとてもさびしい気持ちになりました。

慣れ親しんだこの土地にも住めないのか、楽しみにしていた新しい家もあきらめざるを得ないのだろうか。

賃貸なら売却と相続の心配がない

地方 老後 ライフプラン 建て替え 賃貸

賃貸物件ならば、土地が売れないとか、相続の心配は一切ないことになります。

夫婦二人とも賃貸を利用した経験がないので、そのための不安はありますが、賃貸の場合は、息子の住まいに近いところに住めるという良いこともあります。

さらに考えてみれば、築30年を越える家よりは、きれいな住まいが借りられます。

なのでいろいろな地域を見た上で、好みに合ったところを探そうと前向きな気持ちになりました。

高齢者でも賃貸は借りられる

これまでは、高齢者は賃貸が借りられないといわれていましたが、高齢化社会で改善されるといわれるようになりました。

貸す方も借りる方も高齢者であり、若い人に貸したくても借り手がいなくなれば、必然的に高齢者もターゲットんいせざるを得ないからです。

高齢者向けの賃貸サイトも

そのため、高齢者向けの賃貸物件というのもできています。

不動産・住宅情報サイト「LIFULLHomes(ライフルホームズ)」は、賃貸物件の検索サイトに「シニア・高齢者歓迎の物件」というのがあり、全国で2.2万件の物件の登録があるそうです。

高齢者の増加も間違いないところなので、そのような物件が年々増えていくことも予想されます。

逆に高齢だから契約できないとか、住む家がなくなる心配は逆になさそうです。

そして、そのためには、相続予定の土地と家を、できるだけ高く売ること、それが新しい住まいのためにできるいちばんの準備となるでしょう。

今住んでいる家と、両親所有の空き家をできるだけ高く売って、賃貸を含めて良いところに住み替える、という方向で、夫とのライフプランが定まりつつあります。

ad

ad

-住み替え
-

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.