住み替え

UR住宅の選択肢 公団でもお洒落 無印良品との提携リノベーションも

更新日:

夫の父が亡くなって、父の名義のままの家に住んでいる私たちも、住み替え先を探している最中です。

夫はUR住宅というのを候補に挙げていますが、私は初めて聞く言葉です。

UR住宅とは何か、 そしてUR住宅に住むメリットとは何かをまとめてみます。

スポンサーリンク

ad

UR住宅とは?

UR住宅とは正式には「独立行政法人都市再生機構」の所有する賃貸住宅で全国に75万戸もあります。
中所得者層から高所得者向けの住宅で、入居条件には収入の下限があるので、収入が低いと入れません。

UR住宅のメリット

夫が魅力を感じているのは次のような点です。

初期費用がない

礼金や更新料、保証人、保証料、仲介手数料が不要というのが、一番の利点だそうです。

また、退去時の敷金含め清算方法も明確になっています。マニュアルがきちんとできているので、退去の際もトラブルなしです。

住宅の質が高い

そして民間に比べると、値段の割に住宅の質が高い。同時に耐震性が高いのも特徴です。

管理等も行き届いており、設備に不具合があると当日に対応があるなど、対応がの早さが普通に見込めるとのことです。

設備も良い

設備は最初からそろっているものが、他に比べて格段に整っており、読むと驚くくらいです。
床暖房やテレビモニターつきインターホン、キッチンの戸棚の扉の地震対策、追い炊き機能つき浴室、シャンプードレッサー、ビルトイン3口コンロ、オートロックや防犯カメラなどまで、至れり尽くせりの感じです。
なので、入居時には、あれこれ物品を用意する必要がありません。カーテンや家具などがあれば即暮らせそうです。

インテリア性が高い

UR住宅は全国に数が多いので、すべてではありませんが、該当のものはインテリア性に優れ、無印良品と提携しているところも出てきています。

簡単なリノベができるところもあり、壁が穴開きボードだったりの工夫があり、住まいにこだわりのある人でも満足できそうです。

子育て中の優遇制度も

優遇制度も充実しており、子育て世帯や新婚世帯、所得により家賃が最大9年間20%引きの「子育て割」。
他にも18歳未満のお子様を扶養、もしくは妊娠中なら、家賃が割引される「そのママ割」というのもあり、条件に合えばかなりお得なので、子育て中の方は利用した方がいいと思います。

環境が良い

日本全国にありますから、すべてではないとは思いますが、私の思うUR住宅の良さに、周辺環境が良いということがあります。建物の周囲の敷地がひじょうに広く、公園のように整備されている。そして当然のように緑が多く窓からの眺めがよい。
東京都内においても、そういう部屋が多いのです。

地方に住んでいますと特に、窓からの眺めがよいところ、緑の多いところに住みたいという、部屋だけ、立地だけに限らない環境の良さも大切です。どんなに便利でもいきなり都会的に殺風景では住みづらい。

UR住宅はその点も、好みに合うところも多く見つけられそうです。

 

UR住宅のデメリット

どのような住まいでも100%安心というわけではありません。UR住宅にもデメリットはあります。

家賃が安ければいいが

法人の経営なのは安心ですが、賃貸料、家賃はそれほど安いというわけではありません。

ワンルームはなく30平方メートル2LDK以上が標準でもあり、民間を圧迫しないように設定されているということです。

また、家賃の見直しは3年に1度とされていますが、値上げされるのは1割程度だそうで、民間に比べると値上げは少ないです。

立地がそれほど良くない

それぞれの物件に拠りますが、ざっと見たところ、公団住宅で家賃の設定もあるためか、駅に近いところではありません。
駅から徒歩10分以上のところが多いようです。

リニューアルの状態は様々

リニューアルされているものは、ほぼ新築同然ですが、すべてがそうだというわけではないのです。

エレベーターがないところや、ガスコンロも自分で用意するところもあります。また、建物自体が古いと、構造が古い物件に当然予想される問題もあります。

なかなか空きがない

新築ではないため、なかなか空きがないのも結構大変なので、急な引っ越しなどの時は希望のところに見つけるのが、あまり期待できないようです。

地域によるとも思うので、まずは「URの最寄りの営業センター」か、取り扱っている不動産会社を探して問い合わせをしてみましょう。

UR賃貸住宅公式ページ

 

UR住宅を紹介するサイト

UR住宅を掃海するサイトのご紹介です。

無印良品と提携リノベーション

http://suumo.jp/journal/

SUUMOジャーナルより

こちらは無印と提携したUR賃貸住宅のリノベーションの例です。古い間取と柱は残っていますが、見事な「無印空間」に仕上がっています。

空きがあれば申し込みたいですが、大阪なので残念です。

築50年 MUJI×URリノベーション団地の住み心地は? 3人のホンネ

 

レトロな街並みが残る花畑団地

http://suumo.jp/journal/

SUUMOジャーナルより

もう一つが東京と足立区の花畑団地。27号棟の1棟を丸ごと全部リノベーションによって再生させたというすぐれものです。
この団地は周りの景観も素敵ですね。

やはり人気であるのは間違いなく、今のところ空きはないようです。

築48年、UR花畑団地で1棟丸ごとリノベーションを実施!

 

まとめ

数が多く、家賃も質もピンキリのなので、根気よく探したいと思います。先着順なので、競争というより早い者勝ち。
ネットをチェックするほか、UR住宅を扱う不動産屋に依頼しておくと、漏れがなさそうです。要はタイミングが良ければ、そこから先は苦労はなさそうなので、これからも引き続きチェックをしていきます。

ad

ad

-住み替え

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.