住み替え 地価とニュース

団地のリノベーションの費用を格安に!URのセルフリノベもあり

投稿日:

団地のリノベーション数年、前からよく聞かれるようになりましたが、とても団地とは思えないようなお洒落な住まいに生まれ変わったものに目を惹かれます。

賃貸でリノベするのかなと思ったら、分譲で購入して格安でリノベーションできるパックがあるんだそうですよ。

団地のリノベーションについてまとめます。

団地のリノベーション

https://www.kensetsunews.com/web-kan/45006

団地のリノベーションについて、初めて読んだのは、数年前のクロワッサン誌。

千葉県の稲毛団地というところで、セルフリノベーションが可能という賃貸の団地を見つけたのが始まりです。

団地というのは間取がそもそも狭いものが多いのですが、そこへ、キッチンの他2部屋を壁を取り払って、キッチンをアイランドキッチンにするという間取り。

そこを自分で自由にリノベーションしていいですよというものでした。

いいなあ、やってみたいなあと思ったのですが、上記の稲毛団地の場合は、家賃が結構高かったんですね。

たぶん、その時見た限りで7万円台くらいだったと思います。

環境はいいと言えばいいのですが、そこそこ田舎の古い団地の割には、家賃が高めなので、そのくらいなら、リノベしなくても、普通の賃貸でもいいかなあという感じですね。

無印とURのコラボの団地リノベーションも

他にも、無印とURのコラボも良かったので、ずっと探していたのですが、これが限られた地域の限られた部屋しかないんですね。

このオープンの対面式キッチンの壁をなくしたワンルーム風の間取は、私には大変好みのものだったので、何とか同じような部屋がないか探していたら、見つかりました!

しかも、賃貸ではなくて、分譲の団地を安く買い、リノベーションをプロにしてもらうという格安のサービスなんです。

 

団地のリノベーションの費用

その際の団地の部屋の購入と、リノベーションの費用はというと、なんと、団地そのものを500万円以下で買い、リノベーションの基本費用がこれも450万円あれば、一番最初のプランはできるというものなのです。

つまり、そうなると月々の家賃は不要です。

そして、そのくらいの価格であれば、ローンを組まなくても支払いが可能ではないでしょうか。

毎月返済をしなくてもいい、しても低価格に抑えられるというのは魅力的ですよね。

団地の部屋をワンルームにリノベーションしたい!

すごく魅力だなあと思ったのは、団地の細切れの間取の壁がかなり取り除けるということ。

これは、戸建てのリフォームの場合は無理なことが多いのですが、団地ならいわゆる通し柱などというものがないので、案外フレキシブルにできるらしいんですね。

そうなると、部屋の広さが半端ない。えっ、これが団地? という感じになります。

それが下のモデル写真です。

これで眺めの良い部屋なら、そこそこ高級マンションっぽい感じの部屋に仕上がっていますよね。

もっと庶民的な部屋でいいよというのなら、9万円/㎡/で可能なのだそうです。

すなわち、50㎡の部屋なら、450万円ということですね。

床材やカラーは選べるそうなので、基本の価格でも好みの部屋は十分作れそうです。

リモートワークのホームオフィスとしても

家族で住むのは勿論ですが、今おすすめしたいのは、やはりリモートワークのプライベートオフィスとしての利用ですね。

価格が安いのでセカンドハウスとしての利用も可能!

こちらのサービスを行っているのは、「団地スタイル」です。

上にあげた以上に、さまざまなリフォーム、リノベーションの例があります。

物件探しからリノベーションまでのセットですので、まずは、好みのエリアの団地を選ぶところから始めてみてくださいね。

団地スタイルシンプルリノベーション

ad

ad

-住み替え, 地価とニュース
-

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.