シェアハウス投資

スルガ銀行シェアハウスなど融資の条件にフリーローン1千万 7%の高金利を嘘の使途目的で申請

投稿日:

スマートデイズ社運営の女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」が発端で、不正な融資の責任を問われているスルガ銀行、第三委員会の調査の続報です。

かねてより問題になっていた、融資契約の際のフリーローンについてです。

スポンサーリンク

ad

フリーローンが融資の条件

スルガ銀行では、シェアハウスなど投資物件の購入資金として融資を申請した場合、それらの融資を行う条件に、フリーローンを同時に契約することが条件となっていました。

行員らが、融資の実績を上げるための『抱き合わせ』のローンであり、行内審査を通しやすくするためウソの使途まで申告させていたとみられています。

投資者オーナーにしてみれば、全く必要のない借金まで負わされることになってしまいました。

フリーローンの金額は

シェアハウス投資では、オーナーとなる会社員らが投資のために借りた金額が、1棟あたり1億円前後。

それに対して、フリーローンの方は、500万~1千万円。

金利は年利7%台とひじょうに高いもので、期間は当初の報道では2年とされたのが多く、オーナーは投資物件のローンの他に、これらのフリーローンの返済もしなければならなくなったという負担の大きいものでした。

関連記事:
シェアハウス賃料不払いトラブル 1億円を融資したスルガ銀行の役割とフリーローンの条件とは

ローンの名目は「ウソ」のもの

そもそもオーナー当人の必要のないものなので、申込書にはお金を借りる目的に、ウソの項目が書かれました。

「金融商品購入」あるいは「介護資金」、「子育て費用」「ペットの」というようなものまであったとされています。

ガヤルド社の例では、オーナーはペットも買っておらず、子どももいなかったということで、オーナーは、目的が偽造されているとはまったく知らず、取材の際に、その記載箇所を示されて、はじめて気が付いたという例もあります。

関連記事:
ガヤルド事件 数億円を持ち逃げした社長の計画倒産 被害者と販売会社 ガヤルド従業員インタビュー

スルガ銀行員LINEでねつ造を指示

これには、以前スルガ銀行員が送ったとされる一部LINEの内容が明らかになっています。

フリーローンの使途を「介護資金」としたため、オーナーの祖母と、両親の情報を求めるというものです。

XXさま
フリーローンの使い道について、ご協力いただきたいことがありますので、ご確認お願いします。
表向きに、介護資金がかかっているというていで、お祖母様、ご両親様の生年月日を事前に教えていただきたいです。
また29日にお祖母さまとご両親様の住民票をご用意いただきたいです。

ご対応の程よろしくお願いいたします。

関連記事:
スルガ銀行員は監視逃れLINEでフリーローン指示 返済協議対応「シェアハウス等顧客対応室」設置

スルガ銀の川崎支店の融資

フリーローンは資金使途が自由だが、銀行の審査部門が適切な融資かを判断する目的で、顧客にお金の使い道を申告させます。

そのため行員は審査で融資に問題がないように装うため、目的をねつ造して、ウソの申告をさせるということになったのです。

さらに、借りた資金の一部は行員の指示で低金利の定期預金に預けさせられることが多かったといいます。

当然それも、行員の業績に加えられることになりますが、オーナーの負担が増える結果となってしまいました。

いずれもスルガ銀の川崎支店の融資で、スルガ銀は取材に「現段階ではコメントできません」と回答しているということです。

ad

ad

-シェアハウス投資
-,

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.