シェアハウス投資 スルガ銀行

スルガ銀不正に金融庁の遠藤長官インタビュー・スルガ銀公表の内部調査結果

投稿日:

女性専用シェアハウスかぼちゃの馬車をめぐるスルガ銀行の不正融資問題について、金融庁の遠藤俊英長官が朝日新聞のインタビューに答えました。

朝日新聞記事より、インタビューを転載します。

スポンサーリンク

ad

スルガ銀不正、事前情報いかせず

金融庁の遠藤俊英長官(59)は9日の朝日新聞のインタビューで、シェアハウス融資などで多数の不正が発覚して一部業務停止命令を出したスルガ銀行(静岡県沼津市)について、「(不正の)端緒を次のステップに結びつけられなかった」とし、「今回の事案を真摯(しんし)に受け止めて、反省すべきを反省する」と語った。

今後は内部告発などの情報を詳しく調べるなど、検査の体制を見直す。

遠藤氏は7月に就任

遠藤氏は7月に監督局長から長官に就任した。

スルガ銀の不正について、「創業家に評価されることを一つの目標にして経営が暴走した。適切な経営判断や企業統治(ガバナンス)が機能しなかった」と指摘した。

スルガ銀のシェアハウス融資をめぐる不正は今年初めに発覚した。ただ金融庁には不正に関する情報やシェアハウスを巡る苦情がそれ以前から寄せられていたという。

「情報をなぜ結びつけられなかったのか」

「『点』だった情報を『線』でなぜ結びつけられなかったのか精査しないといけない」とし、「何が金融庁に欠けていたのか、スルガ銀がこれほどひどい状況になる前にどうすれば対応できたのか、改めて体制を構築する。

第三者の目で取締役会の議論を確認し、経営者の目指す理念や戦略が営業の現場で生かされているかも検証していく」と語った。

以上が朝日新聞の、金融庁長官のインタビュー記事内容です。

***
以下に参考資料としてスルガ銀行の内部調査の結果をあげておきます。

不正の件数、抱き合わせ販売の件数、創業家への融資及び資金の流出の金額、また、反社会勢力との取引の件数等が記されています。

なお、この資料はスルガ銀行のHPで、行政処分の内容と共に誰でも見ることができます。

スルガ銀内部調査結果

(1)シェアハウスおよび投資用不動産融資に係る書類の改ざんへの関与・黙認等
①レントロールの改ざん 131件
②自己資金の改ざん 1,101件
③収入の改ざん 89件
④二重契約等 225件

(2)銀行法第13条の3第3号(抱き合わせ販売の禁止)違反 534件
(3)銀行法第52条の36第1項(銀行代理業の許可制)違反又はそのおそれのある不
動産業者の数 88社
(4)創業家ファミリー企業への融資総額
①創業家ファミリー企業への融資総額 488億円
②創業家ファミリー企業から創業家個人への融資総額 69億円

(5)反社会的勢力との取引排除の取り組み関する問題点
①反社会的勢力として取り扱っている顧客との間で新規に口座開設している件数
46件
②カードローンの新規取引開始時には反社会的勢力と認定されなかったものの、
その後新たに反社会的勢力として取り扱うようになった先について、既契約の
カードローン枠内のカードローン残高増加を許容した件数 22件

(6)犯罪による収益の移転防止に関する法律第4条第1項(取引時確認等)違反
①法人の実質的支配者情報を確認しないまま特定取引を実行している件数 18件

以上

ad

ad

-シェアハウス投資, スルガ銀行

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.