レオパレス

レオパレス被害に相談窓口「欠陥住宅東北ネット」損害賠償請求も

投稿日:

賃貸アパート大手のレオパレス21に、界壁の未設置他施工不良が見つかった件で、東北地方の方に朗報です。

欠陥住宅に取り組む団体が相談窓口を開設、今後、損害賠償請求も視野に入れて活動を開始するというニュースです。

スポンサーリンク

ad

レオパレス被害に「欠陥住宅」被害団体が相談窓口解説

賃貸アパート大手のレオパレス21の建設したアパート1324棟に外壁や居室間の界壁、天井の材質などが耐火や遮音性能に欠陥が見つかり、7000人以上の入居者が、補修のための転居を要請されている問題で、欠陥住宅問題に取り組む弁護士や建築士らでつくる団体が、相談窓口を開設することを決めました。

対応する団体は「欠陥住宅被害全国連絡協議会東北ネット」というところです。

対象は、東北地方の6県。

24日から電話相談、26日は被害者の説明会を、それぞれ実施するとのことです。

レオパレス施工不良の電話相談 24日

「110番窓口」

日時:24日 午前10時~午後4時
電話:「つばさ法律事務所」(022・213・8491)

 

レオパレス被害者説明会

日時:26日 午後6時から

場所:仙台市青葉区の仙台弁護士会館

相談と説明会、対応の内容

電話相談である「110番」や説明会などを通じて被害実態を独自調査。

相談内容を集計した上で、レオパレス21への損害賠償請求訴訟など、法的措置も検討するということです。

さらには、施工の管理・監督を怠ったとして国土交通省の責任も追及と伝えられています。

「欠陥住宅被害全国連絡協議会東北ネット」とは

欠陥住宅被害の救済と予防を目的として結成された、弁護士や建築士、研究者、市民による幅広いネットワークを目指す団体ということです。

欠陥住宅ネット公式ページ

http://www.kekkan.net/

東北地方のレオパレス施工不良の被害状況

宮城県内 9棟 (内2棟が転居要請対象物件)
福島県 7棟
山形県 1棟

 

東北ネット幹事の斎藤拓生弁護士(仙台弁護士会)は

「発表された物件以外でも同様のケースが無いとは言い切れない。「建物の安全性は目に見えないところが重要。心配なことがあれば気軽に電話してほしい」

と呼び掛けています。

たくさんの方が参加することで、調査が進むと思われます。

また、今回は東北エリアだけですが、同団体は、他の地域とのネットワークがあり、全国を網羅しているため、今後他の地域でも、同様の活動が開始することが期待されます。

被害者の方々には朗報だと思います。相談できるところがあるとわかれば心強いに違いありません。どうぞご相談ください。

ad

ad

-レオパレス

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.