スルガ銀行

新生銀行の株価が急落 米投資ファンドが保有株売却で

投稿日:

新生銀行の株価が急落しました。前日8日に、筆頭株主の米投資ファンド「JCフラワーズ」が保有株の大半を売却すると発表。

株式需給の悪化を警戒した売りがかさんだ模様です。

スポンサーリンク

ad

新生銀行の下部を米ファンドが売却

新生銀行は8日、筆頭株主の米系投資ファンド「JCフラワーズ」が保有株の大半を売却すると発表しました。

JCフラワーズは破綻した旧日本長期信用銀行の受け皿となり、約20年にわたり新生銀の株式を保有してきました。

JCフラワーズは、新生銀の前身である日本長期信用銀行が1998年に経営破たんし一時国有化された後、米投資会社の旧リップルウッド・ホールディングスなどとともに買収資金を拠出。

以後約20年にわたり筆頭株主として同行株式を保有してきました。

なお、フラワーズ氏は株式売却後に同行取締役を辞任する意向ということです。

新生銀株の売却理由は?

売却理由は公表していないということですが、日経新聞は

新生銀の再建や成長に見切りを付けた可能性がある。

時事ドットコムでは

一定の成果が出たと判断した。

JPモルガン証券の西原里江アナリストは

ファンダメンタルズの上昇局面であれば株式売却の影響を抑えられると考え、イグジットに踏み切ったのではないか

と、推測しています。

政府が筆頭株主に

売却後は政府が筆頭株主となる見通しです。

新生銀は公的資金を返済するメドがつかない状態で、いまだ再建途上です。

 

新生銀行の株価は急落

新生銀行の株価はニュースを受けて11%急落しました。

「大規模市場売り出しは想定外でネガティブ」(佐藤雅彦アナリスト)という通り、最大で発行済み株式数の17.61%に相当する約4562万株を国内外で売り出すとあって、株式需給の悪化を警戒した売りがかさんだ模様です。

総額は708億 価格は20日以降に決定

新生銀行は8日、社外取締役のJ・クリストファー・フラワーズ氏や、同氏が代表を務める新生銀筆頭株主のファンドなどが保有する普通株式の大半を国内外の投資家を対象に売り出すと発表。

国内外で発行済み株式総数の約17%に相当する4353万5000株で、総額でおよそ708億円になるということです。

正確な売り出し価格は8月20~23日の期間に決まるとのことです。

国内外の内訳は、国内分が約1388万株、海外分が約2965万株。

新生銀行の株式売却に関する本日のニュースは以上です。

ad

ad

-スルガ銀行
-

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.