空き家

隣の木の枝は勝手に伐採できない?「迷惑な空き家」の庭木 朝日新聞「声」欄

投稿日:

こんにちは、ななみです。

今日の朝日新聞「声」欄には、空き家の庭木についての「迷惑な空き家、所有者が責任を」という隣人の投書がありました。

庭木の管理は空き家の所有者にとっても、頭の痛いことで、どちらにしても他人事ではありませんね。

庭木の管理について、再度考えてみます。

スポンサーリンク

ad

投書の内容「迷惑な空き家」

投書された方は、70世男性、栃木県にお住まいです。

今のお宅に引っ越して10年目、最初は良かったが、隣が空き家。

今は庭木が伸びてしまい、枝が自分の敷地の方に伸びてきているので困っているとの内容です。

庭木の状況

「私が今の所に引っ越した10年前、隣家は空き家でしたが、庭木はまだ低く風通しも良かったのです。ところが、数年たち、枝が我が家のほうに越境してきました。枝を勝手に切ることもできません。」

これまでに隣家がしたことは、

・市役所に連絡→「連絡はしているが返事が無い」とのこと
・家の持ち主は年1回は来るが何もしない

ということのようです。

越境した木は切れない?

隣家の主は「数年たち、枝が我が家のほうに越境してきました。枝を勝手に切ることもできません。」と述べて居ますが、このような場合は、切ってはいけないのかどうか。

調べてみましたら、民法には次のようにあります。

(竹木の枝の切除及び根の切取り)

第233条

隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。

隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。

そして、法律でこうなっている以上は、たとえ、隣の敷地にはみ出したものとはいえ、それを勝手に切り取ることはできないとのこと。

もし勝手に伐採してしまえば、それは違法行為として、民事上・刑事上の責任を負わされてしまう可能性があるということです。

なので、面倒であっても、相手に切ってもらえるように言う、または伝えてもらうなどして、所有者自身に切ってもらうというのが、正しい手順になります。

依頼しても切ってもらえない場合は

もし、枝を切ってもらいたいという要望を伝えても、何もしてもらえないという時は、「こちらで切ってもいいですか」という許可を得るという方法が良さそうです。

手間も費用負担もこちらで持つということなら、反対する可能性は低そうです。

そうは言っても、なぜ隣の庭の木を自分で切らなくてはならないのか、あるいは、それに金銭的な負担を負わなくてはならないのかということは、誰しもが感じることでしょう。

他の手立てとしては、塀を高くするということも考えられますが、それも費用や日照の問題もあり、良い方法とも言えません。

あとは、調停や民事訴訟ということになりそうですが、難しいのは隣であるということなので、後々のトラブルも心配です。

なかなかそのような手段を取る人は少ないです。それができるくらいなら、新聞に投稿には至らないと思われます。

行政代執行はある?

当初の最後は「市町村が、適切な管理がなされていない空き家の所有者に撤去を命令できる空き家対策特措法も3年前、施行されました。持ち主と行政の良心に期待し、我慢するしかありません。」と結ばれており、空き家特措法の適用が期待されているようです。

しかし、空き家に関する行政代執行というのは、やはり、被害が広範囲であり、多数への危険が予測されること、そうなるには、建物の損壊の程度がかなり著しいものではなくてはなりません。

普通に建っている家で、壁が崩れているなどという状態でなければ、容易に代執行ということにもならないでしょう。

関連記事:
行政代執行を受けた空きビル 外壁のみ2500万請求 水戸市

ゴミ屋敷の行政代執行の通告例

東京新聞 http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201808/CK2018081102000137.html

いわゆるゴミ屋敷の「ゴミ」の撤去に関する行政代執行は、8月11日に横須賀市の例で、市が所有者にその通告を行ったということが報道されました。

「近隣住民から悪臭などの苦情が寄せられるようになったのは三年前の七月。市は約九十回にわたり対応を促してきた」

ということで、長期にわたり、隣の1軒だけではなく被害が複数で大きい場合は、このような措置が取られるということがわかった例です。

ただ、この場合の「ごみ」は庭に転がっているというようなものではなくて、車の屋根を越えるような高さにまで積み上がっています。

さらに、害虫やねずみの害もあるという程度のもののようで、逆にここまでにならないと代執行の適用にならないという例として見ることもできるでしょう。

関連記事:
空き屋の管理にしなければならないこととその費用の試算

もっとも大きな被害は

もし、隣が空き家であって、環境を損なうというような場合の最も大きな被害はというと、そこに接する土地は、売却しようとする時には、買い手がつかないということになってしまいます。

仮に敷地が接していなくても、ゴミの悪臭がするようなところを買いたいと思う人は誰も居ません。

増える空き家管理の問題

これから、空き家のこうした問題はますます増えて行くことでしょう。

空き家の所収者に関していえば、苦情を避けたければ、庭木を含めて管理をする他はありませんが、庭木の伸びに通告や苦情が来るようになる前に、とにかく早めに売ることです。

近隣も視野に

さらに、自分のところは、自分でコントロールができますが、いつ、隣が空き家となって、環境が激変しないとは限りません。

近隣への手段がない以上、現状が保っていられる状態のうちに、つまり、それが価格を決めるわけですが、万が一、隣が木が伸び放題のゴミ屋敷となってからでは、売るに売れません。

そもそも、古い団地に中古住宅があるのに、その隣に新しい団地や新築の家が建つというのは、新築の家の美しさだけではなくて、周辺環境の良いところが好まれるためです。

自分の家だけでなく、周囲の環境を含めて、まだまだ住めるという見通しが付くうちに売るのが、もっとも手間も費用もかからずに済むでしょう。

住まない空き家の維持のためだけにお金がかかるという事態になるまえに、売却を検討してください。

あなたの空き家はどの程度?特別空き家に指定されてしまったら固定資産税はどうなる?空家特別措置法

ad

ad

-空き家

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.