積水ハウス事件

積水ハウス事件その後 地面師グループの各役目と驚くべき経歴

投稿日:

積水ハウスが地面師グループに架空の土地取引で、約55億円をだまし取られた事件、現在は11名が逮捕されたところです。このあとの逮捕予定者は10数名と言われていますが、しかし、地面師は多数のメンバーがいるグループとして行動するため、この事件に関わった人物は全部で50名にもなるそうです。

その筆頭は、カミンスカス操容疑者ですが、これまでに逮捕された、地面師の面々についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ad

カミンスカス操容疑者  地面師事件の実行犯

カミンスカス操容疑者は、当初、この事件の主犯格とも伝えられましたが、主導者は網走刑務所内に居るとされ、そこから指示を受けた実行犯とみられています。関係者によると「小物」ですが、今回の事件で7憶を受け取ったとされます。

カミンカス容疑者は生粋の日本人

カミンカス容疑者は、生粋の日本人であり、旧姓は「小山」。

現在の「カミンカス」の姓はリトアニアの名字であり、カミンカス容疑者の妻がリトアニア人。事件で「小山」の名が知られるようになり、逃亡の便宜などを考えて、その親と養子縁組などをして名前を変えたようです。他に結婚したフィリピン人の妻もおり、幼少の子どもがいるようです。現在、フィリピンに海外逃亡中ですが、それらの知人のところに潜伏している可能性も高いと言われています。

昨年夏、浅草とお台場のそれぞれに、億ションであるタワーマンションを購入していましたが、あるいはそれも妻が住んでいたものだったかもしれません。現在は妻たちは、国へ返し、マンションは逃亡前に性急に売却。逃亡資金としたようです。

フィリピンパブで2億円の豪遊

今年初めから、フィリピンパブやロシアパブでシャンパンやワインを次々に開けさせる大盤振る舞いを続けている様子がキャッチされており、1日50万円ほどを1年ほど続けて、総額で2億近くを使ったと言われています。

報道関係者が、パブでの写真を撮っていますが、夜中のパブ内で遊ぶ時でも、キャップとサングラスを外さない様子が写っています。地面師グループにおいては「財務担当役」ということですが、具体的にはどういうものかはわかりません。

カミンカス操容疑者の経歴

職歴は多く、元プラントメーカーに務め、海外勤務も長かったことから英語が堪能。その他、政治結社の構成員をしていたり、ゲーム会社の顧問をしたりしていました。また、国税関係に強く、国税局とのパイプ役として、大手の企業とも関係があり、そのためか、一時は年収5千万円とたいそう羽振りが良い生活ぶりだったそうです。不動産ブローカーもずっと続けていたようで、仲間内では地面師としても知られていました。

カミンカス容疑者の犯罪歴

カミンスカス容疑者は、2008年に1億5000万円の脱税での犯罪歴があります。不動産会社「ABCホーム.」元会長の逮捕に伴い、税務コンサルタントであったカミンカス容疑者が「新築マンションの在庫物件を買い取る際、取引会社数社が仲介しているよう装い、架空の仲介手数料を計上するなどの手口で2年間で、約5億1800万円の法人所得を隠し、法人税約1億5500万円を免れた」というものです。これには実刑判決が下りました。

積水ハウス事件での役割

土地の所有者と、不動産会社の仲介である不動産業者を装ったのはほぼ間違いないようです。現在は国際手配中なので逮捕されれば、事件の全貌がわかるかもしれません。

積水ハウス地面師事件 逃亡中カミンスカス容疑者はどんな詐欺師か

羽毛田正美容疑者(63) 土地所有者のなりすまし役

羽毛田正美容疑者は、手配役の秋葉紘子容疑者(74)によって、土地所有者にスカウトされました。一つには土地所有者は、行為礼者の旅館の女将で、年代が近かったためでしょう。

ただし、なりすまし役としてはお粗末で、教えられた干支を間違えたり、住所が書けなかったり、果てはゴールデンウィークの過ごし方を聞かれて、「田舎」と失言をしたりするなど、カミンスカス容疑者のフォローで何とかバレずに済んだようなレベルだったようです。

本来の職業は、保険外交官でしたが、数年前にそれを辞めてからは、お金に困っており、土日も仕事をかけもちして働きづめだったそうです。

自宅は、テレビに映ったところでは、一戸建ての良い家でしたが、東京・足立区の3階建ての借家。夫と離婚後、10年前から住んでいました。子どもは多く、4人~5人と目撃されています。

本人は、今回の事件の動機について、「当時、高校生だった娘が病気になり、将来が不安だった」と供述しているということですが、詐欺に関わったのは今回が初めてではないともいわれており、余罪の追及がされそうです。

北田文明容疑者 世田谷5億事件の主犯

北田文明容疑者は(58)佐々木利勝容疑者(59)に命じて10億円以上の現金を引き出させたということです。また、積水ハウスが振り込む詐取金を分散させる口座の準備もしたとされており、偽造有印私文書行使というもので逮捕されました。

世田谷5億円事件内容

一方、北田被告は15年、所有者から購入できる見込みがないというのに、不動産会社に『代金を払えば世田谷区の土地と建物の所有権を取得できる』と架空の取引を持ち掛け、4億9500万円をだまし取り、昨年12月、仲間3人と共に逮捕されています。今回の逮捕はその公判中でした。

上記の佐々木容疑者も、同様に港区西麻布に土地を所有する女性資産家の偽の印鑑登録証明書などを使い、1億円で無断で売却し、03年に逮捕されています。いずれも「地面師」らによる事件です。

秋葉紘子容疑者 過去になりすまし役

12億6000万円を騙し取ったとされるアパホテル事件でも、秋葉容疑者は所有者の87歳と84歳の「鈴木兄弟」のなりすまし役を手配。

また、所有者の60歳の女性が白骨死体で発見された新橋の事件では、秋葉容疑者自身が所有者の女性に成りすまし、自身の写真を貼り付けた偽造パスポートを所持していました。

しかし、秋葉紘子容疑者は74歳。機敏さを要求されるだろう詐欺業界に、そのような高齢になって関わっていた理由は何だったのでしょうか。

関連記事:
積水ハウス地面師主導はアパホテル事件で逮捕された男が収監中に指示

生田剛容疑者  仲介役はアパレル業界で年商30億

生田容疑者は今回の事件でや大きな役割を担っていました。生田容疑者がいなければ、積水ハウスへの売却話は成り立たなかったかもしれません。生田容疑者には積水ハウスの社員に知り合いがいたため、そのパイプ役として地面師グループに引き入れられました。

その他にも、偽の所有者が土地をいったん売ったことになっている土地をさらに積水ハウスに売るという、その間に入る会社の生田ホールディングスという会社の会長でした。

セレブのパーティーで積水ハウス側と知り合う

積水ハウスの社員と生田容疑者が知り合ったのは、セレブのパーティーでした。というのも、生田ホールディングスは以前は自社ブランドを持っている、年商30億とも言われるアパレル会社で、生田容疑者はその経営者でした。杏、土屋アンナ、前田典子や、安田美沙子なども登場するイベントの様子などもYouTubeで見ることができます。

地面師グループとそれ以上どのような関りがあったのかはまだわかりません。

近藤久美はフジテレビアシスタントプロデューサー

また、同居をしていた、近藤久美容疑者は、フジテレビの美容バラエティ番組『B.C.ビューティー・コロシアム』芸能人のキャスティングの仕事をしていた「アシスタントプロデューサー」でしたが、生田ホールディングスの社長を務めており、生田と同じ容疑で逮捕されています。

永田浩資容疑者(54)網走刑務所内の主導者との連絡役

積水ハウスの地面師事件では、そもそも主導者は、これまで多数の地面師事件に画策して関わってきたとされる刑務所内にいる男とされていますが、その収監中の地面師の黒幕の指示をカミンスカス容疑者他に伝え、実行に移す役割をしたのが、永田容疑者です。

関連記事:
地面師主犯は網走刑務所からカミンスカスに指示、積水ハウスから55億円を騙す

永田の犯罪歴

また、永田容疑者は、アパホテルから12億5000万円を詐取した事件にも関わっており、それ以前にもm偽造運転免許証を使って1億Ⅰ000万円を不動産会社からだまし取ったとして逮捕されています。積水ハウスの事件が初めてではありませんで、これまでもグループの一員として詐欺を働いてきた可能性もあります。

積水ハウス事件だけでも50名の地面師

現在逮捕されたのが11名、そして、さらに10数名に逮捕状が出ており、カミンスカス操容疑者は国際手配がなされています。しかし、地面師グループに関わった人数は、実はそれどころでなく、その他にも偽造の作業などをした、「にんべん」と呼ばれる、いわば地面師の技術屋たちもいるはずで、それらをあわせると、総勢50名くらいにはなると言われています。

立件も難しいと言われる地面師たちの犯罪、未だ不明の30億円の行方と合わせて、何とか警察につきとめていってほしいものです。

 

ad

ad

-積水ハウス事件
-

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.