住み替え

ユニテハウスのデメリット 施工費にオプションも!防音や断熱性は?

更新日:

ユニテハウスは1100万で建てられるローコスト住宅、何と言っても低価格で家が建てられるというところが一番の魅力ですが、ローコスト住宅ならではのデメリットはないのかも心配になるところです。

この記事ではユニテハウスのデメリットについて調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

ad

ユニテハウスのデメリット

https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/index.html

住宅情報サイトの掲示板に記載されたユニテハウス関連の投稿より、「デメリット」に限って調べました。

ユニテハウスで建てて、問題がある人ばかりではなく好意的な投稿ももちろんあります。

また、会社のスタッフの対応などは、フランチャイズの加盟店それぞれ個別の問題なので、あくまで家の建物に関するデメリットです。

山形の会社、クリエイト礼文については、2009年頃からの投稿がありましたが、古いものは避けて2017年以降の投稿に限って調べています。

投稿の出典は以下
https://www.e-mansion.co.jp
https://www.e-kodate.com

壁に隙間が空いている等の施工不良

天井と壁に隙間が空いている。2、3年で、落ち着くと言われタが改善しない。冬が寒すぎる。断熱材が効いてるのかが不安。床鳴りもする。―ユニテハウス建設後5年経過

 

サッシの隙間は窓が大きいとどちらかに隙間が出る  2017/12

 

サッシに隙間があり、小さな虫が侵入。半年で天井と壁のクロスの境が割れてきました。一年ちょっとで床鳴り。エアコンを取り付けてもらう時、電気工事に柱に不備を指摘された。 2017/02

 

引き渡し後にすぐパーティションが床に当たって開けられない。2017/9月

これらの施工不良については、5年間は修理をしてくれるとのことです

ただし、なかなか順番が回ってこず、1年後になったという記載がありました。

施工費について

色々オプションなど勧められ高くなり他で建ててもあまり値段は変わらなかったような感じ。

 

付帯工事オプション工事 など別にかかってくる費用も多い 2017年2月

 

1100万円と安く感じるが、建物本体価格で付帯工事費が加算。モデルプランは部屋の仕切りを全て取り払われているフリースペースなので、間取りを変更するにも
別途追加費用が発生。 2017年2月

 

安さでおびき寄せオプションてんこ盛り 2018/11

ユニテハウスの基本間取

間取は、二階は基本仕様は部屋割がなされていませんので、部屋を作って仕切りを入れるとなるとオプションとなるらしく、どうしてもその分の費用が加算されるようです。

床が傷つきやすい

麦茶の入れ物を落としたら床が簡単に剥げた --ユニテハウスで建てて2ヵ月

 

床がとんでもなく傷付きやすいのですが、皆さんどうしてるんでしょう? 2018/2月

防音

https://unitehouse.jp/

近隣の家から階段をかけ上がる音が丸聞こえになっている  2018/11月

 

二階の足音は下までまる聞こえ、1階の音がうるさくて二階で勉強は出来ない 18/3月

断熱性について

戸建てなので断熱はマンションより悪いためか、電気代は高い 19/05

 

夏は壁が暑く、冬は冷たいです。 17/09

ちなみに、山形県の寒い地方のコメントです。

外壁について

https://unitehouse.jp/

外壁の色合いは街並みにとけ込んでおらず違和感があり 2017/10月

建物のデザインについて

飽きがこないシンプルデザインだといわれたが、シンプルすぎてすぐに飽きがくる。

 

住むと単なるプレハブという印象 面白味がない 2017/09

 

窓などその他の仕様

室内が暗い。窓が小さい(採光が少ない)、雨が室内に入り込む 19/13

 

軒がないから雨の心配がある

 

トイレが狭い。収納がない。 19/07

モデルハウスを見ると、最高は十分なので、窓については、大きさはオプションで最初に指定できるのではないかと思います。

土地の割り振り

土地の割り方がむちゃくちゃで。分譲地いっぱいに建てるので、影になってしまう家や、道路からは全く見えない家や、物置の一つも置けない家がある 17/11

 

以上ユニテハウスの評判から、「デメリット」だけをあげてみました。

家の新築は慎重に

個人的におもうには、ローコスト住宅にはそれなりの「デメリット」もあると思います。

建築費を抑えるために使いにくくなった部分については、自分でメンテナンスしたり工夫をしたりで防げることもあります。

どうしても譲れない部分については、やや高価でもオプションで事前に指定する他はありません。そのためには、家の構造などについて、下調べや知識も必要です。

また、デメリットばかりでなく、ユニテハウスで良かったという人も居ないわけではありません。

家づくりには”苦労”も

私の知人には、家を建てる際に、毎日のように現場に見に行ったという人がいました。

ユニテハウスだけではなく、他のメーカーの住宅についても言えることだと思いますが、家のように高価な買い物だからといって、丸投げして安心な理由はないようです。

購入時には、他の会社と仕様や価格を比較するなどして、納得の上で購入するのが家づくりを成功に導く秘訣だと思います。

新築はなかなか頭の痛い買い物ではありますが、前向きに、頑張って進めて行きましょう!

ad

ad

-住み替え
-

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.