「 不動産投資 」 一覧

積水ハウス詐欺事件 地面師に30億の入金、口座を貸した社長名乗り出る!

世間を騒がせている積水ハウス地面師事件、カミンカス操ら地面師と呼ばれる詐欺グループが所有者になりすまして、積水ハウスに土地を転売、55憶円をだまし取った巨額の詐欺事件ですが、いまだに30億円がどこへい ...

西武信用金庫に金融庁が立ち入り検査へ 融資書類に改ざん発覚 業者の不正を見抜けず?

本日のニュース、信用金庫大手の西武信用金庫に金融庁が立ち入り検査をすることが決まりました。不動産投資の融資で不正が明らかになったといいます。朝日新聞記事からお伝えします。

スルガ銀問題後も不動産業者がネットバンキングで偽造HPの不正 三井住友 りそな銀行 西武信金で

スマートデイズ運営の女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」をめぐる問題で、第三者委員会がスルガ銀行の調査結果を先月公表。 不正の内容が、広く知られるところとなりましたが、スルガ銀行の問題発覚後も、不動 ...

金融庁、地銀の不動産投資への過剰融資を抑制 スルガ銀の例は氷山の一角

前の記事で金融庁の地方銀行の調査と、その方針に関する朝日新聞の記事をお伝えしましたが、他紙も含めてもう少し詳しくお伝えします。

金融庁スルガ銀問題を受け新たな行政方針を公表

こんにちは、ななみです。 金融庁が26日に、2018事務年度(7月~19年6月)の金融行政方針を公表しました。 スルガ銀行の融資不正問題が発覚した不動産投資向け融資の監視、それと、最近話題になった仮想 ...

スルガ銀行政処分で業務停止は避けられない 金融庁投資不動産融資の実態解明へ大手と地銀の調査

スルガ銀行(静岡県沼津市)のシェアハウス投資向け融資で多数の不正があった問題で、同行の第三者委員会(委員長=中村直人弁護士)は7日、調査報告書を公表しました。 不動産投資向け融資で資料改ざんなどの不正 ...

「TATERU」書類改ざん 西京銀行に融資申請の預金残高 オーナー気付いて契約解除

スマートデイズ社運営の女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を中心とする、スルガ銀行の不正融資問題で、第三委の調査が進んでいますが、同じく書類改ざんをしたとして、これまでとは別の新しい会社の名前が挙が ...

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.