旧大洋村

茨城県大洋村中古別荘に移住者の評判は?問題点と談話まとめ 噂の東京マガジン他

更新日:

旧大洋村、茨城県鉾田市の大洋地区の中古別荘への移住と実際の生活に関する情報をまとめてみました。

古いものは避けて、主に2017年以降のものを掲載しています。現地へ行く前の手がかりとして参考になさってください。

スポンサーリンク

ad

旧大洋村別荘地区とは

 

赤い部分が大洋村

旧大洋村は、今現在は合併により、茨城県鉾田市太洋地区と呼ばれる広いエリアです。

数十年前からバブル時に「サラリーマンでも買える別荘」をキャッチフレーズに、東京や神奈川のマンション暮らしの住民を対象に建設されました。

一時は東京から殺到した業者が乱開発し、多数の別荘が建設、購入されたのちに利用されていたが、今は2700戸ほどが空き家になっている状態です。

相続後に困った所有者が、震災後の風評被害を機に低価格で売りに出したところ、地元の不動産屋が驚くほど首都圏から買い手が殺到したといいます。

大洋村はなぜ“空き家だらけ”に?

 

1975年からバブル期の1991年までは栄えていたが、当時の購入者が高齢化になたり、亡くなったため、放置して空き家になっているものが大半でした。

さらには、管理会社が倒産をしたため、新築後使われずに売れ残った物件も相当数出ていたそうです。

大洋村の別荘の価格が安いのはなぜか?

別荘の所有者が亡くなって相続後に売りに出しているため、低価格で早く手離したい希望が多いためです。

地価が値下がりした他、空き家多数のため地域の環境や景観が荒廃。

それと、東日本大震災の風評被害を受けて、直後は手離す人が急増したこともあったようです。

価格は100万円を切る別荘も

現況のままとしてリフォームをせずに低価格のまま売りに出されるものもあり、その場合は、100万円を切る物件もあるようです。土地も入ってその価格です。

一方で、リフォームをしたものは、費用が掛かっているため、それよりは高めになっています。

しかし、ミニ別荘と呼ばれる通り、通常の家よりも、家屋面積がはるかに狭く、最低限の設備のため、通常の戸建てよりははるかに安価で取引されています。

三角の屋根の独特の形をしているものが多いので、歩いていてもすぐ見つかることが多いです。

大洋村の住宅取引件数と世帯数

実際の取引件数は「震災前までは年間10軒程度だった別荘の売買は、13年に70軒に急増しており、ここ1、2年は「取引は落ち着いた」というものの、14、15年も年間で30~40軒が売却されました

鉾田市の人口は減少していますが、世帯数は増加、13年4月の世帯数は4929でしたが、昨年4月時点で5110世帯に増えているということです。

どんな人が大洋村に移住を希望する?

年金が減額された年齢層、いわゆる下流老人の退職者が多いといわれています。

それから配偶者の死亡、熟年離婚後などの単身者男性。

そのため、独居の移住者の自然死、いわゆる孤独死も多く、それを含めた行政の高齢者のためのサービスの充実が望まれます。

エリアによっては、家族で住んでいる家も見かけますので、必ずしも低所得者や単身者というわけではないと思います。

別荘のあるエリアは、団地のようにまとまって家があるわけではなく、当時土地の空いたところにぽつぽつと数軒ずつまとまって作られたという感じの所が多いので、場所によっても違いがあるようです。

大洋村ではどの位の生活費で暮らせる?

年金が月12万5千円だけでも、不自由なく暮らせるうえに貯金も出できるそうです。

中には、月8万円内で生活する人もいるそうですが、その場合は娯楽費や交際費などは削らざるを得ないでしょう。

 

鉾田市について移住希望者の知りたいこと

 

旧大洋村のある鉾田市について、移住希望者の知りたいことを、Yahoo知恵袋のQ&Aや、その他サイトよりまとめました。

東日本大震災の影響は?

大地震では鉾田は津波被害もそれほどありませんでした。
放射能問題は事故直後は放射性ヨウ素が降り注いで大変なことになっていましたが,今は気になるような数字は検出されていません。
地盤に関しても海沿いでなければ割と丈夫です。

参照サイト:Yahoo知恵袋 震災の影響は?

気候について。温暖といわれるが

別荘地で移住者の多い旧大野村や隣接する旧大洋村はすごく寒くて年間最低気温はマイナス8度程に下がります。過ごしやすい時期は春~真夏までの時期です。
やませで気温が低く家庭菜園の作物がなかなか成長しない位の涼しさです。
うちは長野県に別荘がありますが梅雨時は高原の別荘と変わらない温度です。
欠点ばかりなので長所を追加するならば、夏の夜間は涼しいです。

主要な交通手段は?

バスも電車も本数が少なくマイカー必需です。(大洋地区内には路線バスはなく鹿島臨海鉄道のみ)

外食はできるか?

飲食店の質が低く、まずくて高価。(田舎で元々観光客が対象)

参照サイト: Yahoo知恵袋 1年を通しての気候等住み心地を教えて下さい

その南の鹿嶋市は?

震災の影響は、近隣の神栖市や潮来市に比べると少なかったかと思いますが、海の近くでは津波がありましたし、場所によっては陥没などかなりの被害がありました。しかし全く何もなかった地域も多くあります。
最近は鹿嶋は安全だということで、移住される方が多く、土地は値上がりしています。
高くしてもすぐに売れるため、値下がりしないと不動産屋さんが言ってました。今まで雑木林や畑だった場所もどんどん造成され、分譲地となっていってます。
若い人も多いですし、子育てもしやすいと思いますよ。私も2人の子を育てています。産婦人科もあるし、小児科も夜間診療が年中無休であったりと、特に今まで不都合を感じたとはありません

参照サイト:Yahoo不動産 若い世代も多いのでしょうか? 

リフォームとリノベーション

売りに出されている物件には、リフォーム済みのものとそうでないものがあります。

リフォームを行わず現況のままだと格安ではありますが、築年が古いものは、支障が出る可能性があります。

20年以上前の物件かと思いますので、利用するなら建て替えが必要かと思います。安普請の老朽化した建物は、リフォームは不可能でしょう。

参照サイト:Yahoo不動産 父が亡くなり旧大洋村に不動産があります

セルフリノベーションについて

セルフリノベーションも注目が集まり、 アマゾンの人気ランキングを見るとリノベーションの本の売り上げがのびています。リノベーションをして自分の理想の家を作っていける、老後にまるで映画のようなスローライフが送れる「ミニ別荘」は大変魅力的な建物と言えるでしょう。

参照サイト: 「利用されないミニ別荘地」が高齢者の桃源郷に

国家基準をクリアしたリフォーム業者をご紹介!

大洋村居住者の生活の様子と談話

主に2017年1月8日放映のテレビ番組からまとめました。

噂の東京マガジン 噂の現場 憧れの別荘地が廃墟の街に!【大洋村】

各地から大洋村に移住した人たちの談話です。

川崎市から移住した夫婦78歳

居心地が良くて移住ってカタチ。(一方で)やっぱりどんどん廃墟が多くなってきますからね。草ボウボウで、ネズミが湧いたりして困ったことも起きてますね

一方、大洋地区の区域内には人が住んでいない区画というのもあります。

その地域について、大洋地区の区長談話

「人が居ない」ってことは、まあ逆に言えば物騒でもありますし、全然人が居ない区画に入っていくのがやっぱり非常に怖いですよね それからもう1つもっと深刻なのが火事です

70歳台夫婦

2011年の近隣での火災について色んな動物も住んでるし、誰かが入って来たりなんかしたら怖いじゃないですか? また火を付けられたりしたら・・・

 

61歳独居男性

2016年から埼玉から移住 

リフォームなし二階建ての2LDK物件を70万円で購入。元建設現場作業員 一人暮らし

雨漏りもあったが、自分でコーキングを施すなどして補修。床は根太が腐っているらしく、畳を踏むと沈む状態だが、そのまま住んでいる。

物件の価格が安いので購入を決めたので、不具合は感じていない。

年金は月8万円ほどで、その範囲内で暮らせる場所として探していたら、この別荘に行きついたという。

70代夫婦 2006年埼玉県から移住

2階建て別荘を280万円で購入。元菓子店経営

移住の理由と生活の様子 夫の談話

埼玉では家を買うのは国民年金では無理。 経営していた菓子店を閉店後、夫婦2人分の年金約10万円だけで暮らしていくために、埼玉で貯金で飼える範囲の家を探したが高くて買えず。「貯金で買える家」を探したが高くて買えなかったため、不便ではあっても価格の安さから旧大洋村の旧別荘を購入することに。

夫婦どちらも自動車の免許を持っておらず、大洋地区の別荘地には路線バスはなく、鹿島鉄道のみなので、自宅から駅までは歩いて30分程を、電車を利用して買い物に出掛けるという。

どんな人が移住に向くのか?まとめ

家庭菜園がやりたい方や、海釣り、自然が好きなどという方は、田舎であっても十分満足して日々を楽しく暮らせると思います。

逆に田舎が嫌い、アウトドアのレジャーよりも、町歩きが好きなどと、田舎に住むことに意味を見い出せない人はまず向かないと思います。

不便である、人や物が少ないというデメリットを上回るかどうかは、金銭的なもの以上に、田舎が好きという気持ちであるように思われます。

また節約のために田舎に住みたいという場合は、大掛かりなリノベーションではなくても、基本的な家屋の手入れを自分でもできる、または苦にならずにできるという人でなければ、いちいち業者を頼んでいたら、いかに田舎暮らしと言えども出費がかさむばかりです。

不便であっても工夫して生活できることを楽しく思える、そういう意味での生活力のある人であれば、大洋村に限らずとも田舎暮らしは十分おすすめできると思います。

ad

ad

-旧大洋村
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.