積水ハウス事件

積水ハウス「地面師」事件のカミンスカス操容疑者11日午後日本に送還

更新日:

大手住宅メーカーの積水ハウスが55億円をだまし取られた「地面師」事件で、警視庁から国際手配され、フィリピンで拘束されていたカミンスカス(旧姓小山)操容疑者(59)が11日午後、日本に送還されることとなりました。
日本に入り次第、警察に逮捕されることになります。

スポンサーリンク

ad

カミンスカス操容疑者、フィリピンから送還へ

フィリピンの入国管理局によると、カミンスカス容疑者に対するフィリピン側の取り調べは10日までに終わり、同日、国外退去命令が出されたということです。手続きが済み次第、日本側に身柄が引き渡されることとなります。

日本領空に入り次第、機内で逮捕予定

9日には日本から捜査関係者がフィリピンに入国。カミンスカス容疑者は、捜査員に付き添われて11日の送還便に同乗することになっています。航空機が日本領空に入り次第、機内で逮捕する見通しとなっています。

積水ハウス事件の地面師の主犯格

在フィリピン大使館

Google Earth

カミンスカス容疑者は、事件の主犯格とされ、警視庁が偽造有印私文書行使容疑などで国際手配されていました。

同容疑者は昨年12月19日、日本大使館に出頭した際、フィリピン入管職員に拘束され、タギッグ市の入管収容施設に収容されていました。

入国管理局によると、カミンスカス容疑者は「一方的に罪をかぶせられたくない」と語り、早期の帰国を希望して大使館に自ら出向いたと話しているということです。

拘束までのカミンスカス容疑者の動き

日本で逮捕状が出る3日前、10月に比に入国して以来、約2カ月行方が分からなくなっていました。

関係者によると、この間、ルソン地方パンパンガ州アンヘレス市などのリゾートホテルなどで、女性同伴で暮らしていたということです。

日本での「豪遊」と同様、国際手配中も相変わらずの生活ぶりで、比入国の際は現金で少なくとも500ユーロ札100枚(約640万円)を持ち込んだが、拘束時の所持金は日本円換算で360万円ほどだったといいます。

その他にも入国管理局においても、食べ物をはじめとする生活の便宜を図るために、関係者に袖の下を渡すなどして過ごしていたとも伝えられています。

地面師事件、カミンスカス容疑者の逮捕で解明か

積水ハウス地面師事件の他の主犯格、網走刑務所にいた地面師のドン、内田マイク、だまし取った55億を配分したとされる土井淑雄は既に逮捕されています。しかし、どちらも関与を否定しており、カミンスカス容疑者が捕まらなければ、全容の解明は進まないとされていました。

しかし、これまでの地面師事件と同様、カミンスカス容疑者も「自分もだまされた、羽毛田を本物だと思っていた」と主張することは、これまでの言動から予想されており、これらの供述を逮捕した警察が、取り調べの中でどう崩していくかが焦点となります。

内田マイク、土井淑雄とのつながりは

網走刑務所内の内田マイクから、どのような指示を受け取って、カミンスカス容疑者が実行したのか、また、元から知り合いだったとされる土井淑雄とは、今回の事件でどのような接点を持っていたのか。

今回の事件がどのようなネットワークで実行されていたのかが取り調べで判明すれば、事件は解決に向かうと思われます。

さらに、積水ハウスからだまし取ったお金の55億の行方が判明するかどうかが注目されるところです。

地面師事件は立件が難しいとされていますが、カミンスカス容疑者がせっかく逮捕されたのですから、何とか今後につなげられるよう、警察の取り調べに期待したいです。

ad

ad

-積水ハウス事件
-

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.