レオパレス

レオパレス、入居率80%台回復 11か月ぶり上昇で85%目指す

更新日:

レオパレスの入居率が80%台に回復したというニュースです。

レオパレスのオーナーさんには、やや安心できる結果となりました。

スポンサーリンク

ad

レオパレスの入居率が回復

[toc]

レオパレス21、アパートの施工不備関連の全棟調査はほぼ終わったものの、11月に入居率が8割を割る”逆ザヤ”状態が3か月続き、先行きが危ぶまれていました。

しかし、7日の発表で、その後の入居率が80.19%と伝えられ、4カ月ぶりに80%割れの状態から回復したことがわかりました。

これで何とか実際の賃料からオーナーに賃料支払いをしても、収益がマイナスになる”逆ザヤ”を避けられます。

アパートの入居率が85%になる必要も

入居率が80%を越えて、これでもう安心かというとそうではなく、繁忙期の3月には、計画通りの入居率(85%)を確保できることが必須だそうです。

アパート賃貸だけなら入居率80%で黒字になるのは間違いないようですが、それだけではなく本社経費などを含めた会社全体では85%程度が「安心できる」水準だそうです。

3月の入居率で85%が達成できれば、

「来期は年間平均でも85%近い水準が見込める」

との予測がつくようです。

なお、入居率は3月が一番高く、それ以外の月は、マイナス1%くらいで普通だそうです。

85%以下で強まる株主の圧力

逆に、もし、この数値が達成できなければ、株主の圧力が強まるといわれています。

村上ファンド系のレノが、全取締役の解任を求める動きを見せたばかりです。

撤回をして事なきを得ましたが、再度同じ要求が出る可能性もあります。

レオパレスの入居率の回復要因

入居率が上向いたのは、今年1月になってから。

昨年12月の入居率を1.28%上回りました。それまで下降を続けていたため、上昇は11か月ぶりだそうです。

入居率が回復した要因は日経新聞によると

  • 10月にほぼ全棟調査が終了して入居できるアパートが増加
  • 賃貸募集を月1万戸ペースで拡大
  • 法人からの引き合いが強い(戸数の6割を契約)

宮尾文也社長のコメント

7日のレオパレス社長宮尾文也氏のコメントです。

この1カ月間の入居率の伸び率は、問題が起きる前の水準に戻ってきた。手応えを感じている。全事業を対象に抜本的に事業戦略を見直す。

レオパレス、4月に事業計画を発表

また、4月には、事業ごとに強化や縮小、他社とのアライアンスなどを検討、公表する見通しだそうです。

入居率の回復と同時、同日発表の12月末の現預金は793億円とされています。

ただし、7~9月期の116億円に続いて、10~12月期で102億円と、現金の流出は止まっていません。

OYOホテルがレオパレス買収の動きは?

一時は、ソフトバンクが出資のOYOホテルが、レオパレスの買収に動くとみられていましたが、OYOホテルの方が、今度は事業を縮小する様相です。

いずれにしても、入居率が回復したのは、オーナーさんにとっては良かったですね。

現在はレオパレスの株が上昇している模様です。

ad

ad

-レオパレス

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.