土地売却 夫の実家

売れない土地と空き家を高く売る方法1~仲介と口コミ

更新日:

 

売れない土地 売却 方法 処分 買い取り   年の初め夫の父が老人ホームに入所しました。 これで残る母とも介護費用の目安が立ち、家族の話し合いで、2箇所の土地と家を生前に売却することに一致しました。

スポンサーリンク

ad

このあと不動産事務所を探してみることになりますが、土地を売るには、できれば、できるだけ高く売るにはどうしたらいいでしょうか。  

不動産業者に仲介を依頼する

売れない土地 売却 方法 処分 買い取り

いちばん高く売れる方法です。最初から買い取りに依頼すると価格が落ちますし、適正な値段がわからないままでは、知人にも売れません。 よほど条件の悪いところ、訳あり物件でもなければ、その地域の坪何万の基準に沿った価格で売りに出すのがいいと思います。 不動産業者は何といってもプロなので、価格を叩き出す方法を熟知しています。希望を伝えて売りに出してみましょう。  

近隣や知人に声をかけてみる

隣地取得は相互にメリットがある

売れない土地 高く売る  方法

 

隣の家の人が買ってくれるというのなら、それが一番の早道です。 地続きで買う場合、土地の条件によっては、隣の人だと高く売れる場合があります。 隣の人が本来持っている土地の形がよくなったり通行が便利になったりする場合です。 その場合は今売りに出している土地の坪単価も上がるからです。 詳しくは前の記事で説明しています。  

 

売れない土地 売却 方法 処分 買い取り

 

隣には依頼した不動産業者から伝えてもらえるといいと思います。要らないと言われればそれまでですので、気楽に伺ってもらいましょう。 不動産業者を通しての売買なら、知人に譲るときも、建物の瑕疵について判断の上、契約がなされますので、心配いりません。 知っている人にも伝えて、本人ではなく欲しい人がいたら教えてもらうようにするのがいいと思います。 主婦仲間の口コミは話が早いですし、特にアパートなど賃貸住まいの知人なら可能性が高いです。  

口コミの効果は思いのほか大きい

売れない土地 売却 高く売る 方法

 

私の場合は、話があったらあなたにもお礼をするので、と言っておいた知人が幾人かいます。

私は友だちづきあいをしないので、伝えたのはわずかな数なのですが、その中から2件即座に反応がありました。 買いたいと言うとは思ってもみなかった、母の生徒は、空き家の話をした日に、かつて習い事に通った実家を見に行きました。

しかも、その人はハウスメーカーで建てた家に既に住んでいました。 もう一人は、入院の際、隣りのベッドに合った人の知人でした。その人は県営住宅に住んでいました。

たいして付き合いの深くない人でも、お買い得の話となると、興味を持って話題にしてくれるものです。

叔母の更地の土地は、仲介で幾年もネットにも出ていましたが、叔母が安くてもいいから手離したいという話をしたら、それまでずっと付き合いのあった友人が、投資目的で買うということで、即座にまとまりました。

なお、私の子供の頃に住んでいた実家は、母の生徒に売却しています。家に出入りをして、状態をよく知っていた人でした。 狭い地域の場合は、けっして馬鹿にはできないオーソドックスな方法ですが、ただ売りに出ているというだけでは、誰も飛びつきません。

「売る」という意志を示すと同時に「安く手離したい」ということを明確に伝えるのがポイントです。 最終的には、安くしさえすれば土地は売れます。これは専門家も明言しています。  

ネットの反響を見て次の手立てを

売れない土地 売却 高く売る 方法

 

不動産会社は、ネットに物件を一覧で出します。どの程度の人がそれを見たか、問い合わせがあったかどうか、数か月たったら、そのあたりを確認します。 また、自分でもそのサイトを見ておくといいと思います。周囲の物件が売れているかどうか、価格はどの位かも同時に見ます。

だいじなことは、売れるまでと思って、長く置かないことです。 売れるところであれば、ある程度の期間に何らかの反応はあるでしょう。 ネットだと、アクセス数や、お気に入りに入れた人の数、実際の問い合わせの有無、つまりその物件に興味を持ってくれた人がどのくらいいるかがわかります。

ある程度の反応があれば、もう少し待ってもいいですが、全く何の反応もないという場合は、それは売れない地域であるということです。 その場合は、いつまで待っていたとしても売れないかもしれません。 今の提示価格で売れないという見込みがついたら、次は価格の値下げです。それでまた様子を見るわけです。

 

時期が遅れるほど安値に

以前だったら、上のような方法で苦労せずとも土地は売れましたが、それが難しいと分かった場合は、そこから先が勝負どころとなります。 さらに、土地の売却は短期決戦です。早く売れれば売れるほど、高く売れます。遅れれば、永久に売れなくなることもあります。 できるだけ早めに売りに出すこと。放置せず、速やかに段階を踏んで進めることです。

 

この続きはまた書きます。ご覧いただきありがとうございます。



ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします

にほんブログ村

ad

ad

-土地売却, 夫の実家

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.