不動産投資

タテルの株価が急上昇 22日中期経営計画 古木大咲社長が謝罪

投稿日:

タテルの株価が急上昇しています。

22日に古木大咲社長が、これまでの不正について謝罪。

また、中期経営計画を公表、「経営方針の策定に関するお知らせ」を発表し、これまで主力であったアパート事業を縮小する方向性を明らかにしました。

スポンサーリンク

ad

TATERUの株価が急上昇

 

上記は、TATERUの株価の急上昇を伝える25日午前9時36分のツイートです。

TATERUの古木大咲社長が謝罪

古木大咲社長が謝罪を行ったのは、22日。

社長は、問題発覚後に初めて謝罪をしました。

下のような内容です。

「一連の問題により多大なご迷惑、心配をかけたことを深くおわびする。営業担当者に過大なノルマを課した組織風土に問題があった。(不正への関与は)私は知らなかった。指示したことはない」

古木社長が再発防止策を発表

また古木社長は、今後の再発防止策として、

・業務のフローと チェック方法の厳格化
・コンプライアンス遵守体制の見直し
・企業風土の改革

を挙げています。

他にも、具体的に

・営業担当者の歩合制を廃止

・金融機関への融資を取り次ぐ専門部署を新設

についても、説明があったとのことです。

 

アパート事業は縮小へ

主力のアパート開発事業を縮小させ、賃貸運営「PM プラットフォーム事業」とホテルなどの宿泊事業に注力するとのことです。

TATERUの22日に公表された、2022年まで12月期を最終年度とする経営方針の策定に関するお知らせの内容の要旨は以下の通りです。

中期経営計画「経営方針の策定」

収益性を重視した事業ポートフォリオの明確化として、事業領域を3つに区分、主力のアパート開発事業を縮小させ、賃貸運営とホテルなどの宿泊事業に注力する

・ PM プラットフォーム事業
管理料収入によって安定的に収益を拡大させる。

・スマートホテル事業
運営施設の拡大を目指す。

・アパート販売事業
国内外の富裕層に向けた販売を強化する。

2022年度数値目標

2022年度数値目標は、営業利益10億円以上としています。

 

TATERUの不正発覚後の動き

タテルのこれまでの動きは以下の通りです。

営業部長ら31名が改ざんの不正

タテルは2018年までの、336件の物件で預金残高などを記した顧客の融資資料を改ざん。

金融機関から不正に融資を引き出したことが発覚。

融資を行った西京銀行と共に、金融庁の立ち入り調査を受けました。

不正を行っていたのは、営業部長ら31名です。

TATERU営業部長ら31人が不正に関与 西京銀アパート融資

また、書類の不正だけでなく、顧客の勧誘後は、頭金の貸付なども行っていたことが判明。

【TATERU】アパート投資者に頭金の貸付で業法違反の可能性 

西京銀行は顧客に念書

一方、西京銀行の方は、融資をした顧客らに、管理会社をタテルにするよう求める、誓約書を書かせていたことも明らかになりました。

TATERUはアパート投資オーナーに信販ローン、西京銀行はタテルに委託の「念書」

西京銀行がタテルに管理委託の念書「変更すれば融資解除」の条件

西京銀行は、4月にアパート投資向けの新規融資から撤退しています。

タテルに1週間の業務停止命令

2月には株価が急落。

その後は、行政処分で、1週間の業務停止命令が出ました。

タテルTATERUに業務停止命令で倒産か 期間は1週間

タテルの弁護士は、これを不当に重いとして、業務改善命令とするよう申し述べましたが、業務停止が遂行され、倒産が危ぶまれる声も聞かれました。

早期退職者の募集

結局、倒産はないということになりましたが、影響は大きく、タテルは早期退職者を募る事態に。

また、昨夏時点でオーナーに引き渡す予定750棟のアパートのうち、約3割は融資が取りやめとなり物件を売却しました。

TATERU早期退職160人募集と保有不動産の売却 株価上昇も

持ち株会社への移行は中止

また、持ち株会社への移行を予定していましたが、早期の業績回復を優先するとして、中止となりました。

タテル、持ち株会社への移行中止 アパート事業で104億円の赤字

 

TATERUは今期(19年12月期)について、連結営業損益は79億円の赤字を見込んでいるということです。

提携先金融機関がいまだ決まっていないため、縮小するとしているアパート事業は今後継続できるのか、依然として厳しい経営状況が続くとみられています。

 

アパート経営の助け”借り換え”

金利の高い時に、ローンを借りた場合には、借り換えで、返済額を減らすことができます。

金利の安いローンに今からでも借り替えることができるためです。

ローンの金額平均450万円削減、中には600万円減ったという例もありますので、アパート経営の収益アップのために是非お役立てください。

ネットでいくらお得になるのかがわかります。当ブログからも多数ご利用いただいています。

もちろん査定は無料。その後の勧誘等もありませんので、心配せずにお試しになってみてください。

ad

ad

-不動産投資
-

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.