スルガ銀行

スルガ銀行”地銀衰弱度ランキング2位” 理由は不良債権の数

更新日:

スルガ銀行は経営再建中で先行きが心配されるところ、銀行の「衰弱度総合ワーストランキング」で2位になったことが報じられました。

スルガ銀行の現在の状況と合わせてお知らせします。

スポンサーリンク

ad

スルガ銀行が地銀ワースト2位に

スルガ銀行が2位となったのは、東洋経済の「全国地銀99行衰弱度」総合ワーストランキング」というものです。

ちなみにワースト1位は福井銀行と統合済みの福邦銀行ということでした。

※最近のスルガ銀関連の話題は
スルガ銀行がノジマとの提携解消に合意 「方針の違い」「影響は軽微」

スマートデイズ元社長が改名して高校の理事長に 買収に不透明な点も

ワースト2位の理由は不良債権の数

潰れるかといわれながらも続いているスルガ銀ですが、あらためて、何がワーストに落としてしまったかというと、指標となったのが不良債権の数です。

今回のランキングの指標は

1健全性
2収益力
3リスクテイク度

というもので、健全性の最初の項目が2021年の不良債権比率です。スルガ銀行はここに問題が大ありです。

不良債権とは貸出金の回収が期日までに行われずそのままになっているというものですが、これが増えると銀行にとっては出金一辺倒になってしまいます。

お金が出たり入ったりするその差額が大きな収益ですが、スルガ銀の場合は、リターンのない債権ばかりとなってしまっているというので「衰弱」している地銀という位置づけになってしまいました。

スルガ銀行と不良債権

そもそも、スルガ銀行が、シェアハウスかぼちゃの馬車のローンをチャラにしたのが、’20年9月のこと。

「不公平では」という疑問の声も聞かれましたが、救われた人も多く、スルガ銀行の”英断”として世間の注目を集めました。

そのかぼちゃの馬車の本体、シェアハウスの建物自体はどうなったかというと、代物弁済として謝金と引き換えにスルガ銀行が引き取り、その後売却されたようです。

現在のかぼちゃの馬車

もっとも、実際の金額に上乗せされて売られていたため、売却額がローンを相殺するに十分だったとはいえず、その分はスルガ銀がかぶったことになるのでしょう。

現在、かぼちゃの馬車を再利用するという動きがあります。

多数をまとめて、再度シェアハウスとして稼働、管理会社を一つにするなどで経費を最大限に抑え、収益をあげようというものですが、仮に成功しても銀行の利益とはなりえません。

 

このような物件とその融資に関しては、シェアハウスだけではなく、他にも回収不能となったものが多数あることも予想できます。

関わった業者はスマートデイズだけではないのです。

 

不良債権化の恐れのアパマン問題

そしてもう一つ、現在もスルガ銀がらみの融資で、借金をチャラにせよ」という要求をしている団体がいます。

スルガ銀行前でデモ70人以上 SI被害者同盟とは

一棟中古マンションは1兆円にも

そして、こちらの方は、前回借金をチャラにしたシェアハウスのローンよりも、はるかに規模が大きいこともわかっています。

対象物件は一棟アパートや中古一棟マンション、そのローン残高は1兆円強、融資全体の5割とも伝えられました。

スルガ銀 債務者の自宅を競売に アパマン投資はシェアハウスの4倍とも

スルガ銀行の自己資本額は2700億円ですので、こちらが不良債権化すればランキングどころの話ではありません。

シェアハウスに関しては、ローンをチャラにするというの決断を下したのは嵯峨社長ですが、スルガ銀行の融資に問題があったとしても通常は全額チャラというのはあり得ない。

だから、前回のシェアハウスに関しては特別な措置だというわけです。

弁護団は一棟マンションに関しても、シェアハウスの事例と同様に扱うようにと求めているわけですが、スルガ銀行は「シェアハウスとは別」のと返答、昨年夏に被害者への対応を打ち切りました。

今後もその姿勢を貫くとは思いますが、弁護団側の交渉は続いています。

いずれにしても、ぎりぎりの状態であるスルガ銀の”衰弱度”、提携解消したノジマに代わる新たなスポンサーが見つかることが期待されます。

ad

ad

-スルガ銀行

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.