「 月別アーカイブ:2017年09月 」 一覧

突っ込み私道に4軒が面しても担保価値がないのは2軒だけの条件の違い

2017/09/28   -土地売却, 私道

  こんにちは、ななみです。 長年住んでいた実家の土地を相続して初めて、接道していたのが私道であると判明しました。このままでは売るに売れません。  

地方の土地が売れないのに価格が一向に下がらないのはなぜか

2017/09/22   -土地売却

人口の減少の結果、宅地も住宅も人口に比して多すぎることになってしまった。需要がないの土地が売れない… しかし不動産のサイトを見ても、数年来、近隣の土地はほぼ同じ金額の値段がついており、それほど大きな変 ...

相続した空家の所有権を放棄するための2つの方法 相続放棄と遺贈

2017/09/21   -相続, 空き家売却

  2015年に空家対策特別措置法が施行されました。 危険な空家を減らすという点では成果を上げていると言われますが、売りたくても売れない空家を持ち続ける持ち主にとっては、助けになるものではあ ...

空き屋の管理にしなければならないこととその費用の試算

2017/09/20   -空き家

  相続した家が空き家になってしまったら、解体をする場合の費用が200万円ほどだと書きました。更地にした土地が高い値段で売れるならともかく、自己負担だとすると高額です。 それならば、空き家を ...

空家を解体すると更地の固定資産税が6倍になるというのは本当か

2017/09/19   -土地売却, 空き家
 

先の記事で、土地が売れないのは人口の減少のため、宅地の需要がないためだと書きました。 空き家が増えるのも、そもそも人口に対する家屋の率が多くなってしまった供給過剰によるものと言われています。 しかし、 ...

相続した売れない土地の自治体への寄付は可能か市役所に聞いてみた

2017/09/18   -土地売却, 相続

土地が売れないというと、ネット上の相談回答などでよく「市に寄付をしたらどうか」、あるいは「固定資産税を払わずにいると、土地が市の所有となるのではないか」という意見を見かけます。 実際のところはどうなの ...

私が売却を断行した事情 放棄も処分もできない土地制度 子どもに売れない土地を相続させない

2017/09/17   -売却までの流れ

こんにちは。ななみです。 相続した家が売れない。弟と相続登記ができず、しかも私道で未登記で欠陥住宅。 大抵の人はここで諦めるでしょう。実は私も諦めることも一つの「方法」だと思います。諦めて放置するので ...

人口の減少が土地が売れない原因 いずれは3軒に1軒が空家になる

2017/09/15   -土地売却, 空き家

こんにちは。ななみです。 空き家は、間もなく5軒に1軒。そして、33年には3軒に1軒が空き家になると言われています。 私の親の世代、特に団塊世代と呼ばれる世代の人が時に数千万円という対価で買った土地が ...

どんなにぼろ屋でも買うという買取の業者でも買わない家 3つの理由

2017/09/14   -空き家売却

  家が古くてもまだ残っていれば更地だけより売れる場合があります。 その上で買取業者に依頼できれば仲介より直接的です。 その際の業者とは、中古の家を土地ごと買い取り、家をリフォームして売りに ...

売却に当たって難しいのは実は本人の気持ちで売ろうと思えば売れない土地はない

2017/09/14   -土地売却

  前の記事で、「自分の土地の客観的な評価を知ること」との助言を書きました。 が、実は、家を売るにあたっていちばん難しいことは、売ることそれ自体よりも、今現在の下落した土地の価格に自分自身が ...

売れない土地を売却するなら不動産業者複数に査定をしてもらい客観的な評価を

2017/09/14   -土地売却

  売れない土地を売る、その最初にするべきことは、まずは査定に出すことです。 不動産の業者にも、いろいろな種類の土地を扱う上での得手不得手、そして同じ不動産屋さんではあっても、いろいろな人が ...

相続した土地の接道が私道だったらしなければならないことは権利を買い取ること

2017/09/08   -土地売却, 相続, 私道

相続した家に入るための接道が一本のみ、それが公道ではなく私道であると買取を依頼したリフォーム会社の調査員から知らされました。 その際は土地の売却の前に「私道の持分購入」ということを行わなければなりませ ...

相続人の兄弟の同意が取れない場合の手立て 共有物分割請求の相談で弁護士に会う

2017/09/05   -共有持分, 相続

調停やADRは低額ですが、相手が来ない場合は解決になりません。その場合は、やはり裁判が最後の手立てとなります。 それで、ネットで良いと思った弁護士さんに、相談を受けに行くことにしました。

公正証書遺言と自筆遺言書の違いメリットとデメリット 相続の役に立つのは?

2017/09/03   -相続, 遺言

相続で問題があると相談すると、遺言書の有無をまず聞かれます。 うちの場合は父が書いてくれた土地を誰それに譲るという書面がありました。 しかし「遺言書」があっても、残念ながら何の役にも立ちませんでした。

【売却を達成するまでの流れ3】相続した家が買取会社の査定で欠陥住宅と言われた

こんにちは、ななみです。 【売却を達成するまでの流れ】の1~3までで、最初に土地の条件を記しています。 何しろ弟との相続の話が進まない。建物はだんだん古くなる上、庭木の管理もできない。管理会社に依頼を ...

【売却を達成するまでの流れ2】 相続した家が未登記だったら相続や解体はできるのか

2017/09/03   -売却までの流れ, 相続

こんにちは、ななみです。 【売却を達成するまでの流れ】の1~3までで、最初に土地の条件を記しています。 父の死後残った家土地をまず売ろうとしたが、土地を共有するべき相続人である弟と連絡が取れない。なの ...

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.