「 月別アーカイブ:2017年10月 」 一覧

「大島てる」全国の事故物件公示サイト 借りたい賃貸の部屋や家を地図で検索できる

2017/10/31   -孤独死

こんにちは。ななみです。 ネットのランキングで「大島てる」というワードを見かけました。 以前から知っていましたが、投稿された全国の事故物件を掲載する「事故物件公示サイト」というめずらしいものです。 神 ...

「共有持分買取」不動産業者が相続する空き家の査定へ【売却まで8】

こんにちは。ななみです。相続していた実家空き家を売った流れの8回目です。 実家の空き家と土地を買ってくれたのは、インターネットで探して電話で連絡を取った不動産業者2つの会社のうちの一社でした。

孤独死の後始末 身内がアパート・マンションで一人亡くなった時の引き取りと費用

2017/10/28   -孤独死, 相続

こんにちは、ななみです。 今年初め、叔父が都内のアパートで孤独死を遂げました。 姉である母は、正月早々悲しい知らせを受け取ることになりました。 まさか、私たちが身内の孤独死に遭うとは思ってもみなかった ...

空き地の土地活用アパート経営 サブリース契約の落とし穴

2017/10/28   -不動産投資

知人が市内でアパート経営をしていると聞きました。今のところ全室が埋まっているそうで何よりです。 しかし、最近はサブリ―ス契約でのアパート管理を手がける不動産管理業者が、訴えられたと読んだばかりなので、 ...

「所有者不明土地の損失6兆円」相続未登記が原因で九州の面積に

「所有者不明土地」と呼ばれる、持ち主をすぐに特定できない土地が、全国で410万ヘクタールあると発表になりました。 どのくらいの広さかというと、九州を上回る面積だといわれれば驚くべき数です。 そしてさら ...

老後のライフプランで建て替えと賃貸ではどちらが得か

私たち夫婦は50代、地方に二人暮らし。これからのライフプランを考えた場合、今ある土地に家を建て替えるべきかどうか、昨夜夫と話し合いました。

遺産分割の争点 遺留分・寄与分・特別受益の「争族3兄弟」で争わないために

2017/10/21   -相続

  相続に際し、法定相続分通りに分けるということで相続人同士が同意すれば、問題は起こりません。 おそらく争点となるのは、遺留分、寄与分、特別受益の3つで、これらが俗に「争族3兄弟」と呼ばれる ...

共有持分売却とは? 土地と家屋の自分の持ち分のみを売るメリットとデメリット【売却まで7】

複数の人が一つの土地を共同で所有しているとき、それぞれの人がその土地に持っている所有権の割合を「共有持分」といいます。 この「共有持分」は所有者単独の意志によって、相手の同意がなくても売れることをご存 ...

母と叔母との相続の調停を越えてなお切れることはなかった叔母との絆

  親が亡くなるまでは、兄弟は皆が看取りの苦労と死別の悲しみを共有します。 それが相続が始まって一転、一度は結束した兄弟が争うことになってしまうのは、たいへんに悲しいことです。

相続で売れない土地と空き家が残った時にも争いを避けるためにできること

2017/10/18   -土地売却, 未分類, 相続

私の母の実家は、障害のある子一人に相続をさせようとした祖父の意向で、きょうだいの意見が分かれてしまい、調停となった挙句、兄弟の縁は絶えてしまいました。 それを見ていた私は、できるだけ争いを避けたいと、 ...

公正証書遺言でも内容にかかわらず相続人の遺留分は保証される

2017/10/16   -相続, 遺言

  遺言には、自筆遺言書と公正証書遺言があります。 そして、相続人が複数いる時にでも、遺言書で指定を受けた人が単独で預貯金をおろしたり、土地家屋の登記を行ったりできるものは、公正証書遺言だと ...

ネットで共有持分買取業者を探して査定を申し込んだら返答が来た!【売却まで6】

こんにちは、ななみです。 この記事では「売却を達成するまでの流れ」について記しています。 はじめての方は、このシリーズの最初の記事からお読みください。 【売却を達成するまでの流れ1】 40年住んだ土地 ...

土地の相続が進まない!共有物分割請求について弁護士に相談【売却まで5】

こんにちは、ななみです。 この記事では「売却を達成するまでの流れ」について記しています。 はじめての方は、このシリーズの最初の記事からお読みください。 【売却を達成するまでの流れ1】 40年住んだ土地 ...

音信不通の相続人兄弟がいる時は公正証書遺言の作成がおすすめ

2017/10/10   -相続, 遺言

  母が先月、公証役場で公正証書遺言の作成をしました。 うちの場合は、両親は離婚しており、その場合、父の方は父の土地家屋と預貯金他、母の方は、それとは別のマンションを所有しています。 なので ...

親の介護を終えて空き家を守った私がついに心の重荷を下ろした日

2017/10/09   -心を保つために, 相続

  気候の良い秋の連休の昨日、父の墓参りに行ってきました。 実家のあった町まで車で1時間半余り、なかなか訪ねられませんが、家が売れたその報告とお礼と思って行きました。

空き家の底値での売却を避けるには声がかかった時が売り時!

2017/10/08   -空き家売却

  持ち主の父が亡くなってから9年目の売却でしたが、その間に数度ほど、家に不動産の営業の人が訪ねてきたことがあります。 「中古の家を探している人がいるのだが、売りませんか」という問い合わせで ...

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.