シェアハウス投資 スルガ銀行

シェアハウス融資のオーナー250人の借金帳消しに スルガ銀行

投稿日:

スルガ銀行が、シェアハウス「かぼちゃの馬車」のオーナーらのローンの借金を帳消しする手続きが、25日に実施されました。

オーナーらは不正な融資を行ったとして、スルガ銀行に代物弁済などの帳消しを要求したことが実現したことになります。

スポンサーリンク

ad

スルガ銀行が借金帳消しの手続きを実施

スルガ銀行は25日、シェアハウス融資で不正が多発した問題で、融資を受けた約250人に対し、物件を手放すと同時に借金を帳消し、すなわち残債をゼロにする手続きを実施しました。

「かぼちゃの馬車」ローンが帳消しになるまでの経緯

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を販売したスマートデイズの倒産前後に、スルガ銀行にも、預金通帳などの顧客資料を改ざん不正な融資が発覚、18年秋に金融庁から半年間の業務停止命令を受けていました。

スルガ銀に6カ月の一部業務停止命令へ 不動産投資向けの新規融資

また、第三者委員会が、スルガ銀行の企業風土に問題があるとの報告書を提出、過剰なパワハラなどの問題が世間を驚かせました。

スルガ銀行 第三者委員会調査報告書の見られるサイト 要約版内容掲載

同時に、創業者である岡野家の関連企業への資金の流れなどが明らかになり、過剰な融資を用いた原因として、岡野家との関係断絶が望まれましたが、交渉に時間がかかりました。

スルガ銀行を私物化した岡野ファミリー企業 赤字美術館事業の寄付を返済に

スルガ銀行が岡野家との関係を解消 日本橋スルガビルも売却

その間にも新生銀行と業務提携、トップの人事も入れ替わり、岡野家も最終的にノジマに株式を売却、再建の基盤が徐々に整ってきていました。

スルガ銀行が新生銀行と業務提携が決まる 不適切融資1兆円規模

スルガ銀行の岡野創業家の全株式、ノジマが買い取り決まる

被害者弁護団が要求した代物弁済

オーナーとの交渉は、最初はADRで元本の一部カットを個々の対応として行うとしていましたが、被害者弁護団はこれに満足せず、代物弁済を要求。

昨年11月、スルガ銀行が、これまでのオーナーの要望に応え、銀行ローンの借金を帳消しにすることを検討しているということが伝えられていました。

その帳消しの手続きが、実際昨日から行われました。

スルガ銀、被害者オーナーと借金減額交渉もADRでどれだけ減るか

スルガ銀行と弁護団今は交渉再開 「代物弁済」求める被害者269人

シェアハウスオーナーの借金帳消しの理由

今回は異例の措置となるわけですが、なぜ、オーナーへ融資したローンの借金の帳消しが可能になったのでしょうか。

新聞各紙の報道から見てみます。

帳消しになったのはオーナー250人

シェアハウス融資は、これまで1200人超に計2千億円超が実行されてきました。

うち約440億円分の残債がある約250人が昨秋、東京地裁に調停を申し立てていました。

東京地裁が損害賠償義務を認定

東京地裁の調停委員会はスルガ銀の関連融資について、不法行為に基づく損害賠償義務が生じると認定したそうです。

これを踏まえてスルガ銀は調停勧告に応じ、同日、オーナー側と最終合意、つまり、損害賠償義務の支払いの代わりに、借金がゼロになったということのようです。

その際、シェアハウスを手離すことが帳消しの条件となっています。

オーナーに損害賠償の「解決金」として

スルガ銀は顧客が持つ物件343棟分、債務額約440億円の債権を、入札で決めた投資ファンドに譲渡し、顧客への損害賠償義務があるスルガ銀は、譲渡額を上回る残債と同額の「解決金」を払う形としたといいます。

約250人は、昨日25日付でシェアハウスを手放し、残る借金が帳消しとなったのです。

「代物弁済」にならなかった理由は

シェアハウスの建物は実勢価格より高値で売買されたといわれています。

通常の代物弁済で的に賠償する形をとることで、非課税扱いになる」そうです。

そのため、「代物弁済」ではなくて、「解決金」として解決することになったと思われます。

被害弁護団 河合弘之弁護士コメント

被害弁護団の河合弘之弁護団長は記者会見で

「完全救済を勝ち取れた。いくつかの重要な分岐点があったものの、全ての選択が正しかった。最も悪いのは悪徳不動産業者だが、戦略的にスルガ銀行に照準を合わせて徹底的に戦ったことが勝利につながった」

と述べました。

また、オーナーの一人は

「つらくて苦しい時間から解放され、ほっとしている」

とコメントしています。

他の顧客にも対応

スルガ銀はシェアハウス融資の他の顧客にも、要望があれば同様の対応をとる方針だということです。

また、被害弁護団も、約千人のオーナーが残されていることを指摘、引き続きシェアハウス所有者の相談や委任を受けるとしています。

中古1棟マンションへの対応は不明

ただし、これまでのところ、同様の不正が発覚している中古1棟マンション融資の顧客への対応方針はまだはっきりしていないということです。

 

以上、スルガ銀行のシェアハウスオーナーへの借金帳消しのニュースからお伝えしました。

追加の記事があれば、またお知らせしたく思います。

投資用不動産ローンの”借り換え”

金利の高い時に、ローンを借りた場合には、借り換えで、返済額を減らすことができます。

金利の安いローンに今からでも借り替えることができるためです。

ローンの金額平均450万円削減、中には600万円減ったという例もありますので、アパート経営の収益アップのために是非お役立てください。

ネットでいくらお得になるのかがわかります。当ブログからも多数ご利用いただいています。

もちろん査定は無料。その後の勧誘等はありませんので、心配せずにお試しになってみてください。

ad

ad

-シェアハウス投資, スルガ銀行

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.