「土地売却」 一覧

相続放棄で土地と空き家の所有権は放棄できるのか 朝日負動産時代

  12月5日付けの朝日新聞特集「負動産時代」の1回目は、山林の土地の所有権を放棄し、国が引き取るべきと裁判に訴えた例でした。 残念ながら、土地の引取りは認められない、土地の放棄はできないと ...

いらない土地の放棄はできるのか 朝日新聞「負動産時代」より

2017/12/05   -土地売却, 未分類, 空き家

  いらない土地を国に引き取ってもらおうと裁判を起こした例があると読みました。 12月5日に始まった朝日新聞「負動産時代」の連載記事から考えます。

隣が所有者不明土地なら自分の敷地の分筆の申請ができない 朝日新聞

2017/12/01   -土地売却, 未分類, 空き家

  12月1日付の朝日新聞の「声」投書欄に、土地家屋調査士の方の所有者不明土地に関する投書がありました。 隣地が所有者不明である場合、自分の土地の分筆の申請ができないという内容です。

売れない土地は相続したくない 相続放棄の前に親の生前に売却を

2017/11/28   -土地売却, 相続

  私の実家の場合は、土地の売却が難しいとわかると、出費を嫌がった弟がそれ以来連絡を断ってしまいました。そのため相続登記がさらに遅れて、土地の需要がさらに下がってしまうことになりました。 今 ...

動き出した空き家ビジネスに乗って土地を売る 古民家リノベ・民泊としての活用も

2017/11/23   -土地売却, 未分類, 空き家

  空き家対策特措法から2年、このあとの不動産は今の価格を維持できなくなると言われています。 不動産価値の下落が予測される中、一方でそれを利用する「空き家ビジネス」の動きも聞かれるようになっ ...

「家いちば空き家売ります掲示板」土地処分もできる買いたい人と出会えるサイト

2017/11/22   -土地売却, 空き家売却

  インターネット上に投稿タイプの空き家売却掲示板があると、東洋経済オンラインで読んだので見てみました。 家いちば 空き家売ります掲示板 

「負動産の時代1」朝日新聞フォーラム 売れない実家の土地と老後の住まいの悩み

2017/11/20   -住み替え, 土地売却

  2017年9月24日の朝日新聞の記事「フォーラム」欄はタイムリーに「負動産の時代」というものでした。 現在所有する空き家の問題、それから、まだ顕在化はしていないが、老後の住まいについての ...

地方の古い家はリフォームするより買い替えか賃貸の選択しかない

  クロワッサン誌がリフォーム特集だったので読んでみました。 リノベーションされた部屋の写真はとてもきれいでしたが、後ろの方にファイナンシャルプランナー藤川太さんのアドバイスがありました。 ...

老後のライフプランに新築かリフォームの二択は売れない土地には当てはまらない

新聞で見かけた表紙のインテリアの写真に惹かれて、クロワッサン誌のリフォーム特集号を買いまいした。 今の土地は親の土地なので、欲しいと言えばもらえることになっています。なので、そこにある今の家をリフォー ...

買取りで家土地を依頼する際のプロの不動産業者との交渉の難しさ

仲介を依頼するのとは違って、不動産業者に直接買い取りを依頼するというのは大変な面がありました。 仲介の場合は、不動産業者は売った金額の 5パーセントが報酬としてもらえるため、できるだけ高く売ろうとしま ...

所有者不明土地の相続登記は専門家でも困難 朝日新聞「声」欄

2017/11/03   -土地売却, 未分類

今朝、朝日新聞の声欄に、鹿児島県の投稿者による所有者不明土地の実情を知らせる投稿がありました。抜粋します。

売れない地方の土地の地価は戻らない 土地活用よりも売る手立てを考える

2017/11/01   -土地売却

こんにちは。ななみです。 先月、叔母が私の実家のあったのと同じ団地に所有していた更地の土地を売り終えました。 値段は聞いていませんが、相手が友人で投資目的で買ってくれたということもあって、ただ同然の値 ...

「所有者不明土地による損失6兆円に」試算公表と売れない土地の行く末は

2017/10/27   -土地売却, 空き家

所有者不明土地による損失6兆円に 2040年、民間試算  720万ヘクタール、北海道面積に迫る 持ち主をすぐに特定できない土地が、全国で410万ヘクタールあると発表になりました。どのくらいの広さかとい ...

相続で売れない土地と空き家が残った時にも争いを避けるためにできること

2017/10/18   -土地売却, 未分類, 相続

私の母の実家は、障害のある子一人に相続をさせようとした祖父の意向で、きょうだいの意見が分かれてしまい、調停となった挙句、兄弟の縁は絶えてしまいました。 それを見ていた私は、できるだけ争いを避けたいと、 ...

生産緑地の「2022年問題」土地の大暴落はあるのか

2017/10/08   -土地売却

  地方に住んでいるとひじょうに不思議なことに、東京、神奈川などの都市部の一部では不動産ブームなのだそうです。 そして同様に、地方がどれだけ影響があるかはわからないながら、地価の暴落が懸念さ ...

突っ込み私道に4軒が面しても担保価値がないのは2軒だけの条件の違い

2017/09/28   -土地売却, 私道

  こんにちは、ななみです。 長年住んでいた実家の土地を相続して初めて、接道していたのが私道であると判明しました。このままでは売るに売れません。  

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.