空き家売却

空き家を売りに出す前には不用品の処分とハウスクリーニングで買い手への印象アップ!

更新日:

 

高齢者が1人で住んでいた家というのは、ゴミ屋敷とは言わないまでも、不用品がそのまま残ってしまっていることが多いです。

最初は建屋を壊す心づもりでいましたので、不動産業者に見積もりに入ってもらう前に、不用品の撤去を頼みました。

そして最後に引き渡すときに、再度業者に見積もりを依頼しましたが、金額は思ったより高額でした。

スポンサーリンク

ad

 

不用品の処分は総額だと結構かさむ

 

今では自治体がごみのとりきめをしているところが多く、業者側もそれに沿って、ソファーが2000円、小さい椅子なら1000円、袋ゴミ一つ500円というように、品目と金額が全部決まっています。

袋ゴミなどは自分で持ち帰って捨てられる気がしますが、空き家が自宅から離れている場合には、体積が小さいものであっても、一括して頼んでも変わりないです。

2回目の荷物は、そのあと短期間住んでいた私一人分の最低の家具で、自分でも電卓で計算しましたが、それでも10万円位にはなりました。

たぶん、家族分の家具が残っている時点でしたら、それ以上の出費があったと思います。兄弟で費用を分断する時などは、あらかじめ少なく考えてしまわない方がいいと思います。

 

庭木の処分の費用は

高齢者が1人だと庭木の手入れもままなりません。介護中は、子どもも手が回らないので伸び放題になっていることが多いのです。

うちは100坪程度の家で、庭木もそうたいしたものがないと思っていましたが、これも見積もりでは、草取り込みで15万円と言われました。

なので下手をすると、不用品と庭木だけで、数十万ということになりかねません。相場で売れる家なら何と言うこともないでしょうが、値がつかない家には、厳しい出費です。

 

ハウスクリーニングは有益

不動産業者に見積もりに家に入ってもらった際、売りに出すその前にはハウスクリーニングを勧められました。

最初は掃除くらいは自分でできそうだと思いましたが、専門家のハウスクリーニングは、素人では及ばないとも聞きました。

いちばんは水回り、台所とお風呂などで、特にお風呂は、古いと不衛生に見えるので、見た感じが清潔かどうかで印象が違ってきます。

料金はどの位か

今なら、100平方メートルで10万円〜15万円くらいだそうです。

自分でするなら、せめて蜘蛛の巣だけは払っておくように、と不動産屋さんに言われました。
売ってしまう家に出費は避けたいところですが、空き家になってしまうと、自分の家であっても相当古びて見えますので、初めて見る人の印象を思えば、成約までは出費を惜しまない方がいいかもしれません。

あるいは個人売買ではなくて不動産業者に依頼するなら、蜘蛛の巣位ならともかく、あとでまとめて依頼するかもしれない場合は、まずは見てもらってから決めましょう。

自分で掃除なども始めてしまわない方がいいと思います。
見分の時に履く、スリッパだけは用意しておきましょう。

 

ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします

にほんブログ村

 



ad

ad

-空き家売却

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.