「空き家対策」 一覧

激増する空き家 東京大阪も5軒に1軒が空き家に 我孫子 町田トップ

日経新聞から空き家についての記事で、東京、大坂、名古屋の三都市には、65歳以上の高齢者だけが住む戸建てとマンションの持ち家が336万戸あり、やがて持ち家全体の2割強に足することがわかったという調査結果 ...

特定空き家に指定されたら固定資産税は6倍に!空家特別措置法

  空き家対策の推進に関する特別措置法、略して特措法は、増え続ける空家、特にその中の「困った空き家」に対して対策を施し、空き家がもたらす危険、迷惑な状態を取り除くことを目的として制定された法 ...

「空き家、つぶします!」空き家解体がわかるテレビ番組 フジテレビ18日夜

空き家解体のテレビ番組 フジテレビ第二弾! 空き家、つぶします。ワケあり物件VS依頼殺到の解体名人【激安!】 今夜のテレビ放映! 前回の私の家を壊して下さい【「家に歴史あり」バラエティー!】の続編とも ...

空き家を老人福祉施設・保育所に活用 法改正で高く売れるか

2018/02/01   -相続, 空き家対策

  空家を福祉施設として活用しやくするための、建築基準法が改正されることが決まりました。 このあと国会に改正法案が提出されますが、それは所有者にとっても有利なことで、決定されれば、空き家が高 ...

行政代執行を受けた空きビル 外壁のみ2500万請求 水戸市

2018/01/12   -空き家対策

  今日1月12日のニュースより。ついに空き家かと思ったら、町の中の空きビルだそうです。 外壁、今月下旬に代執行で撤去 水戸の空きビル

空き家バンク 1位の栃木市にならって町を住みたい田舎に変えよう

  2017年、国交省の「先駆的空き家対策モデル事業」が始まり、27団体が登録。 その中で住みたい田舎全国1位となったのが栃木市です。 調べてみたら、人口16万人台の小さな町なのですが、いっ ...

コンパクトシティ構想の立地適正化計画で地価が上がる 空き家に補助金の可能性も

先週、空き家のリフォームについて問うアンケートが市から送られてきました。 この団地もそれほど空き家が増えているのか、果たして市は空き家を引き取ってくれるのか、アンケートに答えながら、がっかりする思いと ...

家を買うなら中古か賃貸か 新築リスクは都内にも 花田虎上さんと上念司さんの自宅の例

2017/12/12   -土地売却, 空き家対策

いくつか前の記事で、元若乃花、今はタレントの花田虎上さんの自宅が査定を受けたら、新築時の半値以下だったというテレビ番組中のエピソードを引用しました。 また、花田さんの自宅のある富津市が、財政破たんする ...

「私の家を壊してください」空き家解体と「武蔵小杉」噂の東マガ  タワマン問題

今日のテレビ番組より「負動産」に関する番組の予告2つです。 寒い一日、お家で過ごされる方はご覧になってみてくださいね。

相続放棄で土地と空き家の所有権は放棄できるのか 朝日負動産時代

  12月5日付けの朝日新聞特集「負動産時代」の1回目は、山林の土地の所有権を放棄し、国が引き取るべきと裁判に訴えた例でした。 残念ながら、土地の引取りは認められない、土地の放棄はできないと ...

いらない土地の放棄はできるのか 朝日新聞「負動産時代」より

  いらない土地を国に引き取ってもらおうと裁判を起こした例があると読みました。 12月5日に始まった朝日新聞「負動産時代」の連載記事から考えます。

隣が所有者不明土地なら自分の敷地の分筆の申請ができない 朝日新聞

  12月1日付の朝日新聞の「声」投書欄に、土地家屋調査士の方の所有者不明土地に関する投書がありました。 隣地が所有者不明である場合、自分の土地の分筆の申請ができないという内容です。

空き家ビジネスに乗って土地を売る 民泊やリフォームで活用も

空き家対策の特別措置法から2年、このあとの不動産は今の価格を維持できなくなると言われています。 不動産価値の下落が予測される中、一方でそれを利用する「空き家ビジネス」の動きも聞かれるようになってきまし ...

「負動産の時代1」朝日新聞 売れない実家空き家と老後の住まい悩み

2017/11/20   -空き家対策
 

9月24日の朝日新聞の記事「フォーラム」欄はタイムリーに「負動産の時代」というものでした。 現在所有する空き家の問題、それから、まだ顕在化はしていないが、老後の住まいについての悩みの2つを抜粋して転載 ...

空き地の土地活用をうたうサブリース契約のアパート経営は慎重に

2017/11/03   -相続, 空き家対策

地主が新築したアパートを不動産管理業者が一括で借り上げ、空室に関係なく長期の家賃収入を保証するのがサブリース契約と呼ばれるものです。 一見とても安心なようですが、果たしてローンを組んでアパートを建設し ...

「所有者不明土地の損失6兆円」相続未登記が原因で九州の面積に

「所有者不明土地」と呼ばれる、持ち主をすぐに特定できない土地が、全国で410万ヘクタールあると発表になりました。 どのくらいの広さかというと、九州を上回る面積だといわれれば驚くべき数です。 そしてさら ...

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.