実家

実家を親の生前中に売却した方がいいケース

実家はこれまでは相続後に売るというのが一般的でした。

しかし、実家がいったん空き家となるとリスクも多く、売れない地方は売るタイミングを逃してしまうこともあります。

親の生前中に実家を売却した方がいいケースをお知らせします。

実家を親の生前中に売却する

まだ親が生きているのだけれども施設に入所する予定で、実家が空き家になる。そうなると、生前でも売却した方がいいのだろうか

 

お答え

実家が親の施設入所で空き家になったら売却を検討しましょう。生前に売却を考えた方がいいのは、家が古く、介護の間に家が老朽化して売るタイミングを逃したりする場合です。他にも相続に問題が起きそうな場合も生前に売るのがおすすめです。

 

売り出し価格がすぐわかる

今すぐ申し込む

 

 

実家の売却のすすめ

古くなった実家とはいえ、できればいつまでも持っていたい、なくなるのは忍びないとして保有しようとする人が多くいます。

その気持ちは誰も同じなのでよくわかりますが、土地は良くても家は必ず老朽化します。

また実家のあるのが都会でなく田舎であれば、必ず人口減少によって、売れなくなるという現象はすでに始まっています。

その時になって慌てて実家を売ろうとしても、安くなってしまったり、売れなくて費用がかさんだりと困ったことになりかねません。

 実家の空き家が売れないときの方法4つ

生前中に実家を売却する方がいいケース

空き家を生前中に売った方がいいケースは下のように考えられます。

・親が施設に入所して1年以上空き家となっている

・築年が古く老朽化が心配される実家

・地方にあって売れないことが予想される実家

・相続で問題が起きそうな実家

・兄弟の誰もがいらない。身内にとって価値がない実家

 

親が施設に入所して空き家になった

空き家の定義はこれまでは「所有者が居ない状態」と漠然と考えていました。

しかし、現代では所有者が居る居ないに関わらず、住んでいる人が居ない状態になったら、それはもう立派な「空き家」です。

施設に入って数カ月で相続という場合ばかりではありません。

今の施設はケアがよく、医療も進んでいるため、年単位で介護ということになる場合もあります。

その場合は実家は既に空き家の状態となっています。

高齢者の住む実家は手入れ不足

さらに、空き家になったから、ではなくて、高齢者の住んでいる空き家はそれ以前から手入れがおろそかになっていることがあります。

たとえば、80台になってから塗装や補修をしようなどということを考えている人はほとんどいませんので、住まいはかなり古びた状態ではないでしょうか。

それもそのはず、体は比較的丈夫ではあっても、片付けや家のメンテナンスなどができる状態ではない高齢者が多いため、それも当然と言えます。

特に高齢者の場合は、大掛かりなメンテは別として、換気や通水などがほとんどされていないこともあります。

2階には数年あがったことがないというお年寄りは大勢います。

そうなると心配なのが空き家の老朽化です。

空き家は早く老朽化する

空き家は、通常の家とは老朽化の度合いが全く違います。

毎日のように窓を開けて通気をしたり、水道をひねって水を出して直前まで人が普通に暮らしていた家と、10年間人が住んでいなかった家とでは、状態にはかなりの差があることになります。

特に補修が必要となったり、雨漏りが起きたら売却はもうできません。お金をかけて直してから売るということはできないので、そのまま放置ということになりかねません。

特に築年が40年前後の家は、そのままで売却できるとしてもぎりぎりのところです。

古い家の場合は良い状態である期間を逃すと、あとから状態の少しでも良いうちに売ればよかったと後悔することになります。

「築31年」と「築29年」の売値の違い

現代では家を欲しいという人はネットで見ることになります。

年数が必ずしも状態が良いことを保証するわけではありませんが、買い手の印象を大きく左右するのは間違いありません。

「築29年」と「築31年」の土地なら、「2」が「3」に代わるだけでも、印象は違ってきます。

それ以上に、ネットの不動産サイトだと、物件の条件の選択ができるので、「築30年以下」と設定して検索する場合は、「築31年」の家は、検索にもかからず表示もされないことになってしまうのです。

地方の空き家は売れない

今、空き家の所有者で最も問題になっていることが、地方の空き家が売れないということです。

これは今人口の減少と共に全国的な問題になりつつあります。

家が建っていれば町が栄えているように見えますが、実は、空き家だらけという団地もあり、そうなると状態の悪い家や築年の古い家はいつまでたっても売れません。

売れ残りを避けるには少しでも早く売るのが得策です。

相続で問題が起きそうなら生前に売却

価値のある実家や高く売れる家の場合は、相続で問題が起きることが多くあります。

昔はよく長男に全部やるということで、遺言書もなくても通る場合が多かったのですが、現代では親と同居しているからといって、住んでいる人が全部もらえるとは限りません。

また、一人が全部もらうのも公平ではない場合ももちろんあります。

できるだけ、事前に遺言書を書くなどしてもめごとを避けるようにするのがおすすめですが、それでも遺留分請求などの訴訟は一般的でそれだけに相続のもめごとというのは多いものです。

問題が起きそうには思えなくても起きるのが相続です。

きょうだいや身内の断絶は一生続く生涯の問題となります。

親の生前中に売却をしておけば、後は預貯金など比較的分割しやすいものだけとなります。

実家の価値保全と共に、相続トラブルを防ぐには生前の売却がおすすめです。

きょうだいの誰もがいらない実家

もし、実家をきょうだいの誰もがいらない、実家には住む予定がないということが事前にわかっているのであれば、親の同意を得てできるだけ早めに売却をしましょう。

施設に入所をするときがあれば、それをきっかけにきょうだいでよく話し合うのもいいと思います。

それには、周囲の不動産事情をよく調べるのと同時に、実家がいくらになるのかもあらかじめ金額がわかっていれば、相談しやすいと思います。

家の不動産価格には決して保障がありません。築年が過ぎるほど価値は落ちることは明白です。

親が生前中に売却した方がメリットが大きい場合は、積極的に売却をして、親の介護費用に役立てるなど資産を早めに現金化するのが得策です。

全国の不動産に対応”ズバット不動産売却”

まだ、一度も売りに出したことがない、これから売却するところを決めたいという場合は、ズバット不動産売却で査定を受けてみることをお勧めします。

ズバット不動産売却はは全国の空き家に対応、不動産高額売却のサイトでNo.1を記録しています。

もちろん、査定は無料です。不動産店めぐりをする前にお手元のスマホやタブレットからご利用ください。

-実家