土地売却

隣の人には相場よりも土地を高く売れる!隣地取得のメリット

投稿日:

隣,家,人,相場,高く,売れる, 隣地取得,土地,売る,隣,旗竿地,私道

 

隣の人には相場よりも土地を高く売れると知っていましたか?

土地を売りに出したい時は、不特定多数の人に向けて広告を出すより、まず隣の人に声をかけて買ってもらうのがいいとよく言われます。

売り手としては成約までの話が誰に売るよりも早いわけですが、それ以上に、隣の人に土地を売る場合は、相場よりも高く売れる場合があります。

なぜかというと、場所によっては、そこに新い土地を足すことによって、今まで持っていた土地自体の坪単価が上がることがあるからです。どういうことなのか詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

akiyamore




隣の人が旗竿地を買うと…夫の実家の例

隣,家,人,相場,高く,売れる, 隣地取得,土地,売る,隣,旗竿地,私道

そのもっともわかりやすい例が旗竿地といわれる形状の土地です。
Bさんは家に入るのには、Aさん宅と実家の間の通路を使って出入りをしています。
車はそこに縦列駐車で2台を駐車しています。

もし、Aさん宅の土地が売りに出て、Bさんが買ったとすると、Bさんは通路分だけではなくて、下のように、土地の一辺が全部道路に面することになります。

「隣地+旗竿地」で価値が上がる

隣,家,人,相場,高く,売れる, 隣地取得,土地,売る,隣,旗竿地,私道

 

それによって、土地の条件が良くなり、価値が上がります。単に、土地が広くなったから、高くなったというだけではないのです。

これまで持っていた部分に関しても、これまで坪単価が15万円だったとすると、それが20万円になるのです。どうしてかというと、土地の形状が良くなったことで、条件が格段良くなったからです。

たとえば、土地の面積が100坪だったとすると、1500万円だったのが2千万円になることになったとする。

それによって500万円値段が上がるなら、たとえば前のAさんの家が500万円で売りに出たとしたら、上がった値段で相殺できますので、当然買った方がいいということになります。

土地を売る側も値上がり分高く売れる

逆に、売る側のAさんにしてみれば、Bさんの土地の資産価値が上がることも自明です。

なので、まったくその土地に関係のない人が、坪20万円でAさんの土地を買うのに対して、Bさんには、相場よりも高い25万円で売ることも可能になります。

なので、できるだけ地続きの人に売った方がAさんの方も得になるのです。お互い特になるのですから、土地を売るということになったら、まず隣の人に買ってもらうよう声をかけるのが良いのです。

 

隣地取得のメリットは悪条件解決

旗竿地以外にどのような土地の例が考えられるでしょうか

隣地取得が望ましい土地とは

隣地を手に入れることで、資産価値が上がる土地の形状は、上記の旗竿地の他に、再建築不可の袋地、狭小地、セットバック要物件など前面道路の道路付けに関するものが多いです。

隣地を手に入れるだけで、その土地の悪条件が即解決します。

隣地取得のメリット

他にも隣地取得のメリットは、

・日照が良くなる
・隣の環境が変わる心配がない(新しい隣人によって日照がさえぎられるなど)
・今後の自分での土地活用(家庭菜園など)
・一体化した土地にできる (アパート建設など)
・解体等工事の際に敷地に重機が入れる (入れずに作業となると費用が上がる)

など、いろいろ考えられますが、やはり一番は上記のような道路付けに関するものが、一番のメリットでしょう。

接道が私道のみの隣地取得の例

夫の実家の場合は条件の悪い方に、良い方の土地を買ってもらうという場合ですが、その逆が私の実家の方です。

接道は前面道路一つのみで、それが私道であったために、土地購入時もそうなら、そのあとの新築や増築の際に、銀行ローンが組めないと言われていました。

その場合、逆にAさんが実家の土地を買うことで、そこにも家を建てることができ、両方の土地を活用することができます。

うちの場合は、そもそも相続登記がまだだったので、打診のみに終わってしまいましたが、このような場合は、粘り強く交渉してもよいと思います。

そもそも住んでいる以上、売却に関心がない人が多いので、価格が高いと思い込んでいる人が多いのです。

値段は希望に応じるというように、交渉に当たる不動産業者に伝えてもらうのも手です。
少々安値でも、処分を考えるなら、その方が断然早いです。

 

Bさんが実家角地を買った場合のシュミレーション

隣,家,人,相場,高く,売れる, 隣地取得,土地,売る,隣,旗竿地,私道

 

夫の実家の場合は、実際にBさんはCさんが持っているところが空きビルになっているので、そこを買いたいとCさんに言ったことがあるそうです。

が、Cさんの方は、売らなかったので、南側の空きビルが、日照をさえぎることになっています。

実家の左側の土地は、以前は建物があったのですが、それを取り壊して今では駐車場になっています。なので、その点日照が良くなって、喜ばれたようです。

あるいは、今後実家のその2区画の土地を、Bさんに使ってもらうことはできないかと考えています。

今はまだ、実家の半分の建物が土地にかぶっているため、その分の日照がさえぎられているわけですが、建物を取り壊すこともできます。

さらに、この場合、通路が通路ではなくて、土地として活用できることになり、実家は角地なので、もう一方向の4m道路からの出入りも自由にできることになります。

変形した土地になるのでどうかなとは思いますが、あるいは、Bさんでなくても、近くに子どもが住みたいという場合もあるかもしれません。

欲しい欲しくないは、その人になってみないことにはわかりません。

案外、今までも欲しいと思っていたのに言い出せないでいたということもあるものです。

空き家や土地を売ることになったら、必ず隣の人に声をかけてみましょう。

すぐに決まって、隣のひとにも喜ばれ、高く売れるとなったら、これほどいいことはないですね。

 

akiyamore



akiyamore



-土地売却

Copyright© 空き家買取・売却のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.