「相続」 一覧

単身世帯増加に誰もが孤独死の可能性 別居の親の孤独死を避けるには

2018/06/27   -孤独死

こんにちは。ななみです。 最初にこのブログで叔父の孤独死について書いた時は、身内の孤独死は何となく恥ずかしいものだと思っていました。しかし、単身世帯が全世帯の40%に届こうとしている今、誰もが孤独死に ...

遺言書を作成したためにトラブルに?内容の慎重な検討が必要 専門家に相談も

2018/06/25   -相続, 遺言

こんにちは。ななみです。 昨日日曜日の朝日新聞「終活を考える」に遺言書の例が載っていました。家族のためにと思って遺言書を作った。ところが、遺言を作成しために、かえってトラブルが起きてしまったという事例 ...

家族葬のデメリット 香典はもらえない?弔問客は来る?

2018/05/30   -墓じまい

4月の末に夫の父が92歳で亡くなりました。数年前から施設に入っていたこともあり、葬儀の方法については、家族葬にするということで、両親が決めていました。 ところが、葬儀が済み、納骨も済ませて、近隣と親類 ...

父が亡くなって母が相続したが後の相続税は大丈夫?二次相続の落とし穴

2018/05/21   -相続

先月末に夫の父が亡くなりました。先日納骨が済み、さらに相続の手続きもあらかた済みました。全部を姑がそのまま相続するということになりましたが、どうも、その方法だと、この後母が亡くなった時の相続税が心配な ...

実家の登記名義人が親でなく相続できない事態になる前に名義の確認を!

2018/05/07   -相続, 相続登記

  相続に際しては、実際その時になってみて、思いもよらなかったことが起こることがあります。何しろ実家とはいえ、自分の持ち物でなければ、詳細に書類を検討したこともなく、勝手にこの位なら売れるだ ...

相続した実家が欠陥住宅だったとしても他の相続人に損害賠償を請求できる 瑕疵担保責任

2018/05/03   -欠陥住宅, 相続

  夫の実家の相続について調べていた本に、欠陥住宅の相続についての興味深い記述を見つけました。 私自身の相続の際に知っておきたかったことでもあり、これから役に立つ方のために、記しておこうと思 ...

相続した家が未登記だったら?購入時の負担により兄が所有権を主張した例

2018/05/01   -相続, 表題登記

  こんにちは。ななみです。 先日知人から、相続の悩みを聞きました。相続した家が、うちと同じように未登記だったというものです。 悪いことに、お兄さんが家を建てる時に一部を負担したので、自分の ...

土地放棄の制度ができない限り相続登記をしない未登記の所有者不明土地は増え続ける

2018/04/27   -相続, 相続登記

こんにちは。ななみです。 今日4月27日は4と27で「資(4)産をつな(27)ぐ」の語呂合わせから「資産をつなぐ日」。愛知県名古屋市で遺産相続や遺言書作成など終活関連業務を行う税理士事務所の、大切な人 ...

エンディングノートと終活情報 人生を終える前にこれだけは決めておくべき3つのこと

2018/04/23   -相続, 遺言

  夫の父が亡くなって、とても寂しくなってしまいました。同居をしていたわけではなく、ここ夫の住まいには仏壇はありませんが、小さな祭壇を作って、写真の両脇に花を飾り、話しかけながら、毎朝ご飯を ...

海洋散骨葬の手順 遺族に負担の少ない安価な埋葬 墓じまいとこれからの墓選び

2018/04/22   -墓じまい
 

こんにちは。ななみです。 人を埋葬するのに「安い」とは何事かと思われそうですが、ほとんどつき合いのない身内の孤独死と、その後の埋葬を経験してからは、お金をかけない最低限の埋葬方法も必要だと思うに至りま ...

海洋散骨葬 合祀墓 永代供養墓など墓の費用負担の比較 もっとも費用と手間の不要なのは海洋葬

2018/04/20   -墓じまい

こんにちは。ななみです。 先に夫の父の墓の問題で、生前の父を含めて両親が、まだ誰も入っていない墓のために1千万円近くを費やしたことを書きました。 関連記事 誰も入っていない墓に1千万円超 墓守のリスク ...

公正証書遺言を母が作った時の費用は5万円ほど 不動産と預貯金の相続を2名それぞれに指定する実際の文例

2018/04/17   -相続, 遺言

  母が先月作成したばかりの公正証書遺言の謄本を私に渡しに来ました。 公正証書遺言だと、もし母が亡くなった場合、この謄本と、母の通帳と印鑑があれば、それ以外の手続きをせずとも預貯金を下すこと ...

「終活情報」市に登録 身内の居ない人や孤独死に対処 遺言書や延命治療や葬儀の有無も

2018/04/17   -孤独死, 相続

今朝の朝日新聞から、終活の一端を市が担うサービス事業の開始を伝える報道です。  

永代供養墓のメリット 寺とのつき合いや代々続く墓守の手間と費用の要らない墓があった

2018/04/17   -墓じまい

こんにちは。ななみです。 夫の父が亡くなりました。92歳とはいえ、家族が亡くなるのは悲しいものです。 兄が急病のため、親類は呼ばず、息子夫婦と孫のみの家族葬。火葬を先にして、そののち葬儀という順番でし ...

永代供養墓を契約した寺で父の灰葬法要を行った 家族葬の方法と費用その2

2018/04/15   -墓じまい

  こんにちは。ななみです。 先日夫の父が、92歳で亡くなりました。引き続きその家族葬の様子や墓、その費用についてをお伝えします。 ■関連記事 誰も入っていない墓に1千万円超 墓守のリスクと ...

家族葬の葬儀の流れと費用 プランに合った葬儀社を選んで低価格で火葬のみ

2018/04/14   -墓じまい

残念ながら夫の父が亡くなりました。92歳の大往生とはいえ、身内の亡くなるのは悲しいものです。 とはいえ、嘆いてもいられず、亡くなった後の手続きを進めているところです。 ここまでに終えた葬儀の前後にした ...

error: Content is protected !!

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.