家売却

【空き家の売却】のまとめ

「空き家を売却するにはどのように始めたらいいだろうか」

 

「既に売却を始めているのだけれども、なかなか売れなくて心配だ」

 

そんな方のために、空き家の売却についてまとめたのがブログの「空き家売却」カテゴリです。

私がこれまで3軒の実家を売却した体験を元に記しています。

専門家目線ではないので、そのままお役に立つ情報をお知らせしています。

空き家の売却

空き家の売却に関して知りたいことは

  • 空き家売却のメリット
  • 売却の価格
  • 売却の方法
  • 売却のコツ
  • 売れない空き家

などがあげられます。

空き家売却のメリット

そもそも空き家を売却した方がいいのかは、誰しも一度は考えることでしょう。

また、売らなければと思いながら、不動産売却は大仕事だと考えて先送りにしたまま何年も経ってしまう例もあります。

しかし、放置すればするほど空き家の価値は下がります。

以前なら1千万円以上で売れたものが、いざ売ろうとしたときには数百万円にしかならなかったというのが近年の不動産の動向です。

なので、どう考えても売るなら早い方がいいです。1千万円損するなら5年前に売ればよかったと思ってからでは遅いのです。

今住んでいる家であっても売って売却益で新しいところを買う「住宅すごろく」という方法もあるくらいです。

迷っている場合は下の記事を参考に考えてみてください。

空き家売却のメリット・デメリット

 

空き家の売却の価格

空き家を売るとなったらまず、空き家の売却の価格はどうやって決めたらいいでしょうか。

不動産売却の価格は流動的であるため、「相場」と呼ばれています。

その相場を調べる方法です。

空き家売却の相場を調べる方法

土地の価格に関しては路線価や公示価格、不動産取引価格情報検索を使って調べる方法もあります。

不動産取引価格情報検索とは 実際の取引額がわかる

ただし、家はあくまで個別の物件ですので、自分で調べるのは何となく確認が持てないですよね。

空き家はいくらで売れる?

 

一括査定を利用して査定額を知る

家が実際にどのくらいで売れそうなのか調べてもいまいちよくわからない場合は、ネットからできる一括査定を利用して空き家を査定してもらいましょう。

最大6社の比較ができるというのが、一括査定の大きなメリットです。

不動産売却の一括査定サイトおすすめ

 

地域や目的でお好きなサービスを選べます。

一括査定の会社は 首都圏の空き家なら いえカツLIFEの一括査定、それ以外の地域なら ズバット不動産売却イエウール、 特に地方に強いのが、リビンマッチ がおすすめです。

 

空き家の売却の方法

ここからは家を売りに出すという場合の解説です。

空き家と土地の売却の流れ

仲介と買取の違い

中古住宅を「売りに出す」という場合は、ほとんどが「仲介」という売り方になりますが、築年の古い空き家の売却の場合は仲介での売却の他、買取もおすすめです。

ななみ
私と夫は両方の実家3軒のうち、2軒は業者買取で売却しています

まずは、仲介と買取の違いについてチェックしておいてくださいね。

空き家を売却するなら仲介と買取どちら?

ズバット不動産売却イエウールリビンマッチ はいずれも、買取と仲介と両方の見積もり依頼が一度にできます。

 

空き家を売却する不動産店

空き家を売るにはどうしても不動産会社を入れる必要がありますが、空き家を売却する不動産店はどのようなところがいいのかも大切な問題です。

一括査定を利用する場合でも、そのあとで取り扱いの会社を選ぶことになりますので、その際の参考にしてください。

空き家を売却する不動産会社はどこがいい?選ぶポイント

 

空き家売却の相談先

売却の相談先もあげておきます。

空き家を売却する際の相談先4つ

不動産,査定

それと、既に売却をしている場合、価格や売り方についてのセカンドオピニオンが受けられる「イエカカク」の査定サービスサテイーエ不動産一括査定があります。

サテイーエ不動産一括査定

無料ですのでこちらも利用したいですね。

イエカカクについて詳しくは下の記事をお読みください。

イエカカクの口コミと評判 不動産の一括査定のおすすめ

イエカカクという不動産売却の無料の一括査定サービスは、これまでの一括査定にはない特徴があり、ぜひ利用してほしいのは、既に他の不動産店で売却を依頼している物件でも、セカンドオピニオンの依頼のためにも使え ...

続きを見る

空き家の買取

実は地方での売れない空き家はそのほとんどが買取で売却されています。

仲介だと売れる前何年もかかる場合がありますが、買取は短期にストレスなく売却できます。

空き家が仲介では売れない、当初から売れそうもないという場合には、短期に売却をできるのが買取のメリットです。

売れない家はどうなる? 実はこうやって売り出されています

買取の流れはこちらから

空き家の買取の流れを解説

買取の査定もネットの一括査定でできますので、利用してみてください。

空き家の買取業者ランキング 高く買い取る大手有名どころ4つをご紹介!

空き家を買取する不動産会社はこちらから実際に探せます。

仲介の査定と買取の査定が一度にできますので、買取ならいくら、仲介ならいくらの価格の比較が簡単にできますよ。
【リビンマッチ】不動産売却 一括無料申込

価格が高い直接買取

アルバリンク社は空き家を直接買取する不動産会社です。

アルバリンク社のサイト⇒ 【訳アリ物件買取PRO】

空き家の買取は、中間に不動産会社の紹介を入れてはいけません。

紹介料として、かなりの金額が買い取った先の会社から紹介者の担当者に支払われますので、直接買取の会社に依頼した方がずっと高く売れます。

買取ほど必ず複数社の見積もりを取った方がいいです。

他の価格と比べてみるまでは売ってしまってはもったいないですよ。

それらの空き家買取の注意点も最初にチェックしておいてくださいね。

空き家の買取の注意点

空き家の個人売買

他に、個人での口コミでの売却も短期に決まる可能性が大きいものです。

築年の古い空き家の場合は注意も必要となりますので、お読みください。

空き家を個人売買するときの注意点

空き家の売却前の解体

空き家の売却前の解体については下の記事で確認をしてください。

直ぐに売れるのでない限りは固定資産税が6倍になりますので注意が必要です。

空き家を解体すると固定資産税が6倍に!

特に解体については、解体しない方が売れる場合もありますが慎重に行うべきです。

また、不動産会社に解体をすすめられた場合は、紹介料が目的でないか必要かどうかをよく検討しましょう。

空き家の査定や売却前の片付けやについてもチェックをしておいてくださいね

空き家を売却する前の片付けは必要?

片付けは物が多いと費用がかさみますが、その場合も一括査定で価格の比較の上、片付け業者を選ぶことができます。

 

※解体の見積もりはこちら

解体工事をぐっと安く、無料で3社見積り比較

 

 

空き家の維持管理

ここからは売れない空き家を維持する場合の注意点もお知らせしておきます。

そもそも空き家の管理は年間55万円がかかるという試算があります。

空き家の維持費用は年間55万円も

住まない空き家であっても自治会費が請求された例もあります。

空き家に自治会費が請求されたが支払う必要がある?

空き家に高額な自治会費と管理費を請求された例

特定空き家の注意点

その上で、一番怖いのは、自治体の関与で突然、特定空き家に指定されるということですね、

解体を求められたら応じなければなりませんし、その時点で税金が上ったり、応じないでいると名前が公開されるケースもあるようです。

相当ひどい状態になってからのことだとは思いますが、念のため、空き家の所有者は目を通しておきましょう

特定空き家に指定されたらどうなる?

空き家特別措置法とは

空き家の自治体への寄付

欲誤解されているのが、いざとなったら自治体で何とかしてくれるのではないかという期待ですが、それはありません。

実際に市役所に行ったときに聞いてみました。もちろん答えはノーです。

空き家の買取を自治体はしてくれる? 直接聞いてみた答え

売れない空き家の対処法

空き家売却の一番の問題は、築年の古い地方の空き家が売れないという問題です。

空き家の専門家の助言を伝えたかったのがこの記事です。

基本的には価格を下げさえすれば売れる、儲けようとしてはいけません ということなんですね。

売れない空き家も”必ず売れる”専門家の言う秘訣とは

他にも

空き家が売れない場合の対処法

田舎の空き家が売れない あきらめず売れた例も

その他の空き家問題の情報記事です。

これからも空き家を売るためのノウハウをできるだけ追加していきます。

皆さまの家が、スムーズに売れますように!

-家売却