広告 空き家買取

売れない家はどうなる? 実はこうやって売り出されています

※当サイトは広告を含む場合があります。読みづらかったら申し訳ありません

売れない家はいったいどうなってしまうのかは疑問なところですが、需要のそこそこあるエリアであれば売れずにそのままということはほとんどありません。

売れない家の多くは業者に家を買い取ってもらう買取で売却されています。

私も夫も両方が築40年の実家を買取で売却しています。

空き家が売れない場合は買取で早いうちに手放すのが正解です。

この記事では、売れない家の最終ゴールについてお知らせします。

※おすすめNo.1を先に見る
>>
査定1日!ワケガイ

売れない家はどうなる?

売りに出した空き家がなかなか売れない。このままだと費用がかさむばかりなので何とか手放したい
お答え

売れない家のほとんどは買取業者の買取で売却されています。

買取後にリフォームして販売するか、空き家を解体後の更地に新築建売を建てて販売するのが目的です。

仲介で売れない家やボロ家、問題ありの空き家も、専門の業者であれば、ほぼ100%の高い買取率で売れますので心配はありません。

答えの根拠

私の築40年の実家空き家は持分なし私道他の悪条件で通常の方法では売りに出すことができませんでしたが、買取業者に買い取ってもらって売却することができました。

夫の実家2軒のうち1軒も、母が存命中に買取で売却しています。

このような経過をたどる家は、suumoやアットホームなどの不動産の売買サイトを見ていても普通に見つかります。

仲介で売れ残った家は、しばらくするとリフォーム済み中古住宅として表示されるのがほとんどです。

家の買取のメリット

不動産,買取,メリット

家を業者買取で売却をする際のメリットは、下の3つに集約されます。

  • 買い手を待つ必要がなく売却までが早い
  • 売れない空き家も売れる
  • 問題あり空き家でも売れる

買取の最大のメリットは何と言っても早さと、買取の幅の広さです。

仲介だと断られたり、買い手がつかない問題がある訳あり物件空き家でも買取の対象となり、スピーディーに現金化することが可能です。

関連記事:
空き家を売却するなら仲介と買取どちら?

家が売れない理由

空き家問題が取りざたされる時代の今では家が売れないのは、どこか特有の一軒や特別なエリアだけの話ではありません。

全国レベルで空き家が増加、中古住宅が売れないのはどこでも共通する問題となっています。

家が売れない理由の背景には人口の減少と、そのために空き家の需要が減っていることがあげられます。

その中でも築年の新しい家は売れていきますが、築年の古い家は売れ残ってしまうのです。

家が売れない理由をまとめると

  • 家が古くて魅力がない
  • 価格が高すぎる
  • リフォーム代金の予想が難しい
  • 中古住宅だとローンが使えない
  • リフォーム済み新築と比較される

特に相続した家は築年が古く、地方では仲介では築年の古い家はそのままではまず売れません。

これが最大の問題といえるでしょう。

空き家が古いままだと魅力がない

家がなぜ売れないのかというと、買う方の人にとってみれば、古びた家は魅力がないのです。

「すてきだなあ、住みたいなあ」と思わせる家は、築年が新しく設備も整った家です。

それに比べると見劣りがする古いままの家が売れないのは当然と言えます。

空き家の価格が高すぎる

空き家が売れないのには、売り出されている空き家の価格が高すぎることも一因です。

今は新築の家が格安で1千万円台から手に入る時代なので、それと比べて価格が高ければ空き家は売れません。

空き家の価格が高い、儲けようとしてはいけないというのは、空き家の専門家も助言することです。

売り出し価格が高いと、買った人がリフォーム費用をプラスした時に新築に近い価格になってしまうことがあるためです。

空き家のリフォーム代金が不明

また、古い家でもリフォームをすればいいといっても、空き家を買った人にとってはリフォームの計算と手配は案外大変です。

私自身も築26年の家をリフォームして住んでいますが、事前にリフォームの代金がいくらになるのかというのは、家を買おうとするその時点では、きちんとした見積もりを取るまでは予想が難しいのです。

「家を買った代金+リフォーム代」のトータルでのコストが不明なので、ローンが組める金額なのかどうかもおぼつかなくなります。

空き家のローンが組みにくい

しかもそもそも中古住宅は新築に比べてローンが組みにくい、使えないという大きなデメリットがあります。

そこにリフォーム費用が加算されるのは、買い手にとってはチア編です。

最初から、リフォーム済みの家であれば、買う方の人は資金の計算の上で中古住宅の購入ができ、しかも業者のリフォームは格安です。

このメリットは大きいため、築年の古いリフォーム前の空き家は最初から敬遠されてしまうのです。

リフォーム済みの家と比較される

その上で、リフォーム済みの家とリフォーム前の家が、一覧で並んでいれば、ほとんどの人は、リフォーム済みの家を買います。

中古住宅を買うためのサイトでは、両方が並んでいるため、ますます、リフォーム前の築古の空き家は売れなくなってしまうのです。

また新築の家は、今はホームビルダーの建てた家なら驚くほど安く1千万円台も買えます。

これと比べると中古住宅が1千万円を超えたら「高いなあ」と思われてしまうのです。

売れない家の売却方法

家,売却

では、その売れない空き家をどうするかは、既に答えが出ています。

リフォーム済みの家を販売しているのは個人ではありません。

リフォームを行う”リフォーム再販業者”の会社です。

空き家の所有者が自分でリフォームするのは考えられませんので、売れない時にはこれらの会社に買い取ってもらう業者買取で売るのがいちばんです。

空き家を買取で売る

中古住宅を買う人は今は店頭ではなくインターネットで物件一覧を見て家を買うのが普通です。

その際、格安のリフォーム済み住宅と、そのままの古家が並んでいれば、古家は圧倒的に不利なため、ますます売りにくくなります。

しかし、自分で空き家をリフォームをして売り出そうという人はいません。

この場合は、やはり、空き家をリフォームする買取再販会社に空き家を売るのが早道です。

リフォームするための資源となる空き家の需要はたいへん高いので、買取会社も互いに競って「高額で買い取る」としています。

古家が売れにくいなと思ったら、買取会社に売りましょう。

不動産,一括査定,比較

結局実家は、インターネットで探した業者2社に査定を依頼、両方から買いたいという返事をもらうことができました。

そこで両方の買取額を比較、高い方の価格を提示した会社に売ることができました。

インターネットの査定を効率よく使えば、高く買い取る会社はすぐにわかります。

空き家ごと土地の買取

また、買取は、必ずしもリフォームだけが前提ではありません。

夫の実家を売った同じ団地では、建築業者が買取をして家を解体、更地にして土地を2分割し、2区画にして売却をした家が多くみられました。

1軒の買取額で、2軒を新築で倍以上の価格で販売するわけですから、業者にとって儲けは大きく売れ残りもありません。

こちらの業者も常に土地を探しているので、高率で買い取ってもらえます。

空き家を買い取る不動産会社とは

買取業者には様々な会社がありますので、名前の知られていないところでも十分高額で買取します。

むしろ、有名企業の三○不動産とか、野○不動産などの不動産の大企業は、数百万円からの空き家の買取には熱心でありません。

このような物件は小型物件といいますが、少額の不動産でも買い取るというのは、大手よりも買取の専門の会社です。

インターネットなら、これらの業者は簡単に見つかります。

実家は地元不動産店には断られたため売却まで10年かかりましたが、査定を依頼したわずか数日後に売却が決まりました

空き家を賃貸に出す

今すぐ空き家を売りたくない場合には、賃貸に出す方法もあります。

空き家というと賃貸というのは、都市部ならだれでもが考えることです。

今は特に都市部の住宅や案ション価格は高騰、賃貸の需要が増しています。

賃貸の場合の賃料はマンション・戸建とも少なくても10万円を超えますので、副収入としては十分です。

空き家を賃貸に出すメリット

メリットとしては

  1. 定期的な収益が見込める。
  2. 家を所有し続けることができる

賃貸物件の維持費用は貸主が負担するのですが、それが賃料収入でカバーできるのかということは、築年の古い家は慎重に考える必要があります。

貸すことで売却を先延ばしにした後、賃貸物件を最後にどうするのかの”終活”をちゃんとプランニングできる場合のみ、賃貸をおすすめします。

また、マンションの場合は、需要が戸建より高いので、賃貸はおすすめです。

賃料の査定ができるリビンマッチの不動産一括査定

賃貸に出した場合、賃料がいくらになるのかは、1日でわかります。

ネットで簡単に依頼できる査定を受けてみましょう。

リビンマッチの特徴とメリット 買取・賃貸の幅広い査定ができる

空き家の土地活用を考える

土地活用というのは、空き家を解体の上、土地を更地にして駐車場やコインパーキング、トランクルームなどに利用するというものです。

空き家の解体費用を差し引いても収益化ができます。都市部におすすめの方法です。

広い土地の場合は、アパート建設も視野に入れてください。

一方、地方の場合は、資材置き場などに使われることもあります。

おすすめは近年人気のソーラーパネルの売電事業などです。

もちろん自分で設置をしなくても、業者へ依頼の上ですべてやってくれますので、収入だけが受け取れるというものです。

土地活用については様々なプランがありますので、一度資料を請求して目を通しておくのがいいでしょう。

【リビンマッチ】土地活用 一括資料請求

売れない家を処分する方法

売れない家を短期に処分したいという場合には、3つの方法があります。

  • 業者買取の低額での買取
  • 有料の家屋・土地引き取りのサービス
  • 無償で不動産を譲渡

売れない家の買取処分

空き家と不動産を処分したいという場合は、最初に買取の査定を受けてください。

「処分なのに買取?」と思うかもしれませんが、空き家は処分の場合でも、けっして0円にはなりません。

いくらか値がつくのが普通ですので、まずは買取の査定がよいのです。

しかも、買取大手のワケガイなどは「100%の買取」としており、例外は墓場など特殊な土地に限られます。

したがって人の住める家や地域であれば必ず現金化ができますので、買取の査定を依頼してみてください。

\訳あり・共有名義の最大手/
ワケガイ
対応エリア 全国
● 即日現金化が可能
●ほぼ 100%買取
● 訳あり物件も買取
●査定・見積もり無料
 エリア全国 手数料無料
 実績全国No1 買取率100%

売れない家を無償で譲渡する

もう一つ、地方の売れない空き家や土地などの不動産を譲渡で手放すというサイトがあります。

みんなの0円物件 空き家を無償譲渡できるサイト

ここで扱われている物件は、かなりの「田舎」にある家ばかりです。

それでも成約率は8割を超えています。

この8割には土地だけの物件も含まれていますので、家があれば成約率はもっと高いと思います。

掲載は無料、手続きも自分ですればすべて無料で行えますので、ほとんどの家は譲渡によって無料で手放すことができるのです。

公式サイトへ

掲載無料・全国対応

『まとめ』売れない家のおすすめは買取

売れない家のいちばんのおすすめはやはり業者買取です。

家は年数が経つと費用がかさみます。

また、いつまでたってもその人の所有のままとなってしまい、次の相続の時にも困ることとなります。

買取で手放した人の中には、「費用がかからなくなった」「空き家管理の手間がなくなった」という以上に、「気持ちが軽くなった」という感想のコメントが大変多くみられます。

空き家を所有するということだけで大きなストレスとなっていたのですね。

売れない家はそのままではいつまでたっても手放せません。

まずは買取ならいくらになるのかの査定を依頼してみてください。

悩むよりも先に価格を聞き、空き家の価値が落ちないうちに売り抜きましょう。

▼訳あり物件・共有名義の業界最大手▼

ワケガイ,訳あり物件,不動産会社,査定,買取

  • 最短で現金化(3億円まで可)
  • ほぼ100%買取 経費負担なし
  • 全国対応

査定を申し込む

査定・相談無料

-空き家買取