空き家売却

家の売却時の築年数ごとの相場 ”20年で価値がゼロ”は法定耐用年数

投稿日:

家を売るときの相場は築年数によってどのくらい違ってくるのでしょうか。

新しい家は高く売却でき、古い家は新しい家に比べると売却額が安くなるというのは、何となくわかります。

築年数ごとの相場についてお知らせします。

家の築年数と売却時の相場

家を売りたいが、築年が古いので安くしか売れないのではないか心配だ。築年数ごとの相場をあらかじめ知りたいのだけれども。

お答え

築年数が10年経つ間に、価値は半減するといわれます。

古い家に関しては、土地の値段が、「ほとんど土地だけということもあります。

築20年を越えたら、「土地の価格=空き家の価格」と思っておいた方がよさそうです。

他の様々な家売却のトピックを見る
空き家は大切な財産 高く売却するポイント

家の築年別相場の表

表にまとめると下のようになります。

築年数
10年目まで 5割
15年目まで 2割
20年目 ほぼ土地のみ

上記の答えの信頼性

先日、都心から30分の家を内見に行きました。

築30年の家でしたが、不動産店からは「土地だけの値段」として、上記の説明を直接聞いてきました。

もっとも、路線価から計算した場合は、計算上ではその家の場合は、「土地+200万円」の価格であることもわかりましたので、家によってはまったくのゼロということではなさそうです。

家は10年で5割減はプレミア価格だから

それにしても、最初の10年で5割というのは、減じるスピードが速すぎる気がするのではないでしょうか。

十分住める状態でありながら、急激に価値が落ちてしまうのは、新築の家がそもそもプレミア価格だからです。

プレミア価格は簡単にいうと、元々の価値よりも新築の場合は、数百万円は高い価格となると言われています。

なので、これから住み替えを予定している私たち夫婦は、新築ではなくて、とに確執の良い中古をお得に買いたいと考えているところなのです。

15年目で2割

15年目前後になると、どうしても中古感が強くなります。

その辺りになると、何も手直しをしないで済むというのがそもそも難しいですね。

お風呂や台所などの水回りは最低限取り換えることになりますし、外壁も塗ることになります。

それだけでも、どちらも100万円単位ですので、2割でも致し方ないかなとは思います。

20年で家の価値はゼロになる

20年で家の価値はほぼゼロになると言われています。

築40年の家でも住めなくはないのですが、「20年でゼロ」にはそれなりの理由があります。

木造住宅の耐用年数が22年

その理由は、木造建築の戸建て住宅は、耐用年数が22年と定められているためです。

法定耐久年数

住宅の種類
木造住宅 22年
軽量鉄骨プレハブ造
(骨格材肉厚3mm以下)
19年
軽量鉄骨プレハブ造
(骨格材肉厚3mm超4mm以下)
27年
重量鉄骨造(骨格材肉厚4mm超) 34年
コンクリート造 47年

木造住宅22年、コンクリート造では47年。その他軽量鉄骨造が27年です。

軽量鉄骨だからと言って、そう長いわけではないのもわかりますね。

これは、法律で決められている耐用年数ですが、木造住宅の耐用年数は存外短いです。

「20年で価値がない」「ほぼ土地だけ」と言われるのは、この基準によるものなのですね。

終わりに

家を売るときには、古い家の価値はほとんどありません。

土地だけの値段で、しかも地方の土地は売れないために、ますます価格が下がるのが現状です。

価値ができるだけ落ちない早いうちに売るのが得策です。

どうしても古い家の場合でもリフォーム業者がリフォームした家は、売れていますので、そういう会社に買い取ってもらうのが得策です。

 

築年数が古い家でも買取るソクガイ.jp

築年数が古い家でも、リフォーム再販業者であれば、喜んで買い取ってくれます。

どうしても売れそうもないという場合や、一度売りに出したが売れなかったという時は、最初から買取に依頼するのが早道です。

ボロ屋などの「お困り不動産」の買取はこちらから。

査定をするのは、すべて買取業者で、直接買取のため即現金化が可能です。

下のバナーから査定を依頼してみてください。


戸建て、借地権、底地、再建築不可の売却一括査定申込 

akiyamore



akiyamore



-空き家売却

Copyright© 空き家買取・売却のコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.