土地売却

市役所に土地の寄付はできる? 聞いてみた答え

土地が売れないというと、よく「市に寄付をしたらどうか」という意見がみられます。

あるいは「固定資産税を払わずにいると、土地が市の所有となるのではないか」という推測を述べる意見もあります。

これらの真偽を確かめるため、市役所に行って寄付は可能なのか実際に聞いてきてみました。

土地の寄付を市役所は受け付けるのか

空き家,空き地

相続した実家の土地が、持分なし私道に接道しているため売れないとわかりました。

自治体で寄付を受け付けてくれるかもしれないという意見があることを聞いて、市役所に用事がてら聞きに行ってみようと思い立ちました。

 

市役所で寄付を扱うのは

市役所に行って土地を寄付するとしたらどの課で扱うのか聞きましたら、「管財課」というところでした。

それでその窓口に行ってまず私道の件と窮状を話し、寄付ということで取ってもらうことはできるのかどうかを聞きました。

すると職員からやんわりと、

「(土地を)取る理由がない」

と返事されました。

市役所は土地の寄付は受け取らない

察するに管財課で土地を受け取るのは寄付ではなくて「土地を取る」時に限るようです。

どういうことかというと固定資産税を支払わないで差し押さえをするときならともかく、市の方では「土地の寄付」は受け付けていないということなのでした。

利用価値のない土地は市でも要らないわけで、そもそもがすぐ現金化できるという需要の高い土地なら市にあげるまでもないでしょう。

固定資産税を滞納した場合

しかし、万が一固定資産税を滞納をしたとしても、通帳や公務員の場合は給料など、、現金から差し引かれるだけだと聞いています。

つまり、土地そのものが徴収されるということはないということです。

他にも生活保護を受けている人なら固定資産税を減免する手続きを取ることができますが、どちらにしても現実的な案ではないということですね。

関連記事:
相続した実家の固定資産税が大きな負担

 

市役所が受け取る寄付もある

以前、市役所に行って未使用の介護用品の寄付をしたことがあります。

その場合は最終的に喜んで受け取ってもらえて、「寄付をした人」として市報に名前を乗せていただきました。

寄付でも最初は断られた

ただ、その場合でも最初に訪れた課では一度は断られたのですね。

というのも、たいていの老人ホームだと、おむつなどの介護用品は規格決まっているということだったのです。

そのような消耗品でもいったんはダメだということになりました。

ただし、そのあとで何課だったかは忘れてしまいましたが、低所得者の入るホーム用に欲しいという職員が見つかったのです。

市役所で寄付を受け取る場合

最初の市の運営の老人ホーム担当の人だと、規格品しか使わないので要らないと言われ、しかし、低所得者の担当の人だと、今度は一転して該当施設では不足しているので助かるということになりました。

たぶん、後者は福祉課ではなかったかと思います。

この経験からわかるように、他の寄付に関しても担当部署や職員を変えて何度も聞かないとわからないこともあるようです。

これまでの震災の時の援助などを見てもわかるように、現金がよく、不動産は現金化する手間が必要です。

そのまま使うという用途がない、用途に合わなければ、空き家や土地の活用は難しいと言えます。

土地の寄付も可能になる可能性

あるいは、この先住宅に関しても、そのような供給の手助けを自治体が行うときが来るかもしれません。

まさかと思うかもしれませんが、実際そのくらい需要が増しているので、市役所とて無関心ではいられなくなるかもしれません。

地方の過疎地での空家バンクなどは、既に行われている例ですね。

自治体の空き家バンクの例

不動産の売買を市役所がやるなどと言うのは、よく考えるとかなり場違いな話なのですが、今では空き家バンクに抵抗を感じる人は誰もいないでしょう。

空き家バンクも結局は需要が市役所を後押しした形になっています。

誰かがもらわなければ、結局税収入が途絶してしまいます。

土地は欲しい人に寄付するべき

いずれにしても、高額になる場合のある土地や不動産とはいえ、要らない人に無理強いをしてあげることは、寄付とははなから違うものです。

あるいは利便性の良いところで、市民皆が利用できるような利用価値の高いところであれば受け付けてくれるようになるのかもしれません。

そもそもが「寄付」と申し出るものは、誰にとっても需要のあるような物品に限られると思います。

今のところは、一般的な住宅地が当家で不要になったという場合は、その土地が何らかの役に立つ人を、自分の自力や口コミで見つける他はありませんね。

いらない土地の土地活用

自治体と連携しての活用は難しいところですが、土地活用の方は、空き家を解体、更地にして後、自分で計画することができます。

駐車場の他にもトランクルーム、アクセスが良ければコインランドリー、地方の広い土地ならがソーラーパネルの売電事業など様々なプランがあります。

なかなか素人では思いつかないので、資料を送ってもらって相談の上進めることとなります。

プランはすべて、設置はすべて業者に任せて利益だけを受け取れるものがほとんどです。

資料請求は無料ですので、まず一度見てみることをおすすめします。

【リビンマッチ】土地活用 一括資料請求

 

売れない土地は買取に

結局、問題あり物件の実家とその土地は買取で解決することができました。

市役所に寄付を断られた時はがっかりしましたが、実家が売れた今では固定資産税の支払いも草取りの苦労もなくなり本当に安心しました。

私の時はまだ買取が今ほど一般化していない時でしたが、今では地方の土地はまず売却を試し、それで売れなければ業者に買い取ってもらうのが一番良い方法です。

空き家の放置は1円にもならないどころか、お金が出ていくばかりです。

ネットでできる一括査定なら売却の査定と買取の査定、どちらも一度に試せます。

地方の空き家に強いイエウール

当ブログではイエウールで空き家の売却をしている方が増加中。

地方に強いため、団地の空き家も高く売れる可能性があります。

無料査定を依頼する

-土地売却