はじめに― プロフィールと不動産売買体験

はじめまして、ななみです。当ブログにようこそ!

こちらは、相続した家土地を売却するまでのアラフォー主婦の記録を記そうと始めたブログです。

音信不通の兄弟との相続登記を含めて売却を終えたのが、相続が発生して9年後、登記と土地の売却に本気で取り掛かって半年後に、低価格ながら共有持分の業者買取によって売ることができました。

北関東の人口20万を越える、ごく普通の町の住宅地の土地と家でしたが、相続登記も進まず、接道が私道、家屋未登記、欠陥住宅と悪条件が重なったためもあって、地元の不動産屋には扱ってもらえませんでした。

最終的に売却を達成できたのは、インターネットがあったからです。ブログを通じてその恩恵をネットに還元したいと思っています。

一般的ではない、特殊な状況と方法になりますが、あるいはお困りの方の役に立つこともあるかもしれません。

年々の固定資産税と身内との軋轢から逃れられた、その経験をつづっていこうと思います。

どうぞ皆様が一日も早く重荷を下ろされる日が近づきますように。

スポンサーリンク

akiyamore



私が不動産の売買に接した履歴

不動産売買について、当家で私がこれまで経験したことと、見聞きしたイベントを書いておきます。

20代で中古住宅を購入

最初の結婚で中古住宅を購入。当時の値段で3DK  16.5坪の小さな家の平屋で、1750万円でした。

住宅ローンを組んで、当時、月額4万7千円を月々返済していました。

当時の金利は7%位。当時はそれが当たり前だと思っていましたね。

そして、返済の途中、家を購入してから10数年後くらいで、ローンの全額を払い込むという繰り上げ返済を行いました。

その後は、離婚時の財産分与で推定額の半額を分割。

代償金で家の半額を受け取ることができたので、離婚というイベントはあっても、資産化できたことになり、若いうちに買っておいて良かったと思っています。

両親がハワイの別荘を売却

母と再婚した義理の父が、両親の共有名義でハワイに1戸建てを購入。

10年を過ぎて両親が高齢化したのを機に売却することになり、私も名義人だったので、英文に翻訳をした住民票などを、アメリカ大使館に出向いて書類を提出しました。

アメリカでは、不動産の売買に際して、片手をあげて宣誓をするんですよ。

ごまかしたり悪いことはしていません、という意味なのでしょうね。

日本にあるアメリカ大使館内での手続きとなったのですが、私もそれを行いました。大変ながらおもしろい経験でした。

今手持ちと相続予定の不動産は

今残っている不動産はというと

・母と義父所有のマンション

・両親の家2軒

ということになります。そのうちの1軒に住んでおり、住み替えを考え中です。

手持ちの不動産がたくさんあって、なんだかお金持ちのように思えるかもしれませんが、全部が地方の物件なので、かなり苦労することになると思います。

 

■実家売却の流れ

相続発生後から9年目の売却完了までは次のように行いました。

・地元の不動産屋の査定→
・買取リフォームの会社の査定→
・接道が私道、家屋未登記、欠陥住宅と判明→
・地元の大手不動産屋に仲介を断られる→
・ネットの査定他申し込み→交渉を請け負う不動産屋に相談→
・調停とADRの相談→
・共有物分割請求を弁護士に相談→
・共有持分の買取に依頼→
・不動産屋抱えの司法書士に断られる→
・別な司法書士を探して相続登記完了→
・自分で保存登記→
・売却終了

それぞれの次第については、私の売却体験 に記してあります。

他に、売却に際してしたことはこちらの記事にまとめました

売却が決まってから登記終了までの3か月にしたことの流れ

 

■売却済みの家土地概況

売却をした地域は、空き家率は18%という、全国でも最悪のレベルでした。

人口20万人の地方都市で昭和58年頃造成されたごく普通の住宅地の一軒家

売却時築38年位。

県全体の空き家率は 14%であるのに対し、市の空き家率は18%、これは県内の主要都市においては、最も悪いと言える。

実家のあった団地の高齢化率は30% 人口減少率は5~10%。

物件の大きな問題点

実家が普通の仲介では売れなかった理由は、下の3点です。

・相続後に接道が持分なし私道と判明

・家屋は未登記のまま

・住宅は欠陥住宅

そのため、上記を連絡時、売れないと見越した弟が連絡を絶ったため、相続登記ができず、9年目共有持分の売却によって手放すことに成功しました。

 

たいていの相続物件は、ここまで条件の悪いものではありません。

地方の土地の売買は条件は悪くなっていますが、必ず売れると思います。

私もこのあと親の家と自分の住み家と3件の売却が控えています。

空き家と土地を手放すまで、また資産化できるように、ご一緒に頑張りましょう!

投稿日:

Copyright© 空き家買取・売却のコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.